« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の27件の記事

2008年5月31日 (土)

春にやってみたこと&夏にやってみたいこと(その2)

さて、後半はスポーツ&お出かけ関係を書いていこうと思います。

まずはアウトドア、スポーツ関係

「レイクカヌー、ウォーキング、スポーツクラブ」

これは春はほとんどできませんでした。6月以降夏の目標として再設定といったところです。

レイクカヌーは一緒に行ってくれる相方(会社の後輩)を見つけたので6月中旬の週末に参加してみる予定です。梅雨時なので天気が良ければいいんですけどね。10022551368

ウォーキングも6月以降再開、候補地は野反湖、尾瀬、上高地あたりを考えていますが、それ以外の場所も群馬と長野についてはガイドブックを買ってあるので、それを元に何カ所か回ってみようかと思っています。先日紹介した日本一の朝プレジェクトでもノルディックウォーキングがあるのでマイストック持参で参加してみるのも良いかなと思ってます。

スポーツクラブはすっかりさぼり癖が付いてしまったので、なにはともあれ通う習慣を身につけ直すところからスタートです。後で別記事で書きますが夏~秋にかけてダイエットを再開するので、こちらも週二日くらい通えれば...と思っています。

 

つづいて写真関連

「星景写真、夜景写真、花の写真」

星景写真撮影は道具は揃えたものの天気が落ち着かず、あまり満足した写真を撮れていません。

夜景はそもそも夜景スポットに出掛けていないので今回は進展なし。

花の写真は榛名梅まつり、大垣城・墨俣城の桜、ぐんまフラワーパークで結構な数を撮影できたので目標達成かなと思っています。もっとも撮影した花の名前が分からないので、もう一度見に行かないといけない状態ですが...

IMG_0563

 

最後はその他

「ガラス工芸」・「城めぐり」・「水族館」

ガラス工芸は全く進展なしです。諏訪湖にウォーキングで出掛けたときに体験してみる予定なのでウォーキング予定コースに追加しておかないとですね。

城めぐりは考えていた松本城高島城春日山城上原城跡海ノ口城跡にはいけず、代わりに出張先で大垣城、墨俣城に花見がてらでかけてきました。

DSCF0861

夏にかけては春日山城が第一候補、海岸ドライブ、夕日の撮影、星空撮影と合わせて新潟旅行してみようかなと考えています。

長野の城についてはこれまた諏訪湖ウォーキングがてら、もしくは野辺山の星見がてら見にいってこようと思っています。

水族館は、有休を利用してエプソン品川アクアスタジアムイルカに触ってくるつもりだったんですが、仕事の都合で断念。水族館にはホント縁がないみたいです。

こちらも引き続きどこかに出掛けたついでに見に行ければいいなと思っています。

以上、春の結果報告&夏の予定でした。

なんか、そろそろ年間計画にしても良いくらいのボリュームになってきました...欲望はどこまで増えるんだろう...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春にやってみたこと&夏にやってみたいこと(その1)

5月も今日でおしまい、明日から衣替えと言うことで季節の変わり目恒例「やってみたこと」&「やってみたいこと」を書いておこうと思います。

まずは乗馬、こんな目標立ててました。

「顔を見て馬が分かるよう名前と顔を覚える」

ん~、これは達成できてないです。4,5月と乗ったのがわかりやすいジンクスだったこともあ全然進歩なしです。あえて言えば角馬場にやってきたクレヴァネスは分かる(ような)気がします。

DSCF0909 DSCF0893

ということで、これは夏も継続。来月からはヨシツネに乗るのでまずはヨシツネを見分けることと、平日の騎乗を増やしていろんな馬に乗ってみるのが目標です。

つぎは星関連。

「星がきれいな場所探し」

「ポータブル赤道儀購入」

「星のお兄さんのプラネタリウムショー」

星関連はそこそこOKでした。星がきれいな場所については春は天気が全然ダメだったので見つけられていないんですが、行ってみたいところは何カ所かあるので夏はあちこち行ってみようと思ってます。

ポータブル赤道儀は勢いで購入、早く星がきれいな場所で使ってみたいです。

DSCF0895

星のお兄さんのプラネタリウムショーも仕事の合間を縫ってなんとか行ってこれました。

DSCF0838

夏に向けては、再来週の65cm望遠鏡講習を受講して、ぐんま天文台に行って以来一年をかけた(といっても3日講習受けただけですが...)目標、「知人を望遠鏡ドームでご接待(ファミリーも可)(笑)」の実現を目指そうと思います。

おつぎは音楽関連。

「歌う・聴く・弾く・吹く いろいろなことに挑戦」

歌う 月一ひとりカラオケ

聴く KOKIAのコンサート、いろいろな歌を聴いてみよう

弾く キーボード

吹く サックス教室

これも、そこそこ達成。ひとりカラオケは月一とは行かないんですが何回か歌いに行っています。週末はフロントでグループ&カップルの冷たい視線がつらくて挫折していますが...

コンサートはKOKIAに加えてフォルクローレのSISAY、榛名神社でのジャズコンサートと楽しんでくることができました。リフレッシュ効果も抜群なのでこれからも2ヶ月に一度くらいは出掛けてみたいところです。

IMG_0779     DSCF0967

キーボードはここのところ停滞中。実は心機一転教室に通って自分にプレッシャーをかけようと考えていたんですが、この後触れるダイエットを優先と言うことでしばらくは自宅で練習で行こうと思います。

知り合いの紹介でピアノ教室の先生を紹介してもらったので秋から冬にかけて改めて教室に行こうと思っています。ということでサックスの方はとりあえず先送り、まずはひとつ気合いを入れて練習からと言ったところです。

と、いろいろ書いていたら長くなってきたのでここで一区切り、残りはその2に書こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年5月30日 (金)

日本一の朝プロジェクト

この間、出張で高崎線に乗ったときに車内でこんな冊子を見つけました。

yamanashi Scan10084

「大人の愉しみ」という言葉に惹かれて見てみたところ「日本一の朝プロジェクト」という記事が載っていました。それによると「日本一の朝を迎えられる八ヶ岳南麓で、朝を楽しむためのプログラムを提供するプロジェクト」とのことです。

見ると「乗馬」「ノルディックウォーキング」「朝フォト」といった、いままではじめてみた趣味がいくつか紹介されています。となれば、きっと他にも面白そうなものもあると思い検索してみたところ、こんなホームページがありました。

image

いろいろなプログラムがあるんですが、気になったのが「朝ツリークライミング」、「山で朝カヤック」、「森林ノルディックウォーク」「バードウォッチング散歩」、どれか一つでも良いので今年の夏にやってみたいなと思いました。

このプロジェクトの開催場所は清里近辺ということなので、以前チェックしたペンション「スケッチブック」に泊まって、朝はアウトドア体験、昼はのんびり、夜は星見。そんなのんびりした一日...過ごしてみたいですよね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

EOS kiss X2 ファーストショット (その2)

やっぱり平日夜に星見は翌日に響きました。これからは気を付けないと...

ということで先日の続きを書こうと思います。

今回、ライブビューを使ってはピント合わせがちゃんとできたので、CD-1+の精度がどれくらいなのかテストしてみました。

まずはCD-1ではなくてCD-1+を購入した理由、0.5倍速の星景写真モードを試してみました。

IMG_0048

露出時間 : 60秒 ISO感度 : 100 絞り値 : F1.8 焦点距離 : 30(mm)

見ての通り、ちょっと露出しすぎで若干星が流れています。説明書ではそもそも焦点距離18mm以下のレンズでISO感度800を推奨しているので、テスト方法に問題があったような...今度はEF-S18-55mm F3.5-5.6 ISを使って条件を合わせてテストしてみようと思います。

もうひとつ試したのは持っている望遠レンズEF-S55-250mm F4-5.6 ISの最大望遠での誤差を見てみました。

IMG_0049

露出時間 : 60秒 ISO感度 : 100 絞り値 : F5.7 焦点距離 : 250(mm)

みたところ1分くらいなら流れずに撮影できそうです。となれば普通の星をとってもあまり変化がないので撮影可能な二重星、北斗七星にあるミザールとアルコルの撮影に挑戦してみました。

IMG_0051
明るい方の星がミザール、ちょっとくらい星がアルコルです。ちなみにリンク先を見ると書いてあるんですがアルコルは北斗の拳で死兆星と呼ばれていた星だそうです。知らずに見てしまった...

最後にはくちょう座のアルビレオが撮影できるか挑戦してみました。こちらは2つの星の間が狭いので見ての通り2つ星がありそうなんだけど...くらいにしか写りませんでした。

IMG_0053

ここまで撮影したところで0時を回ったので翌日のことも考え撤収、帰りは榛名湖を通って戻ってきたんですが、途中の道に「榛名湖メロディーラインスタート!!」と言う標識が。なんだろうと思いつつ走っていると、なんか「静かな湖畔の森の影から~」って音楽が聞こえてきた...なんでも舗装の仕方で音程をつけているみたいです。榛名湖に行かれる方は伊香保方面からだけ聞けるようなので気にしてみてください。ちなみにニコニコ動画にアップされていたので貼り付けておきました↓

とりあえず、次回は広角での星景写真モードのテストに挑戦してみようと思います。次はもうちょっと公害のない場所に行きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

47,48鞍目 ジンクス

今日もいつもどおりF先生の初心者複合とM先生の初心者駈歩です。前日夜の雨も上がって、馬場は水たまりでしたが雨具なしでレッスンを受けることが出来ました。

受付を済ませて洗い場に出るとちょうどジンクスは馬装中、2ヶ月乗っていましたが結局最初の馬装はすることなく終了、難易度そんなに高いのかな。

馬場に出てみるとなぜかO先生が...F先生は恵那外乗の引率のためピンチヒッターとのこと。いままでほとんどO先生のレッスンは受けたことがないので期待大でレッスン開始です。

いつも複合のレッスンは常歩より速歩に重点が置かれているんですが、今回のレッスンでは常歩をしながら扶助、副扶助のレッスンに2/3以上の時間をかけ肩鞭の打ち方やキックのやり方など今まで自己流でやっていたことの正しいやり方を聞くことが出来ました。

その効果かジンクスも思った通りに動いてくれて、F先生のレッスンでいつも言われる速歩につながる常歩が今日は実践できた気がしました。

後半はM先生の初心者駈歩、初心者複合は3頭だったんですがこちらは6頭。どうやらこの時間のレッスンが続きでなくなったため、朝の2コマ連続レッスンに出た方が一休みした後、このレッスンに参加しているようです。逆に前の初心者複合に出た方は参加しないんですよ。

今回は6頭のうち栗毛3頭(M先生が勝手にクリゲ1号~3号と名付けてました)、ディアブロ(だったような)が一頭づつ、芦毛二頭(もう一頭はアイル)が2頭一緒という組み合わせでの駈歩レッスンでした。

ジンクスはいつも前半のレッスンで動いてても、駈歩レッスンになるとのんびりになってしまうんですが、今回は複合で練習した扶助、副扶助の内容を試してみたところ、ちょっとだけやる気を出してもらえました。

駈歩自体もいつもより内方脚を気持ち前にして、外方脚をその分後ろに下げてみたところ2本ともすっと駈歩を出すことが出来ました。この感じで次回以降もやればいけるのかなとかすかな期待を持ちつつ終了。そんな希望はきっと打ち砕かれると思いますが...久しぶりに気持ちよく終了できた一日でした。

駈歩でM先生から頂いたアドバイスは「姿勢が後ろに倒れすぎている」、確かに駈歩でホルダー持つと後ろに傾けちゃうんですよね。たぶんロデオのイメージとつながってしまって無意識に姿勢が後ろに傾いてしまっているんだと思います。直さないと。

レッスン後は来月の予定をM先生と相談、来月の専用馬は初騎乗のヨシツネになりました。あんまり印象がないんですけどイコール乗りやすい馬と言うことで良いのかな。合わせて会員種別も正会員に切り替えてきました。これで平日いままでより気軽に参加することが出来るので、仕事の気分転換に週一くらいは駈歩レッスンに出てみようかと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

榛名神社 幽玄の杜音楽会 「堤智恵子 オールレディース・カルテット」(その2)

さて、いよいよ(やっと)本題、神楽殿でのジャズコンサートの感想です。

本来は神楽殿の正面にイスを置いて観客席を作る予定だったらしいんですが、あいにくの天気のため神社の本殿に全部のお客さんと座らせる事になったみたいです。

幸い?、おそばを食べた後に長居もできなかったため開演の1時間前に到着し、本殿の前の方に座ることができました。前に柱がありますがこれはしょうがないでしょう。

DSCF0944

写真を撮った頃はまだ雨はほとんど降っていなかったんですが、開演の18:30頃には本降りとなっていて雨音を聞きながらのコンサートとなりました。

DSCF0970

DSCF0967

今回演奏されたのはサックスが堤智恵子さん、ピアノが福井ともみさん、ベースが大塚雅子さん、パーカッションが黒一点のはたけやま裕さんという4名、演奏した曲は異邦人のカバーバージョンからはじまり堤さんのオリジナル曲が2~3曲、ジャズのスタンダードナンバーが4~5曲、カバーが1曲といった感じだったと思います。(たぶんうろ覚えで間違ってると思いますが...)

良かったと感じた曲はオリジナル曲の2曲、My Favorite Things(JR東海の京都のCM曲です)、そのほか何曲か聴いたことがある曲があったんですが。ごめんなさい、曲名を思い出せません。やっぱりメモ取っておいた方が良いなと反省。

途中のMCで話されていたんですが、どうやら高崎にジャズ喫茶「主音求(スイング)」 というお店があってそちらでたまにライブもされているみたいです。HPを見ると家から10分くらいの場所...全然知りませんでした。行かれた方のHPで「ジャズ・オーディオ好きの人にとって、高崎の最大の観光地は“主音求”です。」と絶賛されているほどなので、時間を見つけて一度出掛けてみようかなと思います。

20時頃になりサンバ系の曲で体を温めつつ終了(コンサート中の掛け声が「寒いですか~」(笑)だったくらい)、アンコールの拍手中に市の職員の方が挨拶を始めるというハプニング(笑)がありましたが、アンコール1曲を歌っていただき終了となりました。

終了後は毎回恒例になってきてますが1枚CDを購入してきました。まずは知っている曲をと言うことでカバーアルバム「みずいろの雨」というCDです。ちなみに今回もサイン入りです。

DSCF0976

名前まで書いてもらったのでそこだけ画像処理してます。ちなみに名前を聞かれて思わず漢字の説明までしてしまいました。英字で書いていたんですけどね(汗)

以上、幽玄の杜音楽会の感想でした。このイベントは毎年行われているようなのでまた来年参加できれば参加しようと思います。来年こそは天気良ければ良いんですけどね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

榛名神社 幽玄の杜音楽会 「堤智恵子 オールレディース・カルテット」(その1)

先日、高崎市のHPで見かけてチケットを購入した「幽玄の杜音楽会 堤智恵子 オールレディース・カルテット」に出掛けてきました。

予報によると今日の夜は雨、しかも強く降るという予報。貼ってあるゆうまちゃんてるてる坊主も効果なしみたいです。実は雨男なのかなぁと思い始めた今日この頃です...

まずはコンサートの前に神社の門前町にある「小松屋」さんで門前そば御膳をいただきました。

事前におそばをいただくお店が指定されていて、ちゃんと席が用意されていたのはよかったんですが...

DSCF0928

自分のテーブル以外は全部2人一組です。カップルがいる場所もだいぶ慣れてきたつもりでしたが、これはさすがに居心地悪かったです。女性二人組の方はいましたが、ここでも男性二人組には遭遇できず。 ひとりものの男性はあんまりこういったとこにはこないのかなぁ...

門前そば御膳はこんな感じ↓でした。

DSCF0930

なんでも榛名神社のご神水で作った手打ちそばだそうです。きっと御利益があることでしょう(期待)。

おそばを食べ終わって神社へ向かう上り坂を歩いていきます。しばらく歩くと神社の入り口、随神門です。

DSCF0934

実は榛名神社にきたのは初めてなんですが、川に沿った参道が歩いていて清々しい気持ちになりました。所々でヤマツツジの花も咲いていました。

DSCF0936

参道の途中に「縁結びの水琴窟 水神楽」というものがあったので竹筒に耳を当てて音を聞いてみました。

DSCF0939

水琴窟というのは地下にある瓶に落ちる水の反響音を楽しむもので、耳を澄ますと水滴が落ちるたびに澄んだ高い音が聞こえてきました。

で、その後説明板を見て気がついたんですが、縁結び効果ってこの2本の竹筒を恋人同士で聞けば...って事みたいです。相手いないとダメって訳ですね(泣)

そんな感じで山道を登り切っていよいよ本殿、というところで長くなってきたので続きはその2に書こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

EOS kiss X2 ファーストショット (その1)

出張から帰ってきたら台風一過?で晴れていたので、勢いで撮影テストに出掛けてきました。場所は近場で光害が少なそうな場所ということで伊香保森林公園にしてみました。

IMG_0071

残念ながら?見ての通りの満月だったので、あまりたくさんの星を見ることはできませんでした。特に南の空の星は全然ダメだったので北斗七星や一等星を使って撮影テストをしてきました。

カメラのこと、レンズのこと、赤道儀のこととそれぞれ書きたいことがあるんですが、全部書いていると明日の朝起きられなくなりそうなので、まずは新カメラEOS kiss X2のことを書いていこうと思います。

真っ先に試してみたのはライブビュー...と行きたいところですが、まずは今まで通りファインダーからのピント合わせに挑戦してみました。といっても天体撮影の際はいつもアングルファインダーCを利用しているので、今回もそれを装着した状態での感想です。

比較のため、もともと持っていたEF-S55-250mm F4-5.6 ISを使って見たんですが、思いのほか星が見える...ファインダーが改良されてサイズが大きくなったせいなのかなと思っていたんですが、よくよく考えてみると一つ重要な事実が...

アングルファインダーで天体撮影したのって、いままでほとんど自宅だった気が...もしかして、その条件だと見えなかったのかも...(汗)

話を戻しまして、アングルファインダーを利用すると通常で1.25倍、拡大表示で2.5倍表示にできるんですが、2.5倍で表示しながらピント合わせをやってみたところ結構良い感じに合わせることができました。これならライブビュー無くても良かったかも(笑)

続いていよいよライブビューを使ってのピント合わせに挑戦、まずは等倍モード。んー真っ黒です(汗)星は暗さと小ささで映らないみたいです。つづいて5倍モードに切り替え、だいたいの位置をファインダーで確認して方向キーを使って位置を移動させると星を発見。さらにその位置で10倍モードに切り替えてみるとさすがにぼけています。で、ピントをちょっとだけ調整してみると、しっかり点になります!これは便利、前言撤回です(笑)これがあればPC接続しなくても大丈夫そうな感じです。

ということでピント合わせをして撮影した写真が↓の2枚です。

今まで撮影した写真とちょっと違いますよね~

IMG_0045

moon

そんな感じでライブビュー機能、天体写真撮影にはとても便利な機能です。これだけで買い替え金額の元はとった気分(笑)

とりあえず今日はここまで、続きはまた明日書こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

新潟で星がきれいな場所

相も変わらず星を見に行こうとすると曇りと雨の日々が継続中です。晴れの日もあるんですけどそういうときに限って都合悪いんですよね...

で、地元の天気が悪いなら...ということで新しい観望地を考えてみました。

条件は

・2~3時間で出掛けられる場所

・光害の影響が少ない場所

・群馬と天気が違う場所

です。

いままではそんなときは長野に行っていたんですけど、実は長野はあんまり群馬と天気が違わなかったりします。まぁ、出掛けているのが長野でも東部ばっかりなんで特にそうなんでしょうけどね。

で、天気が違う場所...で思いついたのが新潟!よく考えたら出張で出掛けたとき関越トンネル抜けると天気が違っていた記憶があります。

ということで早速情報収集、検索してみたらこんなページがありました。このなかで群馬に近そうな旧湯之谷村(奥只見)に一度行ってみようかなと思ってます。

ちなみに新潟にある神林村立天文台のHPにこんな写真が載っていました。これを見ると期待度大です。

早速、ウェザーニュースのMyScreenも変更、これで天気の変化もバッチリです(笑)

image

果たして、次に星を見に出掛けられるのはどこになるのやら...もうそろそろ自宅の庭だと我慢できなくなってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

結局、レンズ選びは...

この間から考えていた天体写真用レンズ購入ですが、結局こうなりました。

DSCF0919

SIGMAの30mm F1.4 EX DC /HSMです。そしてもうお気付きだと思いますがEOS kiss X2です(汗)

DSCF0921

レンズを購入後、KiissX2を見に行ったら先週16%ポイント還元だったのが20%ポイント還元になっていたのと、KissDXの下取りが27,500ポイントになる話を聞いてこんな事に...「正味3万5千円、がんばって働いているからこれくらいなら良いよね」という心の中の悪魔の声にあえなく負けてしまいました(笑)

とそんなわけであっという間に2代目デジイチとなったわけで、これからいろいろ試しながらkissDXとの比較やら書いていこうかなと思います。

早速、試してみたのはX2購入の動機になったライブビュー機能です。主用途で考えている星はまだ試していないんですが、室内で試してみたところ結構使えます。

2m程先に置いた本の文字で試してみたんですが、ファインダーから見てももちろん文字は見えません。なので本自体でピントを合わせてみたんですが、案の定文字はぼけてしまってました。

で、ライブビューの方ですがこちらももちろん等倍ではモニターで見ても文字は見えません。でも5倍、10倍拡大が可能なので10倍に拡大してみたところ文字が見えるようになり、バッチリピントを合わせることができました。

さらにパソコンと繋いでリモートライブビューと言う機能も使えるので↓のようにノートパソコンのモニタを見ながらピント合わせをすることも可能です。

liveview

もうひとつ、撮影前に使う部分で改良されている点がファインダーから見える像の大きさです。KissDXの0.8倍に対して0.87倍と大きくなっていてファインダー越しの撮影でもいままでよりピント合わせがやりやすそうです。試しにアングルファインダーCを付けてみたところ1.25倍、2.5倍ともにいままでより大きく見れました。

もうひとつの星を撮影していて気になっていた部分で改良されていた点がモニタの表示色です。

KissDXは白地に黒い文字で設定情報が表示されているため、バックライトを暗くしても結構明るく光ってしまっているんですが、X2ではモニタの配色変更ができるようになりました。

DSCF0925

実際暗い場所で見てないので確証はないんですが、これなら夜の撮影時でもおとなしめな表示になるかなと思います。

次にレンズの方の印象ですが、第一印象は結構重いって感じでした。まぁ、いままで今までのレンズが軽いのばっかりだったんでしょうけど装着してみるとずっしり感が。

こちらの購入目的の視野角ですが、風景を撮ってみた印象としては良い感じです。これなら夏の大三角も入りそうな感じです。

明るさもノンストロボの室内撮影でも全然OKなので、きっと暗い星も捉えてくれると思います。光害も捉えてくれそうですが...

以上、ファーストインプレッション(笑)でした。

他にもいろんな改良点があるみたいなので、そのあたりは説明書でも見ながら試していこうと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

SISAY(シサイ) チャリティコンサート

先日花と緑のシンフォニーぐんま2008高崎会場に行ったときにミニライブを見たSISAY(シサイ)のコンサート「シサイ・チャリティーコンサート ありがとう太田」を見に太田市社会教育総合センターに出掛けてきました。

先日の書き込みの時は忘れていたんですが、当日午前中は今取り掛かっている仕事のお客さん向け説明会でさいたま市に出張。正直時間がかかると太田まで行くのは無理かなとあきらめていたんですが、特に問題もなく昼の電車で戻ってくることができ、無事参加することができました。

会場には4時頃到着していただいた整理券番号は107番、チケットの番号から見て250人前後のコンサートのようでした。

今回、現地に行くまで全然ファン層とか気にしていなかったんですけど、現地に行ってみてびっくり。女性率高っ!しかも熟年女性率が...男女比2:8~3:7って感じでした。こういう音楽って女性の方が人気あるんですね。

整理券番号順に入場し、空いている真ん中くらいの席をゲット。いただいたプログラムを見ると2部構成全12曲のコンサートのようです。

Scan10079

定刻になりいよいよコンサート開始、1曲目はサンポーニャの演奏を中心とした静かな曲からはじまりました。「こんな感じの曲ですすむのかな」と思いながら聞いていたんですが2曲目は一転してラテン系の乗りの良い曲。その後もどちらかといえば乗りの良い曲の方が多く、気持ちよく曲に合わせて手拍子して楽しめました。

アンデスの民族音楽って「大昔からの」ってイメージがあって、静かな脚ばかりなのかなって考えていたんですけど、ラテン系音楽と融合している(うまく表現できませんが...)感じなんですね。フォルクローレってジャンルにあたるのかな。

コンサートの方ですが予定していた12曲+アンコール2曲で約2時間、最後の2曲はスタンディングで終わることにはうっすら汗をかくほどノリノリで楽しむことができました。あとでライブDVDも購入しよっと(笑)

花の写真を撮るところからはじまった偶然の連鎖でこういった音楽に出会って楽しむことができる。こういう事があるんで、ますます趣味探しの暴走続けていこうと思っちゃいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

新レンズ検討中

ポータブル赤道儀CD-1+のテストをした際の書き込みでも触れたんですが、新しくカメラのレンズを買おうかと思っています。

先日、EOS kiss X2についても検討していると書いたんですが、優先順位はレンズの方が上で、今の予定ではおそらく購入することになると思います。

理由は先日も書いたとおり、明るくて広角なレンズで星や夜景を撮影してみたいからです。

いろいろ考えてみて今の時点で候補に挙がっているのは、

SIGMA 30mmF1.4 EX DC HSM

Canon EF28mm F1.8 USM

の2種類です。

ちょっと気になるのはどちらの機種も結構評価が両極端に分かれていること、シグマの方は天体写真で使っている感想があまり見つからないことがあり、どうしようかと躊躇しています。

値段を取ってSIGMAにするか、軽さと持っているフィルタを付けられることを考えてCanonにするか...今のところはちょっとだけCanon有利かなと言ったところです。

もうちょっと情報収集してみて最終判断しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

50mmだとやっぱり入らない

久しぶりに雲の少ない夜になったのでまたCD-1+を使って星野写真を撮影してみました。

今回撮影に使用したレンズはEF50mm F1.8IIです。

今回の目的は2つ。ひとつはF1.8のレンズを使うとファインダー越しにどれくらい星が見れるかの再確認、もうひとつは50mmレンズで星座を撮影するとどれくらいの範囲が撮影できるかです。

最初の課題、どれくらい星が見れるかですが2等星くらいまでは確認できました。やっぱりF1.8になるとだいぶ明るくなりますね。星が見えるんでピント合わせもアングルファインダーを使ってすることができました。

印象的にはF1.8でも実用十分な気がするんですけど、F1.4とかだともっとよく見えるのかな...

さて、もう一つの課題の方ですが試しにさそり座はくちょう座を撮影してみました。

_MG_0829_1

さそり座

_MG_0834_2

はくちょう座

ん~、予想はしていましたがやっぱり全体は入らなかったです。

さそり座はしっぽが丸ごと切れちゃってますし、はくちょう座はアルビレオが切れちゃっています。

となるとやっぱり20~30mm前後の広角レンズがあった方がよいかなと言う気がします。

ということでこの結果を踏まえて天体撮影用の新レンズを検討してみようと思います。検討結果はまた改めて書き込むしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

榛名神社 幽玄の杜音楽会

 yugen

昨日、高崎市のHPの観光ページを見たところ、榛名神社の神楽殿を使ったコンサートの紹介が掲載されてました。yugen_2008

そんな行事があること自体全然知らなかったんですが、HPの説明によると1日目はジャズ、2日目はクラシックコンサートが昼夜2回ずつ行われるイベントみたいです。

目下、全力で癒されたがっている自分としてはもう行ってみるしかない(笑)ということで早速申し込んでみました。

クラシック、ジャズどっちにするか迷ったんですが、やっぱりここは気になっているサックスの演奏でしょう、ということで24日土曜日夜の回のジャズコンサートに申し込みました。

jazz

チケット代は3,000円ですが門前そば御膳の食事とハルナ温泉スパハウス無料入浴券が付いていると言うことなので正味千五百円くらいでお得なのかなと思います。

先日のシサイのミニライブに続いて未体験のジャンルの音楽体験、今からとても楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

ミニひまわり栽培セット

先日「花と緑のシンフォニーぐんま2008高崎会場で購入してきたミニヒマワリの種をまいてみました。

sunflower

ここのところ仕事が忙しいのと天気が悪くて星で癒されないので、フタに書いてあるようにミニヒマワリにいっぱい元気をもらおうという訳です。

といっても芽が出るのに20日くらいかかるみたいなんで、それまでに自分が枯れてしまうような気もしますが...

DSCF0912

これからはブログのネタに困ったらミニヒマワリ観察日記でも書いてしのごうかと思います(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ65cm望遠鏡講習会

今日5月14日からぐんま天文台で6月14日に行われる望遠鏡使用資格取得講習会の申し込みがはじまりました。

思い起こせば去年7月28日に初めて天文台に出掛けて、65cm望遠鏡でいろいろな星を自由に見てみたいと思ってから1年弱かけて移動式望遠鏡、観察用望遠鏡とステップアップして、いよいよ最終目標の65cm反射望遠鏡です。

65cm反射望遠鏡の写真

当初は仕事の都合などで参加できなくて、取得まで時間が掛かるかなと思っていたんですが、なんとか今回の講習会も参加できそうな感じです。

講習会が6月なので実習で星が見れるか心配ですが、これで今年の夏の星空をよりいっそう楽しむことができそうです。

はやく6月にならないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

ラストチャンス

去年の書き込みで紹介した「惑星ぜんぶ見ようよ」キャンペーンですが、いよいよ5月31日で終了を迎えます。

「惑星ぜんぶ見ようよ☆」ロゴ

このキャンペーンは太陽系の惑星8つを肉眼、望遠鏡どちらの方法でも全部見てみようというもので、見た星の数に応じて認定証が発行(PDFですが)されます。

 

  • ブロンズ認定証: 「地球」と「金星」「火星」「木星」「土星」の5個を観察した場合
  • シルバー認定証: さらに「水星」を加えた6個を観察した場合
  • ゴールド認定証: 「天王星」「海王星」も観察して8惑星をぜんぶ見た場合
  •  

    自分の場合、去年水星をのぞいた7つの惑星を見てブロンズ認定証を持っているんですが、その後水星を見る機会がなかなか無く、このままでは完全制覇できなそうな感じです。

    残されたチャンスは明日5月14日の東方最大離角の前後で日没後の西の空に見ることができます。同じくらいの高さにシリウスがあるので天気が良ければ見つけやすい様な気がします。

    image

    で、問題の天気ですがこれがまた微妙でして、高崎の週間予報はこんな感じになっています。

    image

    「ときどき晴れ」って要は曇りがちって事ですよね...

    果たして夕方西の空が晴れる日があるのか、そして晴れていても見つけることができるのか。もし高崎で見られないようなら、ドライブがてら天気が良く見通しがきいて空気がきれいな場所にでも出掛けてみようかなと思ってます。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2008年5月12日 (月)

    EOS Kiss X2

    先日、星野写真撮影に使うレンズの価格調査にビックカメラに行ってきたついでに、EOS Kiss X2に触ってきてちょっと心が揺れてきています。

    いま私が使っているカメラはEOS kiss Digital XというX2から見ると1世代前に当たる製品です。1世代前とはいっても自分からしたらとてもきれいな写真が撮れるし、他の方が見ればうまく写真が撮れていないのは腕の問題というのも重々承知してます。

    では、なんでX2?という理由ですが、これは星の写真を撮るときの使い勝手だったりします。

    実は今の自分の持っているレンズだとファインダー越しに星を見ることがあまりできません。なぜかというとレンズにはF値というものがあり、この数字が少ないほど光を通すことができるという数字です。

    自分の持っているレンズは

    EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS

    EF-S55-250mm F4-5.6 IS

    EF50mm F1.8 II

    の3本なんですが、このうち星を撮るのに使っているのは一番上のEF-S18-55mmです。このレンズのF値はF3.5-5.6なんですが。このレンズで撮影しようとすると一等星もあまり見えません。

    _MG_0820

    例えばこの写真だと、3つの一等星が映っているんですが、この写真を撮影したときファインダー覗いてみるとほとんど真っ暗でした。

    ならばということでレンズをEF50mm F1.8 IIに替えてみると、結構ファインダー越しでも星が見えるようになるんですが撮影範囲が狭くなってしまい、大きめの星座(オリオン座など)は全部が映らなくなってしまうんです。

    そんな訳で撮影するときはだいたいの方向を向けて、撮影してみた結果を見て微調整という使い方をしているんですが、ここでまた問題が...なかなかピントが合わせられないんです。

    一眼レフだと実際にファインダーに見えているものにピントを合わせるんですが肝心の星が見えないので、撮ってピントを微調整の繰り返しになってしまっています。

    そんな事が繰り返されるので1つの構図で写真を撮影するのに時間が掛かること掛かること...今度からはPCも持って行って確認しようと思っているくらいです。

    そんなことがあって最初に書いたようにレンズ探しを始めた訳なんですが、ピント合わせという点に関してはX2のライブビューという機能を使うと撮影を行わなくても位置あわせやピント調節ができるみたいなんです。

    ライブビューの機能については↓のリンクで解説ムービーを見ることができます。簡単に言うと液晶モニターでピント調節などができる機能です。ピント合わせの際に10倍までのズームができるので星のピント合わせにも使えるかなと思っています。

    image

    また、ファインダー倍率もEOS Kiss Digital Xの約0.8倍から約0.87倍にアップしてるようなのでいまのカメラより若干ですが見やすくなるのかなと思います。

    まぁ、そんな感じで撮影能力には全然関係ない部分なので、正直どうしようか悩みどころなんですが、今の時点だと下取り価格もそこそこの値段なので一度査定してもらって決めようかなと思っています。

    たぶん、そのポイントでレンズも...という流れになると思うのでゴールデンウィークの残業代はカメラに消えていくことになりそうです。

    まぁ、がんばった自分へのご褒美って事で(笑)

    | | コメント (3) | トラックバック (0)

    2008年5月11日 (日)

    45,46鞍目 ジンクス

    今日は3週間ぶりに乗馬クラブに出掛けてきました。仕事が山場だったんで間が空いちゃったんですけど、先週末くらいからはストレスもたまっていたこともあって早く乗りに行きたくてしょうがなかったです。後になってから、一鞍だけでも平日に入れておけば良かったかなと思いました。

    さて、今月もジンクスで4鞍の予定です。今日は朝はザーザー降りだったんでどうしたものかと思ったんですけど、クラブに着く頃にはほとんど雨がやんでいてレインコートなしでOKでした。

    DSCF0909

    今日のジンクスは前のレッスン(2鞍)に出ていたため、鐙を合わせる以外馬装はなし、天気が悪かったので参加人数をF先生に聞いてみたところ自分を入れて2人(もう一頭はダイワスキャン)とのことでした。

    角馬場は予想通り水たまりだらけだったので、まずはゆっくり常歩から。その後は速歩につながる常歩に挑戦しました。どういう事かというと、脚扶助で馬をその気にさせて、手綱でブレーキをかけるといった感じです。F先生曰く、「首が揺れるようになれば良い感じですよ」とのことです。

    じつは前回も同じ事をやったんですが、そのときはあんまり手応えがありませんでした。でも、今日はジンクスの機嫌が良いのかそれっぽい状態にすることができました。

    軽速歩で指摘されたのは前回同様、こぶしの位置で、どうしても上に上がってしまうみたいです。それと軽速歩になると馬の首の動きに合わせて手綱を張ることができなくなっているみたいでこの2点についてアドバイスを受けました。

    そして、15分の休憩になったところで近くにいたM先生に脚扶助に関して質問攻め。足の向きやかかとの位置についてあれこれ質問してました。

    後半の初心者駈歩ですが人数が増えて5頭立て、予想外だったのは「ジンクス先頭で」と「5頭まとめてやりますね」というM先生のお言葉...ジンクスお疲れ気味だけど走ってくれるかなと思いつつ速歩を始めたんですがやっぱりあんまり速度が出ませんでした。

    するとM先生が「腹鞭ってやったことありますか?」、見たことも聞いたこともないんですけど...「じゃあ、やってみましょう」

    手綱を片手でもって鞭を横に向けた後お腹に鞭を打つんですが、やってみたら反応大。こんなやり方もあるんだって感じでした。あとで聞いてみたら鞭を横に向けるのは馬に鞭を見えるようにするのが理由とのことでした。たしかにその時点でちょっと速度上がっていたような...

    駈歩ですが今回は5頭立て3本+1頭づつ1本という豪華バージョンでした。しかも5頭立ては結構長く駈歩が続くので楽しいんですけど体が...(汗)

    駈歩の中で指摘されたのはやっぱり脚の使い方。つま先が上がってしまうこと、内方脚が馬から離れてしまい扶助ができなくなってしまうこと、毎度のことなので意識はしているんですけどなかなか直らないんですよね...

    そんな感じでいつもより体力使ったレッスンでした。すでに筋肉痛が...

    レッスン後、M先生と今後の進め方について話をしましてそろそろ限定会員から正会員に変更をしようと言うことになりました。今後も仕事がだいぶ立て込みそうなんですけど、ストレス解消に平日に一鞍乗るだけでもだいぶ気分転換できるので、平日料金がいまの半額くらいになる正会員にという目論見です。

    ということで来月からは休日4鞍+平日4鞍のペースを目指してやっていこうと思います。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2008年5月10日 (土)

    また雨...

    今日は本当ならぐんま天文台の移動式望遠鏡の占有使用の予定だったんですが、あいにくの雨で残念ながらキャンセルとなりました。

    これで2月の講習会の雪、4月の観察用望遠鏡占有使用の曇りと3回連続の天候不順です。ん~、実は雨男だったのかなぁ...

    この次の使用予定はおそらく6月14日の65cm望遠鏡講習会になると思うんですが、時期的には梅雨のまっただ中。もしかしたらこのまま梅雨明けまで天文台で星を見ることはないのかなという気もします。

    とりあえず、またダメ元で予約だけはしてみるつもりです。移動式、観察用それぞれ一回づつ予約が可能なので、合わせて2日期待を込めて申し込んでみるつもりです。

    そんな感じで、ここのところ天気に翻弄されているので詳しい天気情報が分かるサービスが無いかなと探してみたところウェザーニュースでMy Chというサービスがあったので試しに登録してみました。

    こんな感じの画面です。

    image

    3カ所までの登録地のピンポイント天気情報が見れるのと、Webカメラ、レーダー、衛星写真など6個の情報表示をカスタマイズできるサービスです。

    わたしの場合は、上の画像の通り第一ポイントがぐんま天文台、第二ポイントが野辺山高原、第三ポイントが高崎ということで完全星見仕様になっています。

    まぁ、こんなコトしてても天気が良くなるわけではないので気休めにしかならないんですが、そろそろきれいな星空を見ないとストレスが....

    来週末こそはなんとか晴れてくれることを祈って、トップ絵をてるてる坊主に変更してみます。

    | | コメント (4) | トラックバック (0)

    2008年5月 9日 (金)

    続・CD-1+撮影テスト

    先日の書き込みでポータブル赤道儀CD-1+で撮影した北斗七星の写真をアップしたんですが、翌日から今日まで出張でブログの更新ができなかったので他の写真を何枚かアップしてみます。

    まずは最初に撮影した南の空の写真です。

    _MG_0812

    Canon EOS Kiss Digital X 60秒 F5.0 ISO400

    画面左側の方が明るいのは雲がかかっているのと、写真左側方向に高崎の市街地があるためです。

    撮影したときに星図を持っていなかったんで、その時点ではなんの星座を撮ったか分かってなかったんですけど、後で調べてみたところ撮影したのはさそり座(といってもしっぽが映ってませんが...)でした。中央少し下のオレンジ色の明るい星が一等星のアンタレスです。

    それ以外にもてんびん座やへびつかい座の一部も映っていました。てんびん座は場所も形も覚えてなかったので写真に撮れてて得した気分です。

    参考として写真と同じ範囲の星図を下に貼っておきます。

    sasori

    そして次に撮影したのが東の空です。この写真も右下の方が明るめなんですが、理由は同じく東南方向の市街地の明かりです。

    _MG_0820

    Canon EOS Kiss Digital X  60秒 ISO400 F5.0 21mm

    こちらは夏の大三角を撮影してみました。中央左寄りの十字を中心とした星座がはくちょう座、中央上の一等星ベガとその右下にある小さな平行四辺形がこと座、右下にある小さな平行四辺形がいるか座です。

    こちらも参考として星図を貼っておきます。

    triangle

    星図と見比べてみて見つけたのが右側にあるや座、夏の大三角は結構見てましたけどいままで気がつきませんでした(汗)

    といった感じの写真が撮影できました。

    今回撮影で感じたことですが、できるだけ広角で撮影しようとして持っているレンズのうち一番広角なEF-S18-55mm F3.5-5.6 ISを使うとファインダー越しにほとんど星を見ることができません。前回の写真がピンぼけだったのもそれが原因の一つかな(もちろんそれだけじゃないですが...)と思います。

    で、ちょっと考え始めたのが広角でF値の高いレンズをひとつぐらい買っちゃおうかな...と言ういつもの物欲(笑)です。

    今のところ考えているのが、

    Canon:EF24mm F2.8、EF28mm F2.8、EF28mm F2.8

    SIGMA:30mm F1.4 EX DC HSM

    と言ったところです。

    とりあえず今度晴れたときは手持ちのレンズで一番明るいレンズCanon EF50mm F1.8IIでどれくらいの違いが現れるのか確認をして、絞り込んでいこうかなと思います。

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2008年5月 6日 (火)

    CD-1+ 撮影テスト

    寝る前に空を見たら雲が無くなってきていたのでちょっとだけCD-1+を使ってみました。

    最初に北極星を探して...雲があって見えない...5分ほど待って北斗七星が出てきたのでそれらしい星を探して極軸望遠鏡で調整をして1分と3分でテスト、下の写真は3分の写真です。

    _MG_0818

    おー、全然流れてない。ピントが合ってないけど...(汗)

    星が玉になってしまってますがそれはテストとは関係なしということで...

    これで、これからはそのときの天気と気分でいつでも星野写真撮影に行くことができます。明日から約1週間仕事が山場になるんですがこれを乗り切ればちょっとは時間の融通が効きそうなんで、来週にでもまた野辺山あたりに行ってみたいなと思ってます。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2008年5月 5日 (月)

    花と緑のシンフォニーぐんま2008 高崎会場(おみやげ編)

    ライブが終わって会場の裏にある売店に直行、目的は...HPで見かけた上州名物焼きまんじゅう味スナック↓だったんですが...

    DSCF0908

    売店にヤツがいるのを忘れていました。

    DSCF0903 

    もはや冷静に見ると、なんのぬいぐるみなんだかさっぱりわからない(ハチだそうです...)ゆうまちゃんですが、ついつい購入してしまいました(汗)一体どこに置いとけばいいんだろう...

    さらに...

    DSCF0905

    携帯にゆうまちゃんストラップ付けてるオヤジがいれば私ですので見かけたら「心の中でだけ」笑ってやってください。

    ちなみにちゃんと花関係のおみやげも買ってきました。

    DSCF0907

    ミニひまわりに元気をもらって頑張っていこうと思います...

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    花と緑のシンフォニーぐんま2008 高崎会場(アンデスの風 シサイ ミニライブ)

    もてなし広場でひととおり花を見たので会社に行こうかと思ったんですが、会場内のステージでSISAY(シサイ)というグループのライブがはじまるようだったので、休憩を兼ねて聴きに行ってみました。

    IMG_0771

    アンデスの風というサブタイトルからわかるように南米の民族音楽のグループです。HPによると日本やアジアで活動しているとのことです。YOUTUBEに動画があったので気になる方は見てみてください。

    南米の音楽を生で聴いたのは初めてだったんですが、聴いているとなにか自然に囲まれているような気持ちになってとても安らいだ気持ちになりました。また、別の曲ではとても気持ちよく手拍子を打って楽しむことができました。さすがラテンって感じですね(笑)

    IMG_0772

    IMG_0779

    ライブ後、物販があると言うことだったので、さっそくCDを購入してきました。ベスト盤があったのでこちらを購入しようと思ったんですが、となりのCDのPOPに「コンドルは飛んでいくはこのCDに収録されています」といった感じの説明が...

    まぁ、そんなわけで2枚買ってしまいました。ベスト盤は2枚組なので枚数で言うと合計3枚ですね(汗)会社に行ってから全部聴いてみたんですけど、とても良かったです。キーボードたたくペースが速くなったかも(笑)

    CD購入者はサインがいただけるようだったので、ベスト盤の方にお願いしてきました。

    DSCF0900

    先月の星のお兄さんのDVDと言い、なんか行動がミーハー化しているような気が...

    CDと一緒に入っていたチラシによると5月17日に太田市でコンサートがあるようなので都合が合えば行ってみようかなーと考えてます。

    といったところでシサイ編はここまで。次の書き込みではそれ以外のことを書こうと思ってます。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    花と緑のシンフォニーぐんま2008 高崎会場(花編)

    今日は休日出勤だったんですが天気が良かったので、途中で高崎市役所に寄って「花と緑のシンフォニーぐんま2008高崎会場に行ってみました。

    IMG_0803

    先日のみさと芝桜公園同様、渋滞に巻き込まれたくなかったんで早めに出掛けたせいか、あまり人も多くありませんでした。早起きは三文の得ってやつです。

    高崎会場は上の写真のもてなし広場がメイン会場で、手前にある群馬音楽センターと市役所、高崎公園にも花壇がたくさん作られていました。

    IMG_0712

    今回も花の名前を覚えるためにいっぱい写真を撮りまして帰ってきてみてみたら100枚以上も撮影してました...絶対覚えきれないですけどね...

    今回はその中から星に関わりのある花の写真を紹介しようと思います。

    まずはこの花、「クリサンセマム・ムルチコーレ」です。

    IMG_0710

    どこが星に関係あるかというと、この花の品種名が「ムーンライト」なんです。小さいんですが柔らかい黄色のきれいな花でした。

    もう一つの花はこちら、「ボリジ」です。

    IMG_0759

    こちらは見ての通り、花が青い星形の花なんです。

    以上、星に関係のある花紹介でした。

    今回撮った花の写真はオンラインアルバムZORGというサイトにアップしてあります。ブログに貼ってある写真より高解像度なので良ければ見てください。

    ちなみに今回のタイトルが「花編」となっている理由ですが、このあとステージイベントとグッズショップでの話と続いていくからなんです。

    ということで続きは次の書き込みで~

    IMG_0767

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2008年5月 3日 (土)

    CD-1+届きました

    出張から戻ってきたら、先日注文したアイベルの赤道儀CD-1+がもう届いていました。在庫があるとは聞いていましたが商品代金を振り込んだのは昨日なのでちょっとびっくり。今日はあいにくの雨だったのでとりあえず試しにカメラと極軸望遠鏡を取り付けてみました。こんな感じ↓です。

    DSCF0895

    実際はこれを三脚に乗せて撮影します。

    使い方ですが、最初に赤道儀の向きを北極星の方向に合わせます。

    DSCF0897

    標準では写真の白いパーツの左上の方にあるパイプの穴を覗いて北極星をそこに入れるんですが、ちょっと使いづらそうだったので今回は極軸望遠鏡というオプションパーツも合わせて購入しました。写真右側に取り付けてあるパーツです。

    こちらの方はちょっとした望遠鏡になっていて中を覗くとこんな感じの絵が見えるようになっています。

    DSCF0896

    最初に北斗七星またはカシオペア座の角度に合うようにこの絵を回転させて、その後中心左側にあるPolarisと書かれた○の中に北極星をいれると調整完了というわけです。

    その後は電源をセットすると最初の写真の白いパーツ上の黒い円盤が星の回転速度に合わせてゆっくり回転して長時間撮影していても星が流れない写真が撮れるという原理です。

    どうやらしばらく曇りがちの日が続きそうなので実際に撮影できるまで時間がかかりそうですが、撮影できたら写真をアップする予定です。

    はやく晴れないかなぁ...

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2008年5月 1日 (木)

    久しぶりに流星群を

    昨日からまた岐阜に出張に出てましてホテルから書き込みしてます。出張は明日までなんですがそのあと5月6日から別の出張がありその準備でゴールデンウィークは全滅の予定です(泣)

    だからといって忙しいことを理由にして何もしないのもしゃくなので連休中の天文イベントとして「みずがめ座η流星群」を見てみようかなと企んでます。

    image

    ピークは5月6日の朝3時ってことなので、残念ながらその時間までは見れないんですが、夏の星座探しのついでって感じでどこか近くで空を眺められればと思います。

    実は先日ポータブル赤道儀CD-1+を注文したので、うまくすれば使用レポート(って程ではないと思いますが)も書けるかなと思います。本格的に使用するのは今の作業の区切りが付く5月後半になりそうなんですけど、そのときはあちこち足を伸ばしてこんな感じのきれいな星景写真(星と風景を一緒に撮影した写真)に挑戦してこようと思ってます。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »