« 高崎音楽祭 東京スカパラダイスオーケストラ “and PARADISE goes on..TOUR“ | トップページ | 葉加瀬太郎コンサートツアー2009 My Favorite Songs »

2009年10月30日 (金)

高崎音楽祭 オーケストラ・アンサンブル金沢

DSC00510

先週末の群響、スカパラを見に行って終わりの予定のつもりだった高崎音楽祭ですが、ひょんなことから今日の夜に行われたオーケストラ・アンサンブル金沢のコンサートに行ってくることになりました。

日中いつもどおり仕事をしていて午後3時過ぎに自分の席に戻ったところ、なぜか机の上に三つ折りになった高崎音楽祭のリーフレットが...見覚えはあるものだったので「なんで会社に置いてたのかな」と思いながら広げてみると、中にコンサートの招待券が!!

実は社長が招待券を頂いたんですが都合が悪くなってしまい、誰か行ける人と言うことで自分のところに流れ流れてきたという事みたいです。

と言うことで急遽コンサート鑑賞となったんですが、あまりに急すぎて問題が二つ。

ひとつは演奏曲、出演者共に全く予備知識なし。会社の人の話によると指揮の飯森範親さんは結構有名な指揮者の方と言うことなんですが実は今日の今日まで知りませんでした。

image

演奏曲は下の三曲だったんですが、これまた曲名を聞いてもピンとこないんです。「フィガロの結婚」はタイトルは聞くんですけど、どんな曲かと言われると...そんな状態です。

W・A・モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲
W・A・モーツァルト:フルート協奏曲 第2番 ニ長調 K.314
L.v.ベートーヴェン:交響曲 第7番 イ長調 op.92

でもう一つの方がさらにやっかいな問題だったんですけど、まさかこんな事になるとは思ってもいなくて前の晩に夜更かしして寝たのが午前3時...

この二つを合わせると予想される結論はひとつ。「間違いなく眠くなる(汗)」そして予測通りコンサート中は汗かきながら睡魔と戦いつつ演奏を聴いてました。

ちなみに今回の座席ですが開演ぎりぎりに招待券を引き換えたせいか、なんと2列目。高さも見ての通り見上げる高さになってしまったのでちょっと残念でした。

DSC00509

コンサートの内容ですが、そんな状態でしたので正直演奏曲の感想は...

他のコンサートと違うなと思ったことはMC?がなかったこと。それが普通なのかもと思ったんですが、今まで見てきたオーケストラ、ウインドオーケストラのコンサートは指揮者の方やソリストのトークがあるものばかりだったので、ちょっとびっくりしました。

もう一つは時間。今回は前半40分(2曲)、休憩20分、後半30分(1曲+アンコール)という構成で全体時間としては他のコンサートよりも短く感じました。これも会場でもらった他のクラシックコンサートのパンフと比較してみたらそれが普通みたいなんですけど、2時間~2時間半のコンサートが多い自分としてはめずらしく感じました。

ということで、今回終わって気がついたことは「実は純粋なクラシックコンサートに行ってなかった」...今日の状況を思い出すと、クラシックに慣れ親しむにはまだまだ修行が必要な感じです。

ちなみに今日のコンサートで2009年の鑑賞・観劇回数がちょうど20回、行く気になれば行けるものなんだなぁと思いつつ帰路につきました。

|

« 高崎音楽祭 東京スカパラダイスオーケストラ “and PARADISE goes on..TOUR“ | トップページ | 葉加瀬太郎コンサートツアー2009 My Favorite Songs »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47553/46625632

この記事へのトラックバック一覧です: 高崎音楽祭 オーケストラ・アンサンブル金沢:

« 高崎音楽祭 東京スカパラダイスオーケストラ “and PARADISE goes on..TOUR“ | トップページ | 葉加瀬太郎コンサートツアー2009 My Favorite Songs »