« 47,48鞍目 ジンクス | トップページ | 日本一の朝プロジェクト »

2008年5月26日 (月)

EOS kiss X2 ファーストショット (その2)

やっぱり平日夜に星見は翌日に響きました。これからは気を付けないと...

ということで先日の続きを書こうと思います。

今回、ライブビューを使ってはピント合わせがちゃんとできたので、CD-1+の精度がどれくらいなのかテストしてみました。

まずはCD-1ではなくてCD-1+を購入した理由、0.5倍速の星景写真モードを試してみました。

IMG_0048

露出時間 : 60秒 ISO感度 : 100 絞り値 : F1.8 焦点距離 : 30(mm)

見ての通り、ちょっと露出しすぎで若干星が流れています。説明書ではそもそも焦点距離18mm以下のレンズでISO感度800を推奨しているので、テスト方法に問題があったような...今度はEF-S18-55mm F3.5-5.6 ISを使って条件を合わせてテストしてみようと思います。

もうひとつ試したのは持っている望遠レンズEF-S55-250mm F4-5.6 ISの最大望遠での誤差を見てみました。

IMG_0049

露出時間 : 60秒 ISO感度 : 100 絞り値 : F5.7 焦点距離 : 250(mm)

みたところ1分くらいなら流れずに撮影できそうです。となれば普通の星をとってもあまり変化がないので撮影可能な二重星、北斗七星にあるミザールとアルコルの撮影に挑戦してみました。

IMG_0051
明るい方の星がミザール、ちょっとくらい星がアルコルです。ちなみにリンク先を見ると書いてあるんですがアルコルは北斗の拳で死兆星と呼ばれていた星だそうです。知らずに見てしまった...

最後にはくちょう座のアルビレオが撮影できるか挑戦してみました。こちらは2つの星の間が狭いので見ての通り2つ星がありそうなんだけど...くらいにしか写りませんでした。

IMG_0053

ここまで撮影したところで0時を回ったので翌日のことも考え撤収、帰りは榛名湖を通って戻ってきたんですが、途中の道に「榛名湖メロディーラインスタート!!」と言う標識が。なんだろうと思いつつ走っていると、なんか「静かな湖畔の森の影から~」って音楽が聞こえてきた...なんでも舗装の仕方で音程をつけているみたいです。榛名湖に行かれる方は伊香保方面からだけ聞けるようなので気にしてみてください。ちなみにニコニコ動画にアップされていたので貼り付けておきました↓

とりあえず、次回は広角での星景写真モードのテストに挑戦してみようと思います。次はもうちょっと公害のない場所に行きたいな。

|

« 47,48鞍目 ジンクス | トップページ | 日本一の朝プロジェクト »

写真」カテゴリの記事

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47553/41319160

この記事へのトラックバック一覧です: EOS kiss X2 ファーストショット (その2):

« 47,48鞍目 ジンクス | トップページ | 日本一の朝プロジェクト »