« 1/22は水星さがし | トップページ | のほほん族 »

2008年1月11日 (金)

恋するオーロラ

Dscf0701

今日は仕事の打ち合わせで東京に出張したんですが、5時過ぎに打ち合わせが終わったため「せっかく東京に来たので」ということで前々から行ってみたかった池袋のサンシャインシティにあるコニカミノルタプラネタリウム満天に行ってきました。

見てきたのは「恋するオーロラ」という番組でカナダ・イエローナイフのオーロラと星空をテーマにした番組です。音楽は山崎まさよしの曲が全編に使われています。

秋の上映開始当初は1時間以上待ちと聞いていたので込んでいるかと思ったんですが週末とはいえ平日と言うこともあってか客席の半分程度の観客の入りでした。カップルもいましたが家族連れや女性客などいろいろなお客さんが来ていました。もっともスーツ姿の男性2人組(一緒に打ち合わせに来た会社の後輩を道連れにしました)は他にはいませんでしたが...(汗)

チケットを購入して入り口を入っていくと中をビデオカメラで撮影している人がいまして何かなと思ったんですが、どうやらテレビ朝日が取材に来ていたみたいです。何の番組の取材なのかは分からないんですが、客席の様子を撮影していたので運良く放送を見ることがあれば場違いな男性二人組を見られるかもしれません(笑)

番組の内容ですが山崎まさよしの曲にのせて撮影されたオーロラとプラネタリウムの星を同時に投影していく形でした。もっとオーロラ中心の内容かと思っていたんですが、星の話(北斗七星・カシオペア座・オリオン座など)の解説なども入っていて星とオーロラの話が半々という感じでした。たぶんオーロラを写すと星が見えなくなってしまうため構成上それぞれ説明する形になったのかと思います。

写真を見ると分かりますが今回のプラネタリウムは今まで見たプラネタリウムと投影装置が違うんですが、そのせいか星がはっきりと写っているような印象を受けました。ただ、そのせいか天の川はあまりはっきりとは見えなかった気がします。

そんな感じで約40分程のプログラムを楽しんできました。対象がカップル向けだったせいか正直なところ以前見た「銀河鉄道の夜」ほどの感動はなかったです。プラネタリウムと山崎まさよし。組み合わせ的にはとっても良いと思うんですけど、ちょっと期待が大きすぎたのかなという感じです。予告を流していた別番組「PASSPORT TO THE UNIVERSE」の方がちょっと気になったりしました。

それと、当たり前のことですがやっぱり先週見た本物の星空のほうが良かったです。言葉たらずでうまく表現できないんですが、本当の星空は一晩中見続けていても飽きない気がします。

とはいえ、気になる番組があればまた機会を見て遊びに行ってみたいと思います。次からは一人でもきっと大丈夫...(泣)

|

« 1/22は水星さがし | トップページ | のほほん族 »

天文」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47553/17659332

この記事へのトラックバック一覧です: 恋するオーロラ:

« 1/22は水星さがし | トップページ | のほほん族 »