« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の3件の記事

2010年1月24日 (日)

東京競馬場

プラネタリウムを見た後、せっかく府中に来たのだからと言うことで近くにある東京競馬場を見に行ってきました。

DSC00613 

残念ながらレースは開催されていなかったんですが、その代わりにのんびりとたくさんの写真を撮ってくることができました。

DSC00599

DSC00600

DSC00587

東京競馬場にいくことがあれば行って見たかった場所が下の写真、4コーナーです。

DSC00593

98年秋の天皇賞、この6ハロン標識の手前でサイレンススズカは失速、次々と後続馬に抜かれ、この標識を過ぎた後歩みを止めました。

suzuka

その同じ場所にいるんだなと、ちょびっとしみじみ。

このあと正面スタンドを端から端まで歩いて競馬場の雰囲気を感じて今度はレースのあるとき、できればGIレースのあるときに来て馬群の迫力を生で味わってみたいなと思いました。

帰りがけに地下通路を通ったんですが壁に面白いイラストがいろいろ描いてあったので、その写真も載せときます。

DSC00603

DSC00604

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HAYABUSA BACK TO THE EARTH

だいぶ今さら感がありますが、遅ればせながら明けましておめでとうございます。新年最初の更新になります。

別にネタ切れって訳でもなかったんですが、記事を起こすのがチョット億劫になっているうちに年が明けてしまいまして書き込むタイミングをすっかり外してしまってました。順不同になっちゃいますが、これからアップしていきますのでよろしくお願いします。

さて、新年最初のネタですが宇宙モノで行こうと思います。いままで何回か人工衛星の話を書いてきましたが、実は去年の11月に下の動画を見て以来、日本の小惑星探査機「はやぶさ」がマイブームになってたりしてます。

はやぶさがどんなモノか書き出すと長くなってしますので省略しますが、一言で言うと地球から小惑星まで行って、その小惑星の欠片を地球に持ち帰るという役割を持った探査機です。

DSC00579

上の動画を見るとわかるんですが、途中いくつものトラブルに遭いながらもなんとか持ち直して、今年6月の帰還を目指して地球に向かっているところです。

このはやぶさのCG映画がプラネタリウムで上映されていると言うことを知りまして、以前「銀河鉄道の夜」を見に出かけた府中市郷土の森博物館にでかけてきました。

DSC00583

この映画、43分全編CGの作品で、地球を出発してイトカワに着陸、そして今年6月予定の地球帰還までを描いた作品なんですが、全天周スクリーンの迫力のせいか自分も宇宙にいてはやぶさを見守っているような感覚をあじわうことができました。また、ナレーションの篠田三郎さんがはやぶさに語りかける演出が、ずるいくらいにはやぶさに対しての思い入れを高めていきます。

おかげで、エンディングの地球帰還シーンではすっかりうるうるしながらスクリーンに見入ってしまってました。ネタバレになるので詳しくは書きませんが、実際にあのような場面が見られるのであれば、ぜひ映像に残して欲しいと思います。ホントは生で見てみたいですけど、オーストラリアだからなぁ...

題材がマニアックなのでなかなかオススメしずらいかもしれませんが(他の観覧者の方も比較的年齢層高めだった気がします)、値段も生解説の星空案内もついて600円とリーズナブルですので、興味のある方には一見の価値はあると思います。

できれば、はやぶさが地球に帰ってきた頃にもっとたくさんのプラネタリウムで上映されるようになればいいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

Yuki Kajiura LIVE vol.#5 ~日本語封印スペシャルLIVE~

DSC00577

年末のkalafinaライブに続いての横浜BLITZにやってきました。今回は梶浦由記さんのライブです。

タイトルに「日本語封印」とありますが、これは日本語の曲は歌わないという意味です。決してMCも日本語禁止とかじゃないですよ。

梶浦さんは結構外国語の曲を作ったり、そもそも意味もない言葉の曲を結構作っていまして、自分もそういった曲から入っていったので今回のライブはものすごく期待大です。

今回は先々週と違い1Fスタンディングでの参加ということで不安なのは立ちっぱなしと言うこと。入場待ち+開演待ち+ライブで合計4時間以上のスタンディングになりそうで、30代もそろそろ終わりのこの身には結構答えそうです。ちなみに場所は1F中央左側に確保しましたが、当然ながら前方の人の頭があっち行ったりこっち行ったりでなかなかステージ上が見えない状態でした。

まずはセットリスト

00.時の向こう 幻の空[PV]
01.cynical world
02.the image theme of Xenosaga II
03.Voyagers
04.Key of the twilight
05.L.A.
06.Ship of fools
07.once upon a time there was you and me
08.a song of storm and fire
09.Alone
10.Bloody rabbit
11.Contractor
12.everytime you kissed me
13.secret game
14.maze
15.canta per me
16.salva nos
17.Historia:closing theme
18.Darklore
19.Awake
20.Zodiacal Sign
21.媛星
22.目覚め
23.MATERIALISE
24.聖乙女の祈り
25.I reach for the sun

E01.in the land twilight, under the moon
E02.open your heart
E03.a farewell song

改めて見てみてもすごいラインナップです。思わずYOUTUBEに再生リスト作っちゃったくらいです(笑)

初めて聴く曲も結構(1/3くらい)あったんですが、どの曲もとても格好良かったです。

一番良かったのはMATERIALIZE。

この曲以前から大好きで一度生で聴いてみたかったんですけど、ライブで歌うのは無理だろうと言われてあきらめていたんですが、なんと今回のライブで聴くことができました。これだけでも行った甲斐です。

残念なのはどうやら今回のライブはDVDとかにならないようなんです。ただ、ライブのベスト盤を製作するらしいのでそちらに収録されていることに期待ってところですね。

さて、今回のコンサートで実はコンサート強化年間(個人的)が終了。結局見に行った回数は24回、月に2回ペースでした。

2月以降は通常モードに戻すつもりですが、また行ってみたいと思ったモノも結構あるので、今年もたぶん20回近くまでは行ってしまうかもという気がします。はたしてどうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »