« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の9件の記事

2008年3月25日 (火)

39,40鞍目 ダイワスキャン

先週に引き続き、日曜昼の初心者複合+駈歩に参加してきました。

いつもどおりレッスン開始40分くらい前に乗馬クラブに着いたんですが、現地に着いてから今週は行事の都合で45分遅れと言うことに気がつき、空いた時間を利用して厩舎をぶらぶらしながら写真撮影。

レッスンに出ていなかったサチを眺めたりしながら時間を過ごしているたところにM先生がやってきたんで、そろそろ馬を出すのかなと思っていると「サチが足(肩だったかも)を痛めちゃったんで別の馬でお願いできますか」と予想外の事態が...話によると前日に痛めたらしく無理をさせると我慢の限界が来たときに切れてしまうと言うことでチェンジすることにしました。

代わりに乗ることになったのはこの馬、

Dscf0828

そうです、今週もスキャンです。なんだろう、なにかの意志が働いているような...この後頭絡付けるときはいつも通りの一苦労、振った顔が横っ面に激突というサービス付きでした。

レッスンですが前半では立ったままの状態での方向転換を行ったんですが、これが難物。しばらくやっていなかったんで自分でも忘れていたんですが、実は常歩しながらあまり立っていられないんですよね。今回M先生からの指導は「お腹を出すようにして」「肩を後ろに下げて」「かかとを下げて」。2個目まではできるんですけどかかとを下げるとお尻がペタリ...自己分析すると足首がかたくてかかとを下げると足全体が後ろに傾いてしまうのが原因なのかなと思います。これも柔らかくしなくちゃ。

後半の駈歩では4頭で走っていたんですが、軽速歩していて前のジンクスの外側(スキャンに乗るときはほとんどジンクスの後ろでM先生からは横に並んでも良いですよと言われます)を走っていたところ、

「ジンクス抜いちゃってください!」

「え?抜いちゃって良いんですか...」

ということで初めて並走&追い抜きしました(笑)とっても気持ちよかったです。

まぁ、そんな感じで本題以外で楽しめたレッスンでした。

とりあえず今月はこれで終了、レッスン後に来月の専用馬についておそるおそる(状況的にスキャンかなぁと思いつつ)M先生に相談してみました。

「ん~そうですね、来月は...」

Dscf0826

「ジンクスにしましょう」

あれ、予想外...ということで4月の4鞍はジンクス月間と言うことになりました。レッスン前になんか元気いっぱいで馬装できず、そのまま馬場につれていかれているのを見た(あれがguusanさんの言うお子ちゃま帰りなのかな)後なのでなんか不安はあるんですが、頑張ってみようと思います。

きっとますます駈歩出せないんだろうなぁ...

追記

乗馬クラブで撮った写真をマイフォト(ブログの右側真ん中辺くらい)に追加していってますので見てみて(もしくは教えて(汗))ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

はるな梅林

Img_0540 

今日は天気も良かったのでちょうど満開になっている梅の花の写真を撮ろうとはるな梅林に出かけてきました。本当は木曜日に出かけるつもりだったんですがあいにく雨、ですが今日はとても良い陽気だったので結果オーライってとこです。

はるな梅林までは車で15分くらい、もともと安中の秋間梅林が有名なことは知っていたんですが、先日高崎駅で見た梅林マップによるとどうやら高崎市は東日本一の梅の産地みたいです。まぁ、榛名と箕郷と合併したからねぇ。

梅の花ですが白梅は満開、紅梅はこれから満開といった感じでした。山一面が梅の花でとってもきれいでした。また、天気が良かったので梅の花を見上げながら空の青とのコントラストを楽しむことができました。お手軽なお出かけコースなので毎年いってみようかなと思います。

写真の方ですが今回はズームレンズも使って撮影してみました。一眼レフの本領発揮といった感じで後ろをぼかしたりしてお気に入りの写真がいっぱい撮れました。

ということで何枚か載せときますので見てやってください~

Img_0531_2

Img_0537

Img_0550

Img_0543

追記

撮影した花の写真をマイフォトに追加していってます。名前が分かったものを登録してマイ花図鑑にしてみる計画なんですがさっそく分からない花があるのでご存じの方は教えていただけると助かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポータブル赤道儀

そろそろ暖かくなってきたので、春の星座の写真でも撮りにどこかに出掛けてみようかなと思ってます。候補地は毎度おなじみの野辺山か倉渕にあるわらび平森林公園キャンプ場を考えているんですが、その際にポータブル赤道儀を購入して持って行こうかどうか悩み中だったりします。

Dscn1394_4

ポータブル赤道儀というのは星の写真を撮影する際に三脚に取り付けて使用するパーツ(上の写真の白い箱の部分)で、これをつかって写真を撮ると長時間シャッターを開いていても星が流れない写真がとれるというものです。

下の2枚は1月にぐんま天文台に行ったときに撮った写真なんですが上の写真が三脚にカメラを固定して撮影したもの(固定撮影)、下の写真が赤道儀を利用して撮影したもの(ガイド撮影)です。

_mg_0417_3

_mg_0422_3

自分が元々撮りたかった星の写真はガイド撮影の写真なんですが、カメラとは別に赤道儀まで購入する予算がなかったため、撮影したくなったら天文台の赤道儀(60万円くらいのものです)使えばいいやと考えていました。

でも、実際に自分で赤道儀で撮影してみると、「星のきれいな場所に出掛けて撮ってみたいな~」と言う気持ちが強くなってくるんですよね(笑)

ということで検討開始、ポータブル赤道儀と言ってもピンキリなんですがそんなに予算もないのでこれにしてみようかと思っています。

アイベル CD-1+(34,800円)
Cd1

他のポータブル赤道儀は6~9万円程度するんですがCD-1は半分強のお値段、その分精度は他の製品より落ちそうなんですが、私の場合広角でしか撮影する予定がないのでこれで十分かなと思っています。

本当はTOASTという新製品(下の写真)も気になっていたんですけど発表されたお値段が約9万円なので候補から脱落...見た目かっこいいんですけどねぇ...

Toast_3

まだ最終判断はしてないんですが、きっと来月くらいには購入記を書いていることでしょう(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

36,37鞍目 サチノドラゴン、38鞍目 ダイワスキャン

今日も先週に続いてサチノドラゴンで初心者複合+駈歩のレッスンです。

受付の時に前回H先生に教えてもらったお昼過ぎの初心者駈歩の参加人数を見てみると今回も3人しか書いていなかったので、飛び込みで一鞍追加を入れてから洗い場に向かいました。

今日は陽気が良かったせいか洗い場に出した時点からサチは眠そうだったので、写真を撮ってみました。

Dscf0816

眠そう、と言うかほぼ寝てるし...

今回のレッスンはもともと7名参加で馬も出してあったんですが時間になっても馬のところに来ているのはなんと3人!M先生がおもわず「あれぇ~」と叫んじゃってました。

結局ぎりぎりで2名の方が来て5名でのレッスンになったんですが、ここのところ8頭とか9頭でのレッスンになれていてのでなんかとっても空いている感じでした。常歩しながら「これなら追加レッスン入れなくても良かったかなぁ...」とちょっとだけ後悔。

ここのところ毎回M先生に指摘されているのは足の体勢?だったりしてまして、直さないといけないことが

1.鞍に内腿をくっつける

2.ふくらはぎもくっつける

3.足首の角度を直す

なんですが、これをやろうとすると自ずと力が入っちゃうんですよね。というか力入れても1から3まで同時に実現できないんですが...

で、力みつつなんとかしようとしていたら追加命題が...

4.力を入れない

ますます難しくなってきた...(汗)

まぁ、先週、今週とも筋肉痛になるくらいなんで余計な力が入っているのは確かなんですけど、ん~どうしたものやら...スポーツクラブで下半身強化でもして余裕を持って望んだりすれば違ってくるのかなぁ。

前回同様駈歩の待機中に近くにいたS先生にも相談してみたんですが、M先生と同じく「駈歩になるとガチガチですねぇ」とのこと、数乗って慣れるしかないのかな。

2鞍が終わっていったん洗い場に戻ったところでサチは別のレッスンへ。ということは追加で申し込んだS先生の初心者駈歩は初めての馬の予感~

で、聞いてみたところ...「ダイワスキャンです」

おでこの傷を目印にしてたんで最初気がつかず...ホント乗った馬くらいは見分ける力を付けなくちゃなぁ...

久しぶりにスキャンに頭絡を付けた(今日は比較的頭を下げてくれたような)ところでまわりを見ると、今度は自分と男性ひとりだけ...、なぜだか今日はキャンセルいっぱいみたいです。

そんなわけでレッスンはウーロンにのる男性の方と2頭のみ、発進・停止、軽速歩と馬を慣らしてから一人づつじっくりと駈歩の練習をしてきました。スキャンですがやっぱり今回も駈歩でそうで出ない状態...扶助が悪いんだろうなぁとは思うんですけどうまく出せたときのイメージがはっきりしなくて再現ができないんですよねぇ。

一方、ウーロンの方は歩き出しからいきなり駈歩が出るくらい、端から見てると簡単に駈歩が出ていました。最初はウーロンって駈歩でやすいんだなぁと思ってましたけど、もしかして乗っている人間の技術の差なのかも...とちょっとへこみつつ駈歩している様子を眺めていました。

終了後鞍を片付けにいったところ、いびきが聞こえてきたので馬房を見ると馬が横になって寝ていたのでここでも1枚、

Dscf0817

この状態からどうやって起きるのかぜひ一度見てみたいと思いつつ、スキャンを馬房に戻してレッスン終了となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10,000アクセス達成

昨日、ブログのトップページのアクセスカウンターが10,000を突破しました。ブログを書きはじめてから8ヶ月弱、もともとチャレンジしたことを忘れないため日記代わりに書き始めたブログですが、思いがけず乗馬や星のことなどいろいろな方からアドバイスを頂くことができ、書いてみてよかったなと思っています。

趣味さがしの日々ももうすぐ丸一年、春をすぎれば2週目の夏に入っていきます。去年遣り残したこと、新しく気になっていること、そしてもちろん継続してやっていこうと思っていることについてこれからも思ったことを書いていこうと思っています。

ということでちょこちょこ見ていただいたりコメントいただいてる皆様、これからも大して進化していくことはないと思いますが、今後ともご愛顧よろしくお願いしまーす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

ぐんまフラワーパーク「スプリングフラワーショー」

  Img_0435

乗馬クラブが終わってお昼を食べてから前橋のぐんまフラワーパークに行ってきました。先日書き込んだとおり花の写真を撮るのが目的です。予想通りカップルとご夫妻と家族連れしかいません(笑)ということでカメラ大活躍でした。

今回見に行った主目的は温室で行われている「スプリングフラワーショー」、一足早く春の花を撮影して予習です。温室内はこんな感じで春の花が植えてありました。

Img_0480

今回写真を撮って思ったのが「一眼レフってフルオートでもこんなにきれいに写真撮れるんだ」ってことです。撮影してるときはアングルとか絞りとかあんまり考えずに撮っていたんですけど帰ってきて見てみたらびっくり、腕がなくても結構いけるもんなんですね...

ということで何枚か気に入った写真を載せておきます。なんの花かは追々...ということで(汗)

Img_0484

Img_0481_2

Img_0489

Img_0490

ちなみにそとはまだまだ咲いている花は少なかったです。こんな感じ↓

Img_0518

4月頃には桜やチューリップなどきっと満開の花が迎えてくれると期待してこんなものを購入して帰ってきました(笑)最低5回は行って元取らないと...

Img_0524_5

帰りがけに「温泉」の文字があったので寄り道して「あいのやまの湯」という日帰り温泉へ寄ってきました。

Dscf0812

露天風呂が広くて西側の空を見ることができるので日没前後の1時間をのんびり浸かってきました。「星も見れるかも」とちょっとだけ思ったんですがきっと西側は前橋の市街地の光害であんまり見えないんだろうなぁ...

フラワーパークに行ったときにはまた寄ってみようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

34,35鞍 サチノドラゴン

今日は2週間ぶりに初心者複合+駈歩のレッスンに参加してきました。

2週間というとそんなに空いてるわけでもないんですけど、ここのところずっと週一回のペースで通っていたせいかなんかだいぶ空いた感じです。また、仕事が忙しかったこともあり、先週頭くらいから乗りたくってしょうがなかったというのも長く感じた原因かなと思います。

着替えを終わって受付横のソファーでチャップスをつけていると入口をはさんで反対側にいた女性がなにやらブログの話をしてました。最近調べてないけど知っている2人の方(guusanさん、Yamachanさん)以外にも会員でクラブのこと書いてるブログあるのかなぁ...うちもがんばって更新しなくちゃ...と思いつつ洗い場へ。

今日は入りの時間が遅かったので馬装がすでに置かれていてT先生に手伝ってもらって馬装しました。「背中を痛めているので」と言っていたので前回もあった鞍傷のことかなと思っていたんですがM先生に聞いてみたところ、「そっちじゃなく背中全体なんですよ。人間で言うと腰痛みたいな感じですね」とのこと。重いのが乗って申し訳ないと思いつつ騎乗しました。

先日の書き込みで書いたとおり今回のレッスンは数えてみると9頭、軽速歩は大丈夫のなかなと思いつつ乗ってたんですが、結構なめらかにペースアップ...サチもその間ずっと走り続けていたんですけど、もしかしてそれが珍しいからなのかM先生から「途中でも愛撫入れてみてください」との指令があり、何気なくやってみようとしたところ結構難しい...それを見たM先生から「できる余裕があれば」という注釈を速攻いただきました。

今日の軽速歩の反省点はアイルがセレクション(だったかな)のボロを嗅ごうとして急停止したときにその後ろにいたジンクスに突っ込まないように手綱を強く引いてしまってサチがバック...次回からはあわてずに手綱を引きすぎないようにしようと思います。

後半の駈歩は4頭一緒の組で行いまして、駈歩を勝手に出してくれるサチのおかげで気持ちよく乗ることができました。ただ2回とも前のジンクスに追いついてしまって、その状態からどう距離を開けたらいいのかがわからずあたふた...様子を見ていたS先生からもその様子がバレバレだったみたいでその後待機中にアドバイスをいただいてしまいました。

レッスン終了後、2階でノートを書いているところにH先生が来たので今後のレッスンの話やら外乗の話やらを聞いてたんですが、「休日はいつもいっぱいですよね」と話したところ、「今の時間のレッスンは空いてますよ」...「えっと今の時間はお昼休みでは?」と聞いてみたところ今月からスケジュールが変わっているとの話でした。

外を見るとなんと角馬場1名で駈歩レッスン中...うわ、予約入れとけば良かった...

そんな感じで今回で延び延びになっていた2月分の専用馬枠が完了、来週日曜から3月分のサチノドラゴン月間(といっても4鞍ですが)開始です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

花の名前

デジカメを買うときの購入理由にも書いたんですが、自分がデジカメで撮りたい被写体はすでに撮影した夜景・星空に加えて花だったりします。

花の写真を撮りたい理由なんですが、至って単純な理由で「花を見ても名前が分からないので写真を撮っておいて後で調べたい」と言うことだったりします。

で、そのきっかけが出張先の駅前に飾られていたこの花?↓なんですが、昨日今日とまた出張があったためコンパクトデジカメを持参し撮影してきました。

Dscf0806

前に見たときは白と赤の2色だけかと思っていたんですが、今回写真を撮ってみようとしてよく見てみるとなんかいろいろな種類が...

Dscf0807

Dscf0808

Dscf0809

Dscf0810_2

Dscf0811

もはやこれが種類的に何種類になるのかもよく分からない状態なんですが、とりあえずこの写真を手がかりに調査開始、なんとなく名前を聞いたことのある「花キャベツ」なのかもと思い検索してみたところどうやら当たりっぽいです(笑)ただ、どちらかというと「葉牡丹」で通っているものみたいでしたが...

いろいろなバリエーションは 品種の違いのようで1、5枚目の写真が丸葉系、3,4枚目が切れ葉系、2,6枚目が縮緬(ちりめん)系の品種のようです。2枚目は白の中心部だけが赤と言うことで特に「日の丸」と言う品種らしいです。

そんな感じでこれからは花を見かけたら写真を撮りつつ、ひとつづつでも花の名前を覚えて行ければ良いかなと考えています。

とりあえず、まずは東日本一の本数らしい高崎(榛名・箕郷)の梅林に行って梅の撮影、ぐんまフラワーパークで春の花の撮影、4月に入ってから長野のお城に桜の撮影をしに出かけてみようかと思ってます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星空案内

先週の土曜日に予定通り県立ぐんま天文台でボランティア自主企画「冬のダイヤモンドを探そう」にいってきました。前もそうだったんですが土曜日出社の日に天文台に行こうとするとなぜか退社直前に電話が来て捕まってしい、今回も予定より1時間遅れての出発になりました。

前回の書き込みにも書いたとおり、今回はじめて会社の後輩と2人で参加ということで現地に向かう車で星トークをしたくてしょうがなかったんですが、事前にネタばらししてしまって現地の話とかぶったら申し訳なくて、がまんしつつのドライブでした。

天文台の下の県道までは雪もなかったんですが、県道から駐車場に向かう道の一部が凍ってましてノーマルタイヤの車はそーっと走っていました。駐車場についた時点で車の外気温を見てみると0℃、自分的にはここのところ-6℃とか-7℃になれちゃっていたんで気にしていなかったんですが後輩はこの時点で寒さに負けそうな感じ...もっと重装備を勧めておくんだった。

体を温める意味で早足で遊歩道を上り、まずは観測広場へ。外に出てみると自分たちを含めて全部で10人くらいが2チームに分かれてボランティアの方の説明を聞いていました。

ボランティアの方の説明内容ですが最初に冬の大三角の3つの星の説明、つづいて冬のダイヤモンドの6つの一等星の名前と所属星座の説明、その後オリオン座の三つ星、小三つ星、しし座のレグルス、火星、土星の場所をレーザーポインタを使って教えてくれました。

そのとき思ったんですが、星空案内って見る人に合わせてストーリーを用意しておく事が重要な気がします。

一緒にいた後輩は星空を見ることは好きなんですが星の名前とか星座とかは全然分からないので、正直星の名前と星座名を言われてもあまりイメージがわかない感じでした。自分の場合、プラネタリウムの解説や星の本などで星座の星の並びや星座にまつわる神話などを知っているので、そのイメージを重ねてみることができるんですがそれができない人に星の名前をいきなり話しても「プロキオン、へぇそういう名前の星なんだ」で終わってしまうのかなと感じました。

おそらく後輩のような人にはいろいろな星をどんどん教えるより、ひとうひとつの星や星座について時間をかけて話していった方が楽しんでもらえるのかなと感じました。

なので、駐車場に戻ってから自前のレーザーポインターを使ってもう一回改めて説明、さらに帰りの車で冬の星座のプラネタリウム解説のDVD上映と行きにの車で語らなかった話をしながら帰ってきました。

今回そんなことがあったこともあり、ますます星空案内をできるようになりたい気持ちが大きくなってきました。実は年明けにぐんま天文台の方にボランティアの件について問い合わせをして、担当の方からは興味があればいかがですかと返事をいただいてたりするので、時間の都合が付くときだけでもボランティアを始めてみようかなと考えてます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »