« 昭和音楽大学吹奏楽団「昭和ウインド・シンフォニー」演奏会 -ミュージック高崎ジャパン- | トップページ | 土気シビックウインドオーケストラ演奏会 -ミュージック高崎ジャパン- »

2009年8月30日 (日)

東京佼成ウインドオーケストラ演奏会 -ミュージック高崎ジャパン-

昨日の昭和音楽大学演奏会に続いて、ミュージック高崎ジャパン2日目は東京佼成ウインドオーケストラの演奏会に行ってきました。

DSC00429

会場は昨日に引き続き群馬音楽センター。会場について気がついたのは前日との客層の違い。昨日の演奏会はどちらかというと年齢層が高かったんですが、今日は制服の中高生がいっぱい。シエナの時ほどではないですが、吹奏楽部の生徒がたくさん見に来ていました。

今日の演奏会は事前購入だったため、座席は音楽センターの方に教えていただいたオススメの席。通路のすぐ後ろのど真ん中です。

DSC00432

ちなみに明日の群響演奏会も同じ席なので、同一条件で吹奏楽団と交響楽団の違いをしっかり感じてくる予定です。

今回のセットリストはこんな感じ。

DSC00431

写真の曲に加え、アンコールで「BIRDS-アルト・サクソフォンと吹奏楽のための協奏曲」の全7曲でした。

昨日の演奏会では曲の説明は指揮者の方がされていたんですが、今日のコンサートはコンサートマスターの須川展也さんが話をされました。

須川さんの演奏はこんな感じです。

 

須川さんの話によると今回の演奏会は動・静・動と交互に演奏し、(音色の)色彩の違いを味わってもらう構成ということでした。

そのため静にあたる「セレナーデ・ロマンティック」「ルクス・アルムクエ」は全編が比較的静かな曲でした。

印象的だったのが「サスパリラ」。アメリカのお酒の名前から取った曲名で、その名の通り曲自体も酒に酔って騒いでいる様子をイメージさせるものでした。

そして,今日のお気に入りの曲ですが「シナモン・コンチェルト」の第3楽章「The Razzle Dazzle!」日本語で「乱痴気騒ぎ」という意味の曲ですが、これがビッグバンドジャズのように須川さんのソロサックスとバックが交互に演奏する曲で聴いていてとても楽しい曲でした。

そしてもう一曲がアンコールの「BIRDS」これまた須川さんのソロサックスだったんですが、これもまたなかなか。

思わずコンサート終了後に収録アルバムを購入。さらに須川さんと指揮の渡邊一正さんのサインまで頂いて来てしまいました(笑)

DSC00433

そんな感じで今日のコンサートはサックス中心に楽しんできました。実は須川さんは明日の群響のコンサートにもゲスト出演されるので明日もまたサックスを聴くのが楽しみです。

明日は最終日、昼の土気シビックウインドオーケストラ、夕方の自由演奏会、夜の群馬交響楽団の3つの演奏会を見に行く予定です。

|

« 昭和音楽大学吹奏楽団「昭和ウインド・シンフォニー」演奏会 -ミュージック高崎ジャパン- | トップページ | 土気シビックウインドオーケストラ演奏会 -ミュージック高崎ジャパン- »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47553/46066182

この記事へのトラックバック一覧です: 東京佼成ウインドオーケストラ演奏会 -ミュージック高崎ジャパン-:

« 昭和音楽大学吹奏楽団「昭和ウインド・シンフォニー」演奏会 -ミュージック高崎ジャパン- | トップページ | 土気シビックウインドオーケストラ演奏会 -ミュージック高崎ジャパン- »