« 新潟で星がきれいな場所 | トップページ | 榛名神社 幽玄の杜音楽会 「堤智恵子 オールレディース・カルテット」(その1) »

2008年5月21日 (水)

EOS kiss X2 ファーストショット (その1)

出張から帰ってきたら台風一過?で晴れていたので、勢いで撮影テストに出掛けてきました。場所は近場で光害が少なそうな場所ということで伊香保森林公園にしてみました。

IMG_0071

残念ながら?見ての通りの満月だったので、あまりたくさんの星を見ることはできませんでした。特に南の空の星は全然ダメだったので北斗七星や一等星を使って撮影テストをしてきました。

カメラのこと、レンズのこと、赤道儀のこととそれぞれ書きたいことがあるんですが、全部書いていると明日の朝起きられなくなりそうなので、まずは新カメラEOS kiss X2のことを書いていこうと思います。

真っ先に試してみたのはライブビュー...と行きたいところですが、まずは今まで通りファインダーからのピント合わせに挑戦してみました。といっても天体撮影の際はいつもアングルファインダーCを利用しているので、今回もそれを装着した状態での感想です。

比較のため、もともと持っていたEF-S55-250mm F4-5.6 ISを使って見たんですが、思いのほか星が見える...ファインダーが改良されてサイズが大きくなったせいなのかなと思っていたんですが、よくよく考えてみると一つ重要な事実が...

アングルファインダーで天体撮影したのって、いままでほとんど自宅だった気が...もしかして、その条件だと見えなかったのかも...(汗)

話を戻しまして、アングルファインダーを利用すると通常で1.25倍、拡大表示で2.5倍表示にできるんですが、2.5倍で表示しながらピント合わせをやってみたところ結構良い感じに合わせることができました。これならライブビュー無くても良かったかも(笑)

続いていよいよライブビューを使ってのピント合わせに挑戦、まずは等倍モード。んー真っ黒です(汗)星は暗さと小ささで映らないみたいです。つづいて5倍モードに切り替え、だいたいの位置をファインダーで確認して方向キーを使って位置を移動させると星を発見。さらにその位置で10倍モードに切り替えてみるとさすがにぼけています。で、ピントをちょっとだけ調整してみると、しっかり点になります!これは便利、前言撤回です(笑)これがあればPC接続しなくても大丈夫そうな感じです。

ということでピント合わせをして撮影した写真が↓の2枚です。

今まで撮影した写真とちょっと違いますよね~

IMG_0045

moon

そんな感じでライブビュー機能、天体写真撮影にはとても便利な機能です。これだけで買い替え金額の元はとった気分(笑)

とりあえず今日はここまで、続きはまた明日書こうと思います。

|

« 新潟で星がきれいな場所 | トップページ | 榛名神社 幽玄の杜音楽会 「堤智恵子 オールレディース・カルテット」(その1) »

写真」カテゴリの記事

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47553/41272895

この記事へのトラックバック一覧です: EOS kiss X2 ファーストショット (その1):

« 新潟で星がきれいな場所 | トップページ | 榛名神社 幽玄の杜音楽会 「堤智恵子 オールレディース・カルテット」(その1) »