« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の12件の記事

2009年5月31日 (日)

国定忠治ぐんまちゃん

今日は約十ヶ月ぶりのぐんまちゃん(ゆうまちゃん)ネタです。十ヶ月の間にこんな事になってました。

syuumei06

ということで、これからはこのブログでもゆうまちゃんではなく、ぐんまちゃんとして呼んでいく事にします。

さて、実は私は去年の「花と緑のシンフォニー」で買ったゆうまちゃんストラップを使っていたんですが、ゆうまちゃんの頭にあったピンがいつの間にか抜けてしまって、ストラップのない生活が続いてしまっていました。

で、二代目のぐんまちゃんストラップを購入しようと思い調べたところこんなものを発見。

DSC00299

伊勢崎観光協会オリジナル「国定忠治ぐんまちゃん」ストラップです。

しかも勝負運アップとメタボリック除けのお供え済みです!!

正直、国定忠治もメタボリック除けにされるとは思っても見なかったでしょうが、わたしとしては好都合です(笑)

このストラップ、伊勢崎市の限定バージョンと言うことで県庁の売店では入手できないようです(多分)

DSC00301

伊勢崎市観光協会華蔵寺公園にある観光物産ショップで購入可能ですが、数に限りがあるそうです。

ぐんまちゃんマニアの方はお早めにご購入を。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

「かぐや」、月に還る

先日ネットを見ていてこんな記事を見つけました。

「かぐや」月に帰る - 6月10日頃に月面表側へ制御落下を予定

「かぐや」というのは2007年に日本が打ち上げた月観測衛星の名前で、その「かぐや」が観測任務を終えたため、月面に落下させると言うことでした。

その落下を「かぐや」という名前に絡めて「月に帰る」と表現しているのを見て、ロマンチックだなって思いました。

ちなみにこの記事の後、「かぐや」の落下地点が決まった記事のタイトルはこんな感じでした。

「かぐや」、月での居場所が決まる - 表側のGILLクレータ付近

この記事を掲載しているマイコミジャーナルにはロマンチックな貴社の方がいるんでしょうね。

実は私の使っているPCの壁紙は「かぐや」の撮影した地球の写真でして、結構気になっている人工衛星です。

image

何が気になったかというと、衛星の名前の命名。

まず「かぐや」という名前ですが、当然これはかぐや姫から。一般公募によって決まった名前だそうです。

で、コレとは別に英語名がありまして「SELENE:セレーネ」という名前です。こちらはギリシャ神話の月の女神の名前です。

さらに「かぐや」には2つの副衛星(リレー衛星、VRAD衛星)があり、月の裏側にかぐやがいるときの電波の中継などをおこなっているんですが、この2つの衛星の名前が「おきな」と「おうな」と言います。

打ち上げ当時に何かの記事で書いてあった表現では「おきなとおうなは月に帰ったかぐやを見守っている」と書かれていました。

プラネタリウムに行ったりしていると星や星座の名前の由来についてギリシャ神話などの話がでてきて、その星に対する思い入れが強くなったりするんですが、この「かぐや」の名前のお話もとってもロマンチックでいいお話ですよね。

なかなか話す機会もないので、ついつい書いてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

幽玄の杜音楽会 Vol.11 「弦楽&フルートコンサート」その2

ということで、幽玄の杜音楽会クラシックコンサートの続きです。

前回までのお話で見た目「お茶の間管弦楽団」という感じになりましたが、この距離で聴ける機会もそうないだろうと言うことで違う意味でワクワクしながら開演を待ちました。

ちなみに演奏を行うのは高崎を本拠とする群馬交響楽団のメンバー4人。

DSC00286 左からフルートの白水さん、ヴァイオリンの渡会さん、チェロの中田さん、ヴィオラのプラムさんの4人です。

曲の合間の解説は渡会さんが話していたんですが、なんとなく口調や声から児玉清さんをイメージしてしまいました。

コンサートは休憩を挟んでの2部構成で前半はメンデルスゾーンを中心とした構成でした。(注:ここからは音楽知識のない自分が聞いた話を起こしたものなので信憑性が不明です。おかしなところがあったら指摘していただけると助かります)

まず1曲目はメルカダンテのフルート四重奏曲ホ短調より第2楽章...えー、タイトルしか説明できません。

つづいて2曲目はメンデルスゾーンの春の歌、これはさすがに知ってました(笑)渡会さんによるとクラシックでは生誕XX年とか没後XX年記念の演奏曲を組むのがお約束(笑)と言うことでした。確かに良くは見る気がしますが...ということは今年はメンデルスゾーンがいっぱいなのか...

3曲目は同じくメンデルスゾーンの弦楽四重奏曲第3番 ニ長調 作品44-1。第1楽章から第4楽章までの約20分のフルバージョンの演奏でした。

実はこの曲、本来は弦楽器(ヴァイオリン2、チェロ、ヴィオラ)の四重奏なんですが今回は第一ヴァイオリンのパートをフルートが演奏するという試み(日本初、いや少なくとも群馬初(笑))とのことでした。

見ていて思ったのは、フルート20分演奏って大変そう...フロートの白水さんは汗だくになりながらの演奏でした。

 

そして、ここで10分間の休憩。

 

休憩後、戻ってきて先ほどの白水さんの熱演の種明かしが。どうやら外で演奏するつもりで防寒対策に厚着をしていたそうです(笑)

後半、最初はメンデルスゾーンの結婚行進曲を題材にちょっと変わった演奏からはじまりました。

まず最初にオリジナルの演奏を行った後、変奏曲と言うことでいろいろなヴァリエーションの結婚行進曲の演奏を行いました。

「ワルツ風」「ラグタイム風」「昔の音楽風」「コンチェルト風」「ラプソディ・イン・ブルーのイン・ブルー風」「タンゴ風」「ナポリ風」

なんだかよく分からないものもありますが、言われて聞いてみると「あぁ、それっぽい感じ」という気がします。しかし実はそう感じる理由は、結婚行進曲と別の曲を混ぜてしまっているからのような気が...終わった後、「ホントの変奏曲はちゃんとアレンジするんですけど...」と言っていたので、たぶんホントに混ぜてたんでしょうね。

その後、「旅立ち、おくりの音楽」をテーマにショパンのピアノ・ソナタ第2番「葬送」、グリーグのオーゼの死、シューベルトの死と乙女、バッハの甘き死よ来たれと続きました。

今回のコンサートの依頼を受けた3月におくりびとが話題になっていたため考えた曲選とのことでしたが、よく考えると夜の神社での演奏...どんな感じなのかぜひ神楽殿での演奏を聴いてみたかったです。

最後はいい日旅立ちと昴と谷村新司の曲2曲を演奏してとりあえず終了。場所がお茶の間コンサートになったせいか、一緒に小声で歌う女性が約2,3名...正直なところ、しずかに聴いていてほしかった...

最後にアンコールで2曲、おくりびとの主題歌?のチェロ演奏とカッチーニのアヴェマリアで終了、約2時間のコンサートでした。

感想としては、クラシックをあまり聴いたことのない自分でも眠くならずに(笑)楽しく演奏を聴くことができました。やっぱり取っ掛かりは大切ですからね。

会場を出ると雨がほとんどやんでいまして特別にライトアップされた神社を見ることができました。

IMG_1246

IMG_1249

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

幽玄の杜音楽会 Vol.11 「弦楽&フルートコンサート」その1

IMG_1251

昨日5/24の夜、榛名神社で行われた幽玄の杜音楽会に参加してきました。

この音楽会は榛名神社の神楽殿を使ってクラシックとジャズのコンサートを行うという企画で、去年はジャズコンサートを見てまして、今年はもう一つのコンサートであるクラシックコンサートに参加してみました。

まずは去年同様、門前そばで腹ごしらえ。今年のおそば屋さんは神社参道手前にある「たつみや」さんでした。DSC00272

門前そばの内容は各お店とも共通なんですが、前回と比べてみると...

DSC00271

多少違いがあるみたいですね。

申し込みの際の電話でも「希望のお店がありますか?」と聞かれたので、それぞれのお店で多少の差別化はしているのかもしれません。

たつみやさんのおそばですが、細めのおそばでとてもおいしかったです。このセット、おそばはあまり多くないので次の榛名ドライブの時にでも、もっとおそば中心のメニューで食べてみたいなと思いました。

ちなみに前回は、予約席が自分だけ1人席という苦痛を味わったんですが、今回は写真の左のテーブルも一人席でした。自分だけじゃなかった...(笑)もっとも、まだいらっしゃっていなかったのでどんな方だったのかはわかりませんでした。

おいしくおそばを頂いた後、いざ榛名神社へ。写真で見ての通り、去年に続き、今年も雨でした。昼の部は去年も今年も雨は降っていないので、きっと雨男がいるんでしょうね...(汗)

たつみやさんですが神社参道の手前にあるため、神社へは写真のような上り坂を歩いていくことになります。この写真の辺りはまだ傾斜が緩い方で先に進むともっと急な上り坂になります。

20分ほど参道を歩いていよいよ神社に到着。

DSC00281

こんな感じの岩に囲まれた場所にある神社です。

ところがついてみると人気がない...IMG_1236

どうやら弦楽器が湿気に敏感と言う事で、会場が神社本殿下にある集会場に変更になったようです。残念...

で、変更された会場ですが

IMG_1241

目の前2m以下...(笑)

近いことは良いことなのかと疑問に思いつつも前から2列目に陣取り開演を待ちました。

というところで、ひと区切り。次の記事に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

アイリスの丘

今日は久しぶりに花の写真を撮りに行ってみようと思い、高崎のおとなり安中市にあるアイリスの丘に行ってきました。

実は今週のはじめに夜8時45分のニュースで紹介されているのを見てはじめて知った場所です。出かけることを両親に話したところ今回も「行ったことあるよ」と言う返事...なかなか昔からの花好きに追いつくのは大変ですね。

雨が降っていたのでどうしようか迷ったんですが、見頃が来週末頃までと言うことで来週は混雑しそうだったため、予定通り出発。

案内看板は入口近辺には出ていましたが、18号などにはありませんでしたので、場所が分からない方はアクセスMAPを持って行った方が良いかもしれません。

IMG_1229

まずは全体写真から。ここで見えているのは様々な種類のジャーマンアイリスです。現在は8分咲きだそうです。

そして正面の奥にはピエロというポピーの畑もありました。

IMG_1193

ちょうど真ん中に休憩所があり、ポピーに囲まれて休むことができるようになってます。

行ってみて気がついたんですけど花の写真って雨の時(ホントは雨上がりなんでしょうけど)も結構絵にある写真が撮れるものなんですね。水滴がとても良い感じの写真を撮ることができました。

IMG_1230

IMG_1223

IMG_1218

これからは雨上がりを狙って撮影に行ってみようかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

星空ナビ

以前、このブログステラウインドウというPCソフトのことを書きました。パソコンの向きを変えるとその方向の星空を表示するというソフトです。購入しようかなと思っていたんですが、価格が29,800円と思っていたよりは高かったことと活用するには空にかざせるような小さなノートPCも必要かと思い、予算オーバーで購入には至りませんでした。

その代わりに購入したのが今回紹介する「星空ナビ」です。

image

見ての通り、このソフトはニンテンドーDS用のソフトです。

ソフトは普通のゲームのカセットとちょっと違っているためちょっとお値段高めですがDS自体は脳トレとかにも使えるので、買っても良いかなと言うことで購入しました。

で、カセットですが実はこんな感じになってます。

IMG_1172 思いっきりはみ出てます(笑)

実はこの中に方位センサーが入っていてDSの向きを変えるとそれに合わせて画面の中の星図が移動します。

これがあれば空を見て気になる星があったときに、その方向にDSを向けるだけでその星の名前や解説を見ることができます。

また、逆にその逆に見たい星を指定して星を探すこともできるようになっています。

実際に自宅の庭で試してみましたが、結構な精度で星を見つけることができました。

惜しむらくはDSの画面がもう少しきれいで大きければと言うところなんですが、その辺はPSPのホームスターと併用と言うことで使い分けようかなと思っています。

ちなみにこの星空ナビ、店頭販売はしていないようでアストロアーツの通信販売のみ購入可能のようです。

DSを持っていて星に興味のある方、オススメですよ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

今年の幽玄の杜音楽会は...

先日榛名観光協会から郵便が届きました。

中身はコレ。

Scan10097

去年ジャズを聴きに出かけた「幽玄の杜音楽会」の案内です。どうやら過去の参加者に送付しているようです。

今年も行ってみたいところなんですが、気になるのは去年同様のそばやでの孤独感...まぁ、でも気にして行かないのももったいないし行っちゃおうかな(笑)

去年はジャズを聴きに出かけたんですが、実はこの音楽会は2日4回の公演のうち1日がジャズ、もう一日がクラシックと内容が別になっています。

なので、今年はクラシックコンサートを聴きに行こうかと思っています。内容は↓な感じです。

Scan10098

プログラムを見ると昼の部に「心癒す音楽」とあるので昼の部にも惹かれるんですが、やっぱり日が暮れて空がどんどん紺色になっていく元でのコンサートがこの場所でも楽しみだと思うので、夜の部に申し込もうかなと思っています。

去年はザーザー降りの雨の中の開催だったので、今年は晴れればいいなぁと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

ぐんま天文台の占有利用が...

3月に出張先で、「そろそろ群馬に戻る一ヶ月前だからひさしぶりに天文台の占有使用の予約をしよう」と思ったんですが、その後ホームページを見たところ「占有使用の終了」という予想外の見出しを見てしばらく言葉が出なくなりました。

どうやら県の財政難が原因と言うことで、いままで夜10時から翌朝6時まで行われていた占有使用が廃止されると言うことでした。

もともとぐんま天文台は県政100周年記念事業で作られた施設なんですが、前回の県知事選で代わった知事がたしか選挙中に「ぐんま天文台と昆虫の森はムダ」というような発言をされていた方なので、もしかしたらいつかはと言う不安は前からなくはありませんでした。

個人的には天候不順で65cmを使うことができないまま占有使用ができなくなってしまったのはとても残念です。友人やその家族を招待して一緒に星を見てもらおうと楽みにしていたんですけどね。

一応、占有使用はなくなりました(休止)が、代わりに夜6時から10時までの間に移動式望遠鏡、観察用望遠鏡を使用した観測体験という制度が始まりました。

新制度では望遠鏡使用資格はA(移動式)、B(観察用)の二つだけなんですが送られてきた資格証に書かれているのは存在しないC。

Scan10096

きっともういちど65cm望遠鏡を使える日が来ると信じて待っててくださいというと言うことと勝手に思っておきます。

観測体験では時間が準備を含めて4時間とだいぶ短くなってしまいましたが、もしかしたら上に書いた友人を招待して、という部分で考えると誘いやすい時間になったのかなと思います。

また予約者が1人でもいる場合、空きがあれば前日夕方5時までに連絡すれば予約ができると言うことなので、むしろ以前よりは望遠鏡で星を見る機会が増えるのかなと言う気もします。

とりあえず、目下の目標は去年撮りそこねたアルビレオを自分で撮影することなので6~7月の天気が良い日を狙って撮影に行ってこようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

角馬場で撮影してみました

四連休初日の5/3に休日出勤かねがね、久しぶりに乗馬クラブに顔を出してきました。約半年ぶりです...

ちょうど受付にM先生がいたので「こんな状態ですけどどうなんでしょう?」と体重の相談。電話同様「申し訳ないですけどなんとか100㎏まで頑張ってください」というお言葉を頂きまして、ダイエットへの決意を新たにしました。

会社においてあるJOBAでもやって気を紛らわせようかな...

まぁその話は大体予想がついていて、ホントの目的は当日レッスンのある後輩にかこつけての写真撮影(笑)いままでは自分が乗っていたためにコンパクトカメラだったんですが、今日は乗馬クラブ初登場の愛機EOS kiss X2で撮影してきました。

後輩の最初のレッスンは初心者複合だったんですが、聞いてみると参加者は後輩ひとりということで思いっきり撮影タイムです(笑)

乗っていたのはヨシツネだったので、写真はヨシツネオンリー。後輩のプライバシー保護のため、顔を入れずに撮影(笑)です。

IMG_1109

IMG_1111

やっぱり、馬場で動いている時の方が良い写真が撮れますね。このまま重量制限がなくなるまではしばらくこのまま撮影でもしてようかなとか思ってしまいました。

ちなみにレッスンははじめてお会いしたI先生(男性)だったんですが、話しかける相手がいないせいか柵の外の私も巻き込んでのトークになってました(笑)

話の中で山梨方面の日帰り外乗の話を聞いたんですが、場所が清里近くと言うことで行ってみたいなと思いました。やっぱり、がんばってやせなくちゃ...

後半はI先生(女性)の駈歩で参加者は2名に増加。洗蹄場でヨシツネなでてたら「それではエルさん、そろそろ頭絡を...あっ」と間違って言われてしまいました(笑)。やって良いなら喜んでやりますけど。

1人づつ交代でレッスンだったので休憩中のヨシツネをまた撮影。

IMG_1157

なんだかホント撮影がクセになっちゃいそうです。

そんな感じで久しぶりに2鞍分の時間を楽しみながら、

「やっぱり,早く乗りたいなぁ...」

そう思った1日でした。

そういえば、カレンダーやスタッフ紹介を久しぶりに見て思ったんですけどF先生とO先生の姿がないような...もしかして退職されてしまったんでしょうか。クラブの方のブログも久しぶりに見て確認してみないと...

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

牛たん ねぎし 公園通り店

KOKIAコンサートの時の話の続きです。

実はわざわざ渋谷まで車で行ったのには理由がありまして、コンサート以外に買い物と食事をしてのんびり帰ってこようという計画でした。

最初は二つ前の記事に書いた東京トンテキが良いかなと思っていたんですが、コンサートの前に買い物の目的地のアップルストア渋谷(ここに行った理由はまた改めて)の近くの交差点にあったんです。

牛たんねぎしの看板が...

実はここ、以前友人に教えてもらって以来大のお気に入りで、その当時は新宿周辺にしかなかった(と思っていた)ため新宿に仕事や遊びで出掛けたときには必ず食べに行っているお店です。

BSE騒動でそれまで食べていたねぎしセットの値段が上がった頃から数年間行っていなかったんですけど、ここで見つけたのが運命(笑)、夕食が決定しました。

その後、コンサート中もKOKIAの歌を聴きながら頭の片隅で牛タンのことを考えるというよく分からない状態を乗り越え終了後まっすぐにお店に...9時頃だったせいか五分ほど待って店内に入りました。

今回もねぎしセットをと思っていたんですがメニューを見ると「たんとろセット」という見慣れない名前と厚切りのおいしそうな牛タンの写真が...迷わず注文してしまいました。

IMG_0005

ここのお店ですが牛タンももちろんおいしいんですが、セットでついてくる麦飯とトロロがまたとってもおいしいんです。これだけでも十分食事にできるくらいです(笑)ちなみにご飯は大盛り、おかわりが無料です。

たんとろを食べてみた感想ですが、やはり厚みのある牛タンの食感はたまらないですね~焼き加減もレア好きな自分にはたまらない加減でとってもおいしかったです。もちろん、ご飯ととろろをおかわりしてしまい合計1143kcalを完食(笑)おかわりしなければセットで700kcalくらいなのでイメージよりはヘルシーなセットかもしれないです。

さて、帰ってきて調べてみたらこのねぎし、結構都内にはたくさんあるようで東京・上野辺りにもあるようです。また東京に出掛けたときには食べに行かなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

KOKIA world tour 2009『∞』Infinity

先日、4月29日に渋谷Bunkamuraオーチャードホールで開催されたKOKIAのコンサートに行ってきました。

image

KOKIAの生歌を聴いたのは去年7月のぎおん柏崎まつり以来。

本当は2月に苗場で行われたwhitenote Vol.3にも行きたかったんですけど、残念ながらシステム本稼働の前日と言うことでいったん断念。その後システム本稼働がお客さんの都合で延期になり、急遽チケット購入をしようとしてカード番号を調べているうちに目の前でSOLDOUTという出来事があったため、今回は行かなくちゃとなぜか車で渋谷に行ってきました(笑)

コンサートの開始は五時半だったんですが、これはたぶん去年のコンサートの終了が10時近くなってしまったことを踏まえて早めたのかなという気がします。実際、今回も休憩を挟んで3時間のステージだったため終了は9時近くになってました。

今回、会場に向かう途中で今日歌うと思われる新しいアルバムを聴いていたんですが、正直「この曲がいい!」という風に感じる曲があまりありませんでした。

しかしKOKIAのコンサートのすごいところは、コンサートやライブで聞く生歌の方がすばらしくて、その場で曲を好きになってしまうところです。

曲目リストを載せている方のブログから自分用メモと言うことで(汗)、こっそり頂いた曲目リストを貼っておきます。

 

第一部

  • 花宴
  • 大きな背中
  • Remember the kiss
  • usaghi
  • 道化
  • life goes on
  • やさしくされるとやさしくなれる花
  • 世界の終わりに
  • はじまり

第二部

  • After my life
  • 星屑のヴォカリーズ
  • I believe ~海の底から~
  • 戦火の花
  • 罪滅ぼしの歌
  • この胸の苦しみが愛おしいほどに生きて
  • 歌う人
  • 短いうた
  • INFINITY

アンコール

  • +sing
  • ぬくもり(アカペラ)

21曲も歌ってたんですね...

今回のコンサートで特に気に入った曲は「この胸の苦しみが愛おしいほどに生きて」でした。

これを聴くと、もっと頑張らなくちゃって気持ちになる歌でした。

それからアンコールの二曲目はアカペラだったんですが、歌う前に「これから実験をします」と言ってマイクを使わずに各階の客席に聞こえるか確認していたので、もしかしたらマイクなしで!って期待したんですけど、残念ながら歌はマイクありで歌ってました。

ホントの生歌、聴いてみたかったなぁ。

そんな感じで思いっきり癒された3時間でした。

次のKOKIA分補給はいつになるのかなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

東京トンテキ

世の中はゴールデンウィーク、とは言ってもうちの会社はカレンダー通りの休み、かつ第一土曜日が出社日なので休みは29日と5月3~6日の四連休のみ。高速道路も混雑しそうなので、近場でのんびり過ごそうかなと考えています。

で、ちょっと時間の余裕ができてきたので出張前後からストックしてきたことをチョットづつ書いていこうかなと思います。

まずは2月にコルテオを見に行ったときの話の続編です。

実は日本科学未来館からコルテオを見に行く間に渋谷に立ち寄りまして東京トンテキというお店に行ってきました。

トンテキというのは厚切りした豚肉のステーキの事で、このお店が以前王様のブランチで紹介されたのを見て存在を知り、一度は食べてみたいなと思い続けてました。

とはいえ群馬からわざわざ食べに行くのも...と思っていたんですが、ちょうど東京に来たことだしと言うことで遂に挑戦。

実は最近高崎にもトンテキ屋さんができまして、オープン直後に期待感いっぱいで食べに行ったんですが、期待が大きすぎたせいか「あれ?」という感じでした。おいしい、まずいと言うより思いの外あっさり(味が強くない)していて、こんなものなのかなと言う感想を持ちました。

で、最初に来たいなと思ったこのお店で食べてみて、トンテキってどうなのかを判断してみようと思ったわけです。

で、頼んだのは大トンテキ定食。

DSC00253

トンテキ定食は良に応じて三種類ありまして、大トンテキ定食はちょうど真ん中、豚肉250グラムのボリュームです。

最初はせっかくなので特大をとも思ったんですが、メニューを見ると500グラムとあったためさすがに断念...250グラムでの結構なボリュームだったので、それで正解でした。

食べてみた感想ですが、味もしっかりしていてとてもおいしかったです。時間がたっているのでどうおいしかったか説明ができない(笑)んですが、あえて表現すると最初に映像で見たときにイメージ(期待)していた味に近く、前のお店で感じたトンテキの違和感を払拭する事ができました。

また機会があれば食べに行きたいところなんですが、次はいつになるやらと言うところです。

ちなみにここのお店の豚肉は我が地元群馬の上州豚を使っていると言うことでした。もしかして探してみると地元でもおいしいトンテキを食べられるお店があるのかなぁ...

ご存じの方がいらっしゃいましたら、教えてください~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »