« 日本科学未来館 | トップページ | バック・トゥー・ザ・乗馬クラブ »

2009年2月27日 (金)

シルク・ドゥ・ソレイユ コルテオ Corteo

DSC00266

さて、日本科学未来館を後にして向かったのは国立代々木競技場です。実は今日のもう一つの目的はここで公演中のコルテオを見ることでした。

テレビでだいぶ宣伝しているので説明不要かと思いますがかんたんな説明を。

シルク・ド・ソレイユというのはカナダに本拠を置くパフォーマンス集団の名前でして、世界各地で公演を行っています。日本でも先日、東京ディズニーリゾートに常設劇場をオープンができるほどの人気の舞台?です。いくつかの作品が世界中をまわっていまして、ことしはそのなかの「コルテオ」という作品が上演されていて、1年以上かけて全国で公演が行われるそうです。

ちなみに今回初めて見に行ったので、私はほとんど何も語れません(汗)上の文章が棒読み風なのはそのせいです(笑)

シルク・ド・ソレイユについてはこちらに詳しく書いてあります。

まぁ、私の語彙では語れそうもないので雰囲気を伝えるために動画を張っときます。

これはオープニングのシーンなんですが、この後ベットに横たわっている老クラウンの夢?といった構成でさまざまなパフォーマンスが次々に繰り広げられます。

本編はこんな感じ↓、動画は自分的にいちばんよかったPARADISEというパフォーマンスです。

 

今回、急な休暇ということもあって当日券を購入したのですが運良くステージ正面の通路近く(●の場所)でとても見やすかったです。の場所でもパフォーマンスが行われたので間近でパフォーマーさんを見ることもできました。

image

さて、長くなってきたのでそろそろ感想を(笑)

いちばん良かったのは「音楽」でした。パフォーマンスにあわせて生で演奏が行われ、いくつかのパフォーマンスではオペラのような荘厳な歌が効果的に使われ、作品の世界へと引き込まれていく感じでした。

また難易度の高いアクロバット的なもの以外に、実際のサーカスのようにクラウンが主役のコミカルなものもあり、ヨーロッパの昔ながらのサーカス(と自分がイメージしている)世界にどっぷりと浸ることができました。

また、これも演目のせいなのかもしれませんが観客を盛り上げるいろいろな演出ですっかり子供のように楽しめた2時間半でした。

ついこの間まで,出掛けて見てみようという気が起きなかった人間が言うのもあれですが、とても引き込まれるステージなので機会があれば見に行かれることをおすすめします。

あと一回くらい見に行こうかなぁ(笑)

|

« 日本科学未来館 | トップページ | バック・トゥー・ザ・乗馬クラブ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。
コルテオ行きましたか・・・
シルク・ド・ソレイユは、一番最初のサルティンバンコは行ったけど(高崎から某女性と行ったんだよン
( ̄ー ̄)ニヤリ)懐かしいねぇ~
CD買った?・・サルティンバンコのは持ってるから、買ったんだったら貸しっこしない?
ちなみにこの歌、何語だか分かるかぃ??
正解はデタラメだそうです。
世界各地で使うかららしい。
じゃ、宇都宮で待ってるから。

投稿: しげしげ | 2009年3月 1日 (日) 21時29分

宇都宮行ってきました&ご一緒出来ず残念でした。
私的に宇都宮と言えば「餃子」でしかなかったのですが、今回初めて行ってみて、「JAZZの町」であることも知りました。
なんでも、市内には40店近くジャズバーがあるそうで・・・町の至る所にジャズマップなる冊子が置いてありました。気が向けば行ってみてはいかがでしょう。安いホテルもありますし・・・。
それともうひとつ、やたら「焼きそば屋」が多いです。ボリューム満点でしかも安い!
大盛りで300円は魅力的です。
ではでは。

投稿: しげしげ | 2009年3月 8日 (日) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47553/44187321

この記事へのトラックバック一覧です: シルク・ドゥ・ソレイユ コルテオ Corteo:

« 日本科学未来館 | トップページ | バック・トゥー・ザ・乗馬クラブ »