« 13,14鞍目 クレヴァネス | トップページ | 印象に残っている競走馬 »

2007年12月10日 (月)

ふたご座流星群

今週末、12月14日の夜ですがふたご座流星群が極大になります。極大時刻は12月15日午前3時頃のようです。

【関連リンク】
2007年12月 ふたご座流星群を眺めようキャンペーン:国立天文台
AstroArts:【特集】2007年 ふたご座流星群

記事によっては夏のペルセウス座流星群よりも流星が見えるという話もあり、今回も観望に出かける予定です。
残念なのは、注文したEOS KissDXが間に合うかどうかが微妙なことです。まぁ、間に合ったとしてもいきなり天体写真とれるかという気もしますが...

観望は毎度おなじみのぐんま天文台観察会があるのでそちらに行く予定なんですが、週間天気予報を見てみると群馬県北部は金曜日夜は曇りみたいでちょっと危なそうな感じです。

となると押さえのポイントと言うことで夏にペルセウス座流星群を見た野辺山に、と思ったんですが、野辺山出身の会社の人によると冬はスキー場の明かりで明るくなってしまうみたいであんまりオススメできないとのことでした。

となると、また新たなスポット探しになるんですが野辺山の人曰く臼田とかも良いのではとのことでした。たしかに臼田も結構よく見える場所なんですけどどのポイントで見たらいいかが分からないんですよね。ちなみに夏は農道に車を止めて道路に寝転がって見ていました。あんまり良くない観望方法ですよね...

とりあえず近場のスキー場のない山間部(榛名湖とか)を何カ所か見繕って廻ってみようと思います。

ところでスキー場って夜中(0時以降)でも照明付けているんですかね。もし夜中は消灯しているなら候補地はいっぱいあるんです。

この書き込み見た方でご存じの方、よろしければコメントで教えて頂けると助かります。

|

« 13,14鞍目 クレヴァネス | トップページ | 印象に残っている競走馬 »

天文」カテゴリの記事

コメント

はい。スキー場は夜にゲレンデ整備や人口降雪機を使用したりしてかなり明るいです。場所によっては0時まで営業してたり……。
北だろうと南だろうと基本的に凍結注意なんで。
というわけで近場では関東山地沿いがお勧め。オイラは以前神津牧場近辺に行ったけど、あとは御荷鉾林道沿いとかね。どっちも熊に注意みたいな所ですが。本当は事前偵察するのがいいんですけどね~。結局は道端や空き地になるのは仕方が無いでしょ。

投稿: ヨコG | 2007年12月10日 (月) 21時40分

どうも高山村は天気悪そうなので、ナイター照明の状況確認を含めて最初は野辺山に行ってみようかと思っています。そして帰りながら神津牧場あたりで腰をすえて見てみる予定です。

タイミングよく?カメラがお店に届いたので、ダメもとで三脚用意して撮ってみるかどうか悩んでいるところです。

投稿: える | 2007年12月13日 (木) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47553/17322068

この記事へのトラックバック一覧です: ふたご座流星群:

« 13,14鞍目 クレヴァネス | トップページ | 印象に残っている競走馬 »