« 榛名神社 幽玄の杜音楽会 | トップページ | 新レンズ検討中 »

2008年5月15日 (木)

50mmだとやっぱり入らない

久しぶりに雲の少ない夜になったのでまたCD-1+を使って星野写真を撮影してみました。

今回撮影に使用したレンズはEF50mm F1.8IIです。

今回の目的は2つ。ひとつはF1.8のレンズを使うとファインダー越しにどれくらい星が見れるかの再確認、もうひとつは50mmレンズで星座を撮影するとどれくらいの範囲が撮影できるかです。

最初の課題、どれくらい星が見れるかですが2等星くらいまでは確認できました。やっぱりF1.8になるとだいぶ明るくなりますね。星が見えるんでピント合わせもアングルファインダーを使ってすることができました。

印象的にはF1.8でも実用十分な気がするんですけど、F1.4とかだともっとよく見えるのかな...

さて、もう一つの課題の方ですが試しにさそり座はくちょう座を撮影してみました。

_MG_0829_1

さそり座

_MG_0834_2

はくちょう座

ん~、予想はしていましたがやっぱり全体は入らなかったです。

さそり座はしっぽが丸ごと切れちゃってますし、はくちょう座はアルビレオが切れちゃっています。

となるとやっぱり20~30mm前後の広角レンズがあった方がよいかなと言う気がします。

ということでこの結果を踏まえて天体撮影用の新レンズを検討してみようと思います。検討結果はまた改めて書き込むしようと思います。

|

« 榛名神社 幽玄の杜音楽会 | トップページ | 新レンズ検討中 »

写真」カテゴリの記事

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47553/41211945

この記事へのトラックバック一覧です: 50mmだとやっぱり入らない:

« 榛名神社 幽玄の杜音楽会 | トップページ | 新レンズ検討中 »