« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の9件の記事

2009年9月26日 (土)

鼻高展望花の丘 コスモスまつり

IMG_1946

今日は近くの鼻高展望花の丘にコスモスを見に行ってきました。

いま咲いているのは早咲きのコスモスとキバナコスモスなどが中心で中心部近くの畑の遅咲きコスモスはまだこれからという状態です。

IMG_1912

IMG_1943

IMG_1953

IMG_1961

ちなみに花の丘の全体図はこんな感じ。ピンクの部分が花畑で上と下のピンクの部分が早咲きのコスモス、一番目立つ道路沿いの真ん中が上の写真の遅咲きコスモスになっています。

IMG_1931

コスモス以外にもトロロアオイ、日々草、ラベンダーセージ、レウカンサ、千日紅、彼岸花、ソバの花と一通り歩けば、たくさんの秋の花が見られるようになっています。

IMG_1936

IMG_1937

IMG_1925

IMG_1928

IMG_1921

IMG_1958

天気が良い日は北関東の山々を背景に花を見ることができますのでぜひぜひでかけてみてください。

IMG_1913

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

とうもろこし街道と花咲の湯

丸沼自然遊歩道で体力を使い尽くしてしまったので、帰り道で腹ごしらえと汗を流してきました。

丸沼から沼田に向かう国道120号の片品近辺はとうもろこし街道とよばれ道の両側でたくさんの焼きとうもろこしを売っています。

今回は沼田に向かって左側にある「どんぐり」というところで焼きとうもろこしを頂いて来ました。

DSC00478

写真見てるとまた食べたくなってきちゃいますね(笑)

この写真を撮ったときにとうもろこしを焼いているだんなさんに向かって奥さんが「写真撮られて照れてるよ」「手しか写してないって」とからかってました。せっかくだから顔入りで撮ってくれば良かったなと後で後悔。

腹ごしらえの後は温泉!ということで、つづいて花咲の湯へ。

DSC00479

さすが連休中と言うことで駐車場いっぱいの大混雑でした。ここの御風呂は露天風呂から見える景色と花がとても綺麗で、ちょうどこのときは浴槽のすぐ横にコスモスが咲いていて湯船から見上げると青空にコスモスがとても映えていました。お風呂じゃなかったら間違いなく撮影するんですけどね...

ここにくると景色に見とれているため普段の倍くらいの時間浸かっては上がり浸かっては上がりを繰り返してのんびり過ごしました。

お風呂から上がった後、ちょうど開催されていた版画家の小暮真望さんの展示会を見てきました。

Scan10002

尾瀬をテーマにした沢山の作品はどれもとても素敵で個人的には特に爽やかな色の使い方が印象的でした。

そんな感じで心も体もリフレッシュできた秋の一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸沼・大尻沼 丸沼自然遊歩道

今日は久しぶりに湖畔ウォーキングしてみようと言うことで新規開拓で片品にある丸沼に行ってきました。

DSC00476

丸沼はその名の通り丸沼高原にある湖で丸沼ダムによってせき止められています。そのダムの下流には大尻沼という湖があり、2つの湖の湖畔に沿って丸沼自然遊歩道が作られています。

DSC00459今回は上の地図左下の駐車場から大尻沼の取水口まで歩き、そこから元の道を戻るコースで歩いてきました。最初、地図を見て勘違いしてダムが渡れると思っていたんですけど、よくよく見てみれば「渡し船」...しかもダム近くの駐車場は立ち入り禁止になっていたので考えていた中で最長距離のコースを歩くこととなりました。

で、コース図を良く見ると気がつくんですが駐車場からダムまでの所要時間とダムから取水口までの所要時間が距離と一致しないんです。理由は丸沼側が比較的遊歩道が整備されていて、かつ高低差が少ないのに対し、大尻沼側は細くて高低差がある道でどちらかというとトレッキング?という感じのコースになっているからなんです。

なので往復10キロ弱のこのコース、戻ってくるのに約3時間もかかってしまいました。戻る途中、丸沼側でダムを見に歩いている方と何組かすれ違ったんですが、ダムまでの時間を伝えてから「ダムのところに行ってもまだダム見えないんです」と言っていいものかどうか考えてしまいました。実はダムが湖畔から見えるのは大尻沼の真ん中くらいまで歩かないとなんです。

DSC00464

一応、途中に分かれ道があってダムの真下に行くことはできるんですけど、たぶん期待している景色は下の写真ではなく上の写真のような景色な気がするんですよね。たぶん、この景色が目的なら取水口側から歩いた方がいいかもしれません。それでもだいぶ上り下りしますけどね。

ちなみにこのダム、見ての通りめずらしい作りのダムで、重要文化財に指定されているそうです。

DSC00473

ちなみにダムの下には地図にも載っている渡し船がありました。

DSC00472

DSC00471

乗ってみようと思って引っ張ってみたんですが、びくともせず...もしかしたら向こう側で固定されているのかもしれません。

そんな感じで結構難行なウォーキングでしたが大尻沼側は自然そのままって感じで途中のベンチでぼーっと心地よく過ごすことができました。

DSC00470

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

もうすこし早く気がついてれば...

先日のオペラ名曲アリアコンサートの時にも書いたんですが、自分の場合ブログに書いているようないろいろなことをやろうと思うときは、結構まわりくどい道筋を経てそこにたどり着くことが多かったりします。例えばコンサートに行くにしても、この曲が聴きたいからと前もって決めていて待っていると言うことはほとんどありません。

要は衝動買いって奴ですけどね。

で、なぜだか今日急にヴェルディのレクイエムが聴きたくなってしまいました(笑)

きっかけは当然あったはずなんですけど、もうすでに思い出せません...

で、さっそくコンサートがないか検索してみたところこんなもの

www.nhk-p.co.jp screen capture 2009-9-20-22-22-23

残念、10日前に終わってました...

さらにダメ元で検索条件に群馬を追加してみたところ

www.gunkyo.com screen capture 2009-9-20-22-25-47

なんと群響の今月の定期演奏会の曲目がレクイエム!

ただしすでに終了...

なんて巡り合わせが悪いんだろう。

ということで、次の機会に忘れないようにブログに投稿してみました(笑)

いつか聴きに行くぞ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

早川渕 彼岸花の里

先日、群馬県で秋の花の見所はないかと捜していたところ、ちょうど伊勢崎の「早川渕 彼岸花の里」で見頃という記事を見て、出掛けてきました。

IMG_1859

場所は上武国道と354バイパスが交差する境三ツ木の交差点の北側、下の地図の中心の川に囲まれた場所になります。


大きな地図で見る

ちょうど川に囲まれた場所が雑木林になっていて、その木陰一面に真っ赤な絨毯を敷いたように彼岸花が群生しています。

IMG_1875

彼岸花の群生地の隣にはキバナコスモスが植えられていて、彼岸花の赤と秋桜の黄色の原色の世界にいるような気分になりました。

IMG_1867 

写真で見ての通り、ほとんどの花は赤い花なんですが、ちょっとだけ白い彼岸花も咲いていました。

IMG_1879

IMG_1878

赤と白の花のアップの写真を撮り終えて、そろそろ帰ろうかとしたところボランティアの方に「1つだけ黄色い花があるけど気がつきました?」と質問されました。実は写真を撮る花を探して三周も歩いていたんですけど、黄色い彼岸花があったなんて全く気がつきませんでした。言われた場所を見てみると、確かに他の花より背が低い黄色い花が一つだけ咲いていました。

IMG_1884

本当は二本あったそうなんですけど、一本はすでに枯れてしまっていてこの広い花畑にホントに一本だけの花でした。もしこれから行かれる方は何処にあるか探してみるのも楽しいと思います。

IMG_1890 

この連休が見頃のようですので、時間があればぜひ見てみてください。一面の赤はなかなかの迫力ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

ビッグバンド・ジャズ with 北村英治

DSC00454 

先週の日曜に軽井沢の大賀ホールで開かれた「ビッグバンドジャズwith北村英治」に行ってきましたので今回はそのご報告を。

今回のコンサートは6月の「原信夫とシャープス&フラッツ」コンサートでビッグバンドジャズを聴いて「また聴きに行ってみたいな」と思い、近くで行われるビッグバンドジャズコンサートを捜していたのがきっかけです。

LHO2

チケット料金の安さと演奏曲を見て即決で購入してしまいました。チケットは結構すぐに売れてしまったようで8月中には全席完売。8月のグリーンイマージュでは1Fのみを使っていたんですが、今回はなんと二階の立見席とステージ後ろの合唱席までお客さんがいる大盛況でした。ちなみに今回の座席はこんなところ、正面奥の後ろから2段目の席です。

DSC00455

奥といっても見てのとおり小さいホールなのでとおいとかそんなことは全然ありませんでした。

客層は原信夫さんのときと同様60代前後の夫婦で来ている方がほとんど。司会の方の話もその世代の方に向けた内容になっていましたから、こういったコンサートの客層はだいたいその辺なんでしょうね。

コンサートは2部構成で1,2部とも演奏はライトハウスオーケストラという慶応大学のOB中心のアマチュアバンドの方々でした。なんでも「大学対抗バンド合戦」という番組で活躍したメンバーが中心とのことでしたが、聞きながら「そんな番組があったんだ」と感心してしまいました。

ゲストは1部はヴォーカルの石川早苗さん、2部はクラリネット奏者の北村栄治さんでした。曲目リストはこんな感じです。

Scan10125

Scan10126 一部、二部共に聞いたことがある曲がほとんどで予備知識なしで楽しめるコンサートでした。

特に一部最初のグレンミラー楽団の3曲、「ムーンライト・セレナーデ」「アメリカン・パトロール」「イン・ザ・ムード」は今までも聞いたことがある曲でしたが、ついつい聴きながら指でリズムとってしまいました。

このコンサート、どうやら毎年開催されている(今回は四回目)ということなので、また来年も聴きに来ようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

乗馬クラブへの道はなかなか険しい...

先日80,000アクセスの記事のコメントでどなたかから「馬たちも待ってますよ」というコメントを頂きました。なので復帰に向けた近況と乗馬がらみの話をちょっと書いてみようと思います。

以前からここをみている方はご存じの通り、去年の出張でせっかく落とした体重がまさかの大リバウンドになってしまい、出張が終わってさぁ再開というところで体重制限に引っかかってしまいました。

そこでダイエット再開となったんですが、やはり一度リバウンドすると体重が落ちづらくなっていて、前回食事制限のみで落ちた体重が同じものを食べていても全く減っていきません。そこで先月からエアロバイクを再開していまのところ5キロ減量というところまで来ました。

M先生から言われている目標まではあと7キロ...あと二ヶ月くらいでなんとかなればいいなと言うところです。陽気が涼しくなってきたのでウォーキングとスポーツクラブで水泳に挑戦してなんとか11月の復帰を目指していこうと考えています。

ちなみに乗馬クラブの近況はクラブに入った後輩から情報収集しています。どうやら来月に外乗があるみたいで誘われているんですが、さすがに来月までに7キロダウンは無理なんで、泣く泣く断っているところです。

ちなみに先日会社の同僚がけやきモールに行ったときに乗馬クラブの方が勧誘しているのを見たそうです。黒いポニーが来ていたと言うことなのでブラッキーがいたのかな。

で、そこで女性の方がクラブの方に「体重が重くても大丈夫ですか?」と聞いていて、クラブの方が「どれくらいですか?」と聞いたあと「100キロ以下でないとちょっと」と言われているのを見たそうです。そんな場面を見るなんてすごい確率ですよね(笑)

そんなわけであの手この手で頑張ってます。復帰目指して頑張るぞ-。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

80,000アクセス達成 & 秋にやってみたいこと

9月に入って気がつけばアクセス件数が8万件を突破していました。いつも見ていただいてありがとうございます。

実はこっそりとカウンタの桁数を1桁増やしました。10万まではまだまだ先ですが、自分のペースで更新を続けてこれからもちょっとした情報源になれれば良いなと思います。

ちなみにこのブログ、検索で見に来る方が多いんですが一番多いキーワードはブログのタイトル「休日の過ごし方」、実はそれに続く上位キーワードは星関係の「ポータブル赤道儀」「星空ナビ」だったりします。ここ1年星関係はほとんど投稿してないので(天文台の予約日は相変わらず負け続き...)、そろそろ週末に晴れ間を求めて星見に行ってみたいなと思っています。

さて、季節の変わり目恒例のやってみたいことですが、まずは音楽から。音楽については6月に投稿した「聴いてみた&聴いてみたい」が続行中です。このページは実は今も更新続行中でコンサートに行く都度写真を載せたり、行きたいコンサートを追加したりしています。コンサートレポートへのリンクもしてあるので、そういった内容を見たい方は目次代わりに使っていただくと便利ですよ。

image

image

image

秋のコンサートとしては秋は10月の高崎音楽祭が中心です。千住明さんと群響のコンサートと東京スカパラダイスオーケストラのコンサートに行く予定です。それ以外では9月のビッグバンドジャズコンサート、10月の葉加瀬太郎コンサートがいまのところチケット購入済みです。

続いてはお出かけ編。

ここのところコンサートに行きすぎてて、すっかりサボっていたウォーキングをそろそろ再開していこうと思います。

湖畔ウォーキングはとりあえず距離少なめのところから再開と言うことでまず考えているのは白樺湖。周囲6キロ弱の湖なので取っ掛かりにはちょうどいいかなと思います。

そしてもうひとつがネットを見ていて偶然見つけたこれ。

hataru

一人だとなかなか恥ずかしさに負けてしまって最近ごぶさたのノルディックウォーキングとお城探訪が一緒になった、ものすごく興味が惹かれるイベントで、これに参加してこようかなと思っています。ちなみにこの上田城、NHKの番組のアンケート「好きなお城ベスト10」

そのほか、近くで行われるノルディックウォーキングイベントを見つけて、参加できれば良いなと思っています。

そしてお城関係でもうひとつ。上田城のことを調べていたときに見つけたんですがNHKの番組でアンケートをとった「好きな城ベスト10」で堂々の第1位のお城と言うことです。

image

でトップ10の面々を見ていて思ったのが「5,6,7位は近い位置にあったような」「彦根城と言えば...」

image

そしてこのあいだこんな記事があったような...

gunma

お城巡りを兼ねて行ってみたいんですけど高崎音楽祭と日程がかぶっているんですよね。ぐんまちゃんとひこにゃんのツーショットを是非とってみたいんですけどね(笑)

それ以外では秋と言うことで板倉のコスモスまつりとならまた湖の紅葉湖畔探索カヌーには今年も行ってみようと思っています。

たぶん、この辺りを全部やるとほとんど休みがいっぱいになるかなという感じです。いつものことながらいくつできるか分からないですけど、とりあえずレポートをお楽しみにということで(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

イタリア・オペラ 名曲アリア・コンサート

週末のミュージック高崎ジャパンの疲れ(内出血)もとれないうちに、次のコンサート「第45回日伊声楽コンコルソ入賞者披露記念 イタリア・オペラ 名曲・アリアコンサート」を見に東京六本木のサントリーホールに行ってきました。DSC00441

見てきたものはタイトルの通り、なんとオペラのアリア!!気がつけばこんなところまで暴走しちゃってたんですね...いやはやなんとも。

といっても、ここにいたるには一応流れがありまして以下のような経緯が6月にあって、チケット購入となったわけです。

ネットサーフィン中に「スーザン・ボイル」と言う名前を見て「誰?」と思い検索 → 「ブリテンズ・ゴット・タレント」という番組を知る → 同じ番組出身の「ポール・ポッツ」を知る → 「ボール・ポッツ」が歌っていた「誰も寝てはならぬ」を検索していて「パヴァロッティ」版の「誰も寝てはならぬ」に感動 → 同じ三大テノールの「カレーラス」来日公演に行くか迷う → 公演内容がスペイン民謡中心なのと値段が折り合わず、代わりにオペラを見に行こうと思う → 演劇を見に行ったことがないので不安 → オペラのアリア中心のコンサートがないかな → 購入

ということでこのコンサート、自分にとってはこの先オペラを見に行ってみるかどうかの試金石という訳なんです。

まず今回の座席ですが、こんな場所でした。

DSC00448

実はまたセンターだったんですね~

実はひとりでコンサートに行ってると、後からチケット買ってもひとつだけぽつんと空いているいい席があったりするので、結構こんな席も取れたりするものなんですよね。

続いて、今回の演奏曲

Scan10123

1部はコンサートのタイトルにあるコンクール入賞者による歌唱披露、2部はゲストによる歌唱という内容になっています。演奏は読売日本交響楽団です。

プログラムにありませんが、アンコールは受賞者、ゲストで一緒に「椿姫」の「乾杯の歌」を歌っていました。

さて、感想です。といっても毎度の事ながらたいしたことは書けませんが...

コンサートがはじまってまず感じたのは、2日前に同じく交響楽団の演奏を聴いた群馬音楽センターとの音の違い。音楽センターの音に比べてサントリーホールの音はすごい残響があるんです。そしてこっちの音の方がCDなどでよく聴く音だったんです。

帰ってきてから調べてみたところ、群馬音楽センターの残響は1秒から1・2秒。サントリーホールの残響は2・1秒。単純にいえば2倍の残響が聞こえるわけです。

音楽センターの音響の話についてはここに詳しく書いてあるので興味のある方は読んでみると面白いと思います。

そんな感じでまず最初に会場による音の違いに驚きました。

歌の方ですが今回は男性2名(テノール)、女性3名(ソプラノ、メゾソプラノ)でしたが、個人的にはテノールを聴く方が自分には合っているかなと思いました。まぁ、カッコイイと思ったからという理由がほとんどなんですけどね(笑)

でも、一番良いなと思ったのは2人で歌った「すばらしい妙薬!」とアンコールの「乾杯の歌」これまた単純に複数人で歌ってる方がいいなと思ったからなんですけどね(汗)

で、上の感想から得た結論。「とりあえず初心者にもオススメのオペラの公演があれば見てみよう」という事になりました。

何を見に行ってみようかなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »