« 尾瀬岩鞍ゆり園 | トップページ | 高崎観音山 万灯会 »

2009年8月15日 (土)

吹割の滝

ゆり園を後にして向かったのは途中の道沿いにある吹割の滝です。

実は今日のメインテーマは「滝の写真を撮ってみよう」ということでこっちが目的地だったんです。

車をドライブインの駐車場に止めて(無料とでていますがお店で買い物をするのが条件のようです)、下流から滝に向かいました。

滝に向かう遊歩道で案内放送が流れていたんですが、聞いてみるとなにか違和感が...

「本日はふきわれの滝に~」

あれ、ここってふきわりの滝って読み方じゃなかったの...上毛カルタでもそう読んでたはず...と思って帰ってきてから調べてみました。

image

image

さりげなく改訂されてる!!変わっていくのは力あわせて~だけだと思ってたのに...

image

と、ショックを受けながら歩いているうちに最初の滝、鱒飛の滝に到着しました。

IMG_1763

比較物がないのでなにか小さく見えますが、滝のなかにある岩が2mくらいだったような気がします。

IMG_1762

予想していたよりも水量が多く、ものすごい勢いで水が落ちていました。細長い滝よりもこういう風な方が迫力がありますね。

つづいて上流に向かって歩いて行くといよいよ吹割の滝が出現。

IMG_1776

この写真だとちょっと形が分かりづらいので上からの写真を載せときます。

image

実はこの滝、写真のように川の一部がえぐられていて、そこが一面の滝になっています。横に長いことから「東洋のナイアガラ」とも呼ばれているそうです。だいぶスケールは違いますけどね。

ちなみに写真は上の写真の人影がある場所から撮影したんですが、

見ての通り、ここ柵というモノがありません。岩に白線が引いてあって、そこをはみ出すと警備員の方が笛を吹くというなんともおおらかな状態です。

でも、ホームページには「最近渓谷内での事故(死亡事故等)が多発しています。」って注意書きがあるんですよね。

IMG_1785

そりゃ、足でも滑らせれば確実に落ちますからね。

出掛ける前に読んだ滝の撮影法ではズームレンズを使用って書いてあったんですけど、ここだと近くて広すぎて全く入り切りませんん。広角の方がオススメかもしれないです。

IMG_1789

IMG_1796

下の写真は滝の下流の崖ですが不思議な形をしていました。これもきっと川が浸食した後なんでしょうね。

IMG_1801

ホントはこの先に橋を渡ったりする遊歩道があったんですが、ゆり園でだいぶ足にガタが来ていたので、そのまま来た道を戻って車へとたどり着きました。

いままで意識して滝見物なんて行ったことなかったんですけど、ダイナミックでいいですね~

これからは山に行ったときは滝巡りも織り込んでみようかな。

|

« 尾瀬岩鞍ゆり園 | トップページ | 高崎観音山 万灯会 »

写真」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

吹き割れだったとは・・
読み方で世代がわかったりして(笑)
後輩の家が片品なので前の道は通るのですが、滝自体は20年近く見ていないですね。

初めて見た時はあの割れ目から何か出てくるかと妄想を・・・
すみません!そうゆう世代なもんで(照)
パイルダァーオォンッ!!

投稿: アテ公 | 2009年8月16日 (日) 00時08分

私もいままでは通るだけだったんで、滝よりもドライブインのイボ取りが気になっていたくらいです(笑)

あの滝を見てから考えると、プールが割れると一瞬で水がなくなりそうな気が...あそこから顔が出てくる絵をイメージしちゃいましたよ

投稿: エル | 2009年8月29日 (土) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47553/45936696

この記事へのトラックバック一覧です: 吹割の滝:

« 尾瀬岩鞍ゆり園 | トップページ | 高崎観音山 万灯会 »