« 2008年10月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年2月の3件の記事

2009年2月27日 (金)

シルク・ドゥ・ソレイユ コルテオ Corteo

DSC00266

さて、日本科学未来館を後にして向かったのは国立代々木競技場です。実は今日のもう一つの目的はここで公演中のコルテオを見ることでした。

テレビでだいぶ宣伝しているので説明不要かと思いますがかんたんな説明を。

シルク・ド・ソレイユというのはカナダに本拠を置くパフォーマンス集団の名前でして、世界各地で公演を行っています。日本でも先日、東京ディズニーリゾートに常設劇場をオープンができるほどの人気の舞台?です。いくつかの作品が世界中をまわっていまして、ことしはそのなかの「コルテオ」という作品が上演されていて、1年以上かけて全国で公演が行われるそうです。

ちなみに今回初めて見に行ったので、私はほとんど何も語れません(汗)上の文章が棒読み風なのはそのせいです(笑)

シルク・ド・ソレイユについてはこちらに詳しく書いてあります。

まぁ、私の語彙では語れそうもないので雰囲気を伝えるために動画を張っときます。

これはオープニングのシーンなんですが、この後ベットに横たわっている老クラウンの夢?といった構成でさまざまなパフォーマンスが次々に繰り広げられます。

本編はこんな感じ↓、動画は自分的にいちばんよかったPARADISEというパフォーマンスです。

 

今回、急な休暇ということもあって当日券を購入したのですが運良くステージ正面の通路近く(●の場所)でとても見やすかったです。の場所でもパフォーマンスが行われたので間近でパフォーマーさんを見ることもできました。

image

さて、長くなってきたのでそろそろ感想を(笑)

いちばん良かったのは「音楽」でした。パフォーマンスにあわせて生で演奏が行われ、いくつかのパフォーマンスではオペラのような荘厳な歌が効果的に使われ、作品の世界へと引き込まれていく感じでした。

また難易度の高いアクロバット的なもの以外に、実際のサーカスのようにクラウンが主役のコミカルなものもあり、ヨーロッパの昔ながらのサーカス(と自分がイメージしている)世界にどっぷりと浸ることができました。

また、これも演目のせいなのかもしれませんが観客を盛り上げるいろいろな演出ですっかり子供のように楽しめた2時間半でした。

ついこの間まで,出掛けて見てみようという気が起きなかった人間が言うのもあれですが、とても引き込まれるステージなので機会があれば見に行かれることをおすすめします。

あと一回くらい見に行こうかなぁ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

日本科学未来館

DSC00250

昨日書き込んだとおり、今日は出張先のユーザーさんの休業日と言うことで有給休暇を取って東京へ出掛けてきました。

午前中に出掛けたのはお台場にある日本科学未来館です。

どのくらい有名なところなのかよくわからないので一応説明しておきますと、「先端の科学技術に体験したり触れることのできる国立の施設」って感じのところです。

上の写真は吹き抜けのロビーにぶら下がっているジオ・コスモスというシンボル展示です。200万分の一サイズの地球に今日の朝の衛星写真を表示していました。寝っ転がってみれるソファーがあったんですけど、下から見上げるとホントに浮かんでるみたいな感じでした。

そのあと展示フロアに行ってみたんですが、ここで意外なものと再開。

DSC00235

ASIMOです。

実はASIMOはツインリンクもてぎに行ったときに一度見たことがあるので、今回が2回目になります。まぁ、2度目の今回も第一印象は「絶対中に子供入ってるよ」でしたけどね(笑)

しかし、このASIMO前回見たASIMOの進化版みたいでいくつか違いがありました。

1.走る!(前回は歩きまででした)

2.しゃべる!(いつの間にか合成音声でしゃべってました)

3.なんかランプが増えた!(耳?とか胸にランプがついて光ってます)

印象に残ったのはASIMO登場前に身長予想を聞かれていた子供の答え「2m!」...家で活動できないですよ、それは(笑)

ASIMOを見た後は最上階へ。

実はここに来たホントの目的はこれ。

DSC00243

メガスターⅡにお目に掛かるためです。

このメガスターⅡ、実に500万個の星を投影できるという化け物でしてギネスブックにも登録されています。家庭用プラネタリウムのホームスターと同じ作者の大平貴之さんが開発した装置です。

天の川の星もひとつひとつ表示していて双眼鏡で見るとより楽しめるとも言われる星空を見たいと思い、ここまでやってきたわけです。

しかし、ここで誤算が...実は先日から上映プログラムが新しくなっていて3DCG+メガスターという構成になっているんですが、ほとんどすべて3DCG映像で番組が構成されていて、ほとんどメガスターの星空を見ることができませんでした。

3DCGの場面でも背景の宇宙としてメガスターの星空も投影されているんですが、あいに3Dメガネをかけているため視野は狭まるし、明るさは暗くなるし...

しかも番組中の説明も「いまの季節の東京の星空です」だけ...

生解説と書いてあったので、今が旬のルーリン彗星のネタでもあるかなと期待していたんですが、そういったのも特になし...

これはもう一つの常設展示館「川崎市青少年科学館」に行ってみるしかないのかなぁ...といった感想でした。

あ、3DCGはいろいろ飛び出してきて楽しかったですよ。

DSC00244

DSC00245

終了後、もういちど展示エリアを一回り、ロケットエンジンやらしんかい6500やらの大きさにびっくりして、次の目的地へと移動となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

4ヶ月ぶり

えー、こちらを見ていただいている皆様おひさしぶりです。

10月のカヌーの話からまったく更新なしということで、友人から生きているのかどうか確認の電話をもらうくらい音信不通で過ごしておりました。お騒がせしてスミマセン。

別に落馬した後遺症とか体調不良とかと言うことも特になく過ごしてはいたんですが、とにかく仕事が忙しくてネタが1つもなかったため更新が滞っていたというのが真相だったりします...

とはいえ、いろいろ書きたいこともあるにはあるのでまたちょっとずつ再開していこうと思います。引き続きご愛顧よろしくお願いします。

 

さて、とりあえず今回は近況を書いてみようと思います。

更新が滞っていた最大の理由の仕事ですが、実は12月はじめからさいたま市に長期出張に出ているところです。週末にはだいたい戻っているんですが、土曜日がほとんど仕事のため日曜日に出かけたりする余力がなく用事を片付けて終わりといった日々です。

本当は3月中旬で出張が終わり一段落の予定だったんですが、ユーザーさんの事情で立ち上げが2週間延期になってしまい、このままあと1か月さいたま市暮らしが続くことになりそうな感じです。

なので、ちょっと作戦変更して普段は出掛けづらい東京方面のスポットに出掛けてみようかなと思っています。

乗馬も余力があれば!と思い、毎月休会せずに会費を払っているんですが、余録のある日が今のところないため11月以来ずーっとお休み中です。M先生からたまに連絡があるんですけど「もうちょっとしたら」という返事しか返せず...4月からは再開したいところです。

ただ、やばいのが出張の外食&コンビニ食生活と運動レスの生活1年の成果でなんと体重が元通りに...また3桁生活に逆戻りしてしまってます。

なのでこのまま復帰してはクラブの馬に申し訳ないので、戻るまでにできるだけ体重を落とそうと思い、再び夕食サラダ生活を始めてみました。2桁に戻ったらM先生にお伺いを立てて復帰の予定です。もっともしばらくはビギナーとか初心者複合生活でしょう(笑)

 

ということで、とりあえず生きてますよ-ということで書き込んでみました。

明日はお客さんがお休みなのでちょっと出掛けてみようかなと思ってます。寝過ごさなければレポート書こうと思ってますのでお楽しみに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2009年4月 »