カテゴリー「映画・テレビ」の1件の投稿

2007年10月14日 (日)

銀河鉄道の夜

image

先日「一石三鳥」のタイトルで紹介したKAGAYAさんの「銀河鉄道の夜」を見に府中市郷土の森博物館までドライブに行ってきました。関越道と圏央道を利用して片道2時間弱の道のりでした。

3時半からの上映だったんですが余裕を見て2時前に到着したため、まずは博物館内の古民家を見て歩きました。

府中市郷土の森博物館 
府中市郷土の森博物館 by (C)える

Dscf0602




Dscf0607




Dscf0615





30分ほど園内を散歩して、博物館内に入ったんですがすでにプラネタリウム目的と思われるお客さんが大勢中で待っていました。その場で聞いた話にだと、どうやら前日の土曜日にテレビで紹介されていたらしく、そのため大勢のお客さんが来ていたみたいです。先にチケット買っておいて良かった...

開演時間の30分前頃から列に並び館内へ。写真のように投影機の手前の結構いい席に座ることが出来ました。館内は満席(後で分かったんですがこのあと臨時にもう一回投影が行われたくらいです)だったんですが、私の隣は1席分空席。そう、これもやっぱりひとりで行くもんじゃないんですよねぇ(汗)

場所的にいい席なんで解説の方が「前の方の席のお一人の方、こちらの方がよく見えますよ」と言ってすすめていたんですが、そもそもひとりでプラネタリウムに来ている人がほとんどいない...結局、直前に入場した女性2人組の方がバラバラになって座りました。

そして時間になり上演開始、最初は生解説による今夜の星空についての説明です。最初に夜八時頃の府中の星空が投影されたんですが...星が見えません。木星と夏の大三角、「秋の一つ星」フォーマルハウトくらいしか見えないんです。解説の方が秋の四角形の場所を示しているんですけど星を見ることが出来ません。このあと、場所を星の見える山奥(という設定)に移して星座の解説が始まりました。こういうの見ると群馬に住んでて良かったって思いますね。

最初は夏の大三角の三つの星(こと座ベガわし座アルタイルはくちょう座デネブ)の解説で定番なのかここでもアルビレオの話が出ていました。

その後、秋の星座(カシオペア座ケフェウス座アンドロメダ座ペガスス座ペルセウス座みずがめ座みなみのうお座)の解説に写っていき、ここからギリシャ神話の話を...というところで時間切れとなりました。んー、そこからの解説も聞きたかった。

そして、いよいよ銀河鉄道の夜の上映開始です。投影機がじゃまかなぁと気になっていたんですけど、上映が始まると下に下がっていき前方がクリアになり全天に夕方の天の川(に見立てた川)を進む銀河鉄道と天の川の上を飛ぶ白鳥が写りました。そのシーンからもう作品に引きずり込まれてしまいました。

image

image
正直なところ、上映が始まるまではプラネタリウムでの映像だから、とそんな期待をしていない所があったんですが、今時のプラネタリウムってイメージしていたのとだいぶ違うんです。ものすごい臨場感や立体感があって最初から引き込まれてしまいました。

作品の内容ですが、38分間の上映になるため原作のいくつかのシーンを抜粋した作品として作られていました。作品の最後にも「興味を持った方は原作を読んでみてください」というメッセージが入っていたくらいです。作品自体は48分なのですが残念ながらそこからさらに10分ほどが編集でカットされてしまってました。

ということで終了後にさっそくDVDと壁紙集などを購入、車の中で音だけ聞きながら帰ってきました。原作も今度本屋で探して読んでみるつもりです。

DVDですがたしかにいくつかのシーンがカットされていた部分が見れるのと、特典映像が見れるのでお得なんですが、できればこの完全版をプラネタリウムで見たかった、そう感じさせるほどプラネタリウムでの上映はすばらしかったです。

で、そうなるとまた他の作品を見てみたくなるんですが、実は今回もう一カ所行ってみようかと思っていたのが池袋のサンシャインシティにある「コニカミノルタ プラネタリウム満天」。ちょうど土曜日にリニューアルオープンだったんですけど、どうやら2時間待ちが当たり前ということと、上映プログラムが明らかにカップル向け(山崎まさよし×満天 恋するオーロラ)だったので今回は断念しました。山崎まさよしとプラネタリウムの組み合わせって見てみたいんだけどなぁ...

でも今回、銀河鉄道の夜を見て火がついてしまったので、カップルにお構いなく決行...といきたいんですが、小心者なので空いていそうな平日の午前中にでも有休取ってこっそり見てこようかなと考えています。

あー、男でも良いから星関係一緒に行く道連れほしいなぁ...

| | コメント (2) | トラックバック (0)