« 角馬場で撮影してみました | トップページ | 今年の幽玄の杜音楽会は... »

2009年5月 6日 (水)

ぐんま天文台の占有利用が...

3月に出張先で、「そろそろ群馬に戻る一ヶ月前だからひさしぶりに天文台の占有使用の予約をしよう」と思ったんですが、その後ホームページを見たところ「占有使用の終了」という予想外の見出しを見てしばらく言葉が出なくなりました。

どうやら県の財政難が原因と言うことで、いままで夜10時から翌朝6時まで行われていた占有使用が廃止されると言うことでした。

もともとぐんま天文台は県政100周年記念事業で作られた施設なんですが、前回の県知事選で代わった知事がたしか選挙中に「ぐんま天文台と昆虫の森はムダ」というような発言をされていた方なので、もしかしたらいつかはと言う不安は前からなくはありませんでした。

個人的には天候不順で65cmを使うことができないまま占有使用ができなくなってしまったのはとても残念です。友人やその家族を招待して一緒に星を見てもらおうと楽みにしていたんですけどね。

一応、占有使用はなくなりました(休止)が、代わりに夜6時から10時までの間に移動式望遠鏡、観察用望遠鏡を使用した観測体験という制度が始まりました。

新制度では望遠鏡使用資格はA(移動式)、B(観察用)の二つだけなんですが送られてきた資格証に書かれているのは存在しないC。

Scan10096

きっともういちど65cm望遠鏡を使える日が来ると信じて待っててくださいというと言うことと勝手に思っておきます。

観測体験では時間が準備を含めて4時間とだいぶ短くなってしまいましたが、もしかしたら上に書いた友人を招待して、という部分で考えると誘いやすい時間になったのかなと思います。

また予約者が1人でもいる場合、空きがあれば前日夕方5時までに連絡すれば予約ができると言うことなので、むしろ以前よりは望遠鏡で星を見る機会が増えるのかなと言う気もします。

とりあえず、目下の目標は去年撮りそこねたアルビレオを自分で撮影することなので6~7月の天気が良い日を狙って撮影に行ってこようと思います。

|

« 角馬場で撮影してみました | トップページ | 今年の幽玄の杜音楽会は... »

天文」カテゴリの記事

コメント

私も、当天文台台長、古在由秀氏への群馬県側よりの陰湿な虐めを告発したところ、周到な嫌がらせを受けました。あんな特殊な思想の知事は、今回限りで、知事の座から消滅してほしいものだと、常々考え続けています。
by 群馬県外の一般納税者

p.s.NHKの全国放送で、2009年7月22日お昼、見学者1200人余りでギュウギュウ詰めになった、ぐんま天文台部分日食の観察会の大盛況という驚くべきニュース(「部分」でこれほど人気があるとは!)が放映されました。「ぐんま天文台縮小政策」など、全く論外で話にもなりません。

投稿: 群馬県外の一般納税者 | 2009年7月22日 (水) 12時40分

コメント遅くなってしまい、すみません。

古在さんの話は私は知らないのですが、興味を持って以降見ている限り、ぐんま天文台はうまくいっている公共施設のような気がしているんですけどね。

私も個人的には次の選挙で変わってくれればと思うんですが、なにぶん群馬は選挙が荒れないお国柄ですからね。

せめて、こうやってブログに書くことでちょっとでも知名度を上げる足しにでもなればと思っています。

投稿: エル | 2009年8月 5日 (水) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47553/44922969

この記事へのトラックバック一覧です: ぐんま天文台の占有利用が...:

« 角馬場で撮影してみました | トップページ | 今年の幽玄の杜音楽会は... »