« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の22件の記事

2007年12月31日 (月)

しぶんぎ座流星群

去年夏からはじまった三大流星群観望ですが、いよいよ最後の流星群「しぶんぎ座流星群」の時期がやってきました。

自分的には他の二つの流星群は前から知っていたんですが、しぶんぎ座流星群についてはこの間まで名前も知りませんでした。極大(活動のピーク)は4日の15時頃らしいので3日の夜半すぎか4日の夜に見ることになると思うんですが気になるのが天気。Yahoo天気の星空指数だと群馬県南部は問題なさそうなんですが北部は厳しそうな感じです。

今回は新観望ポイント探しということで天気が大丈夫そうならここの近くに行ってみようかと考えてます。1時間以上かかりますが一応高崎市内です(笑)でも、ここって群馬県南部なのか疑問...Webカメラみると地面真っ白だし。

夕方に出発して途中で相間川温泉でも入ってから湯冷めに気をつけつつ30分くらい楽しめればいいかなと思ってます。暗い露天風呂とかで星みられるところがあれば最高なんですけどね、どこか近くにないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タロット占い

大掃除していたらこんなものが出てきました。

Img_0283

タロットカードとタロット占いの本です(笑)

実は夏くらいに会社の人となにか良い趣味ないかという話をしていたんですけど、その人が「自分は手相が見れるよ」といっているのを聞いて、占いをかじってみるのも良いかもと思いすぐさまアマゾンで注文しちゃったんです。

いままで書いてきた話の流れから考えると占いなら「星占い」に流れそうなとこなんでしょうけど、占いやるなら...と考えたときやってみたいと思ったのがタロット占いでした。

あくまで自分のイメージなんですけど、タロット占いって相手の相談内容とカードの内容を判断してひとつの流れを構成していくものって気がするんで、そういったことを練習していくことで相手のことをいろいろ考えるコミュニケーション能力が身につけばというのが理由です。

とごたいそうなこと言ってますが3ページ目ですでにつっかかって、そのままストップ状態です。お正月は出かける予定もないのでこの機会にカードの種類くらいは覚えてみたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自宅で星座撮影してみました

今日はEOS kiss Digital Xを購入してから初めて自宅で星を撮影をしてみました。

自宅で撮影した目的は2つ、ひとつは前回野辺山での撮影と同じ対象を撮影してどの程度違いがあるのかを確認すること、もうひとつは新しく購入したズームレンズEF-S55-250mm F4-5.6 ISで星を撮影したときどの程度まで拡大できるのかの確認です。

先に断っておきますがピントがあっていない写真が多いです。感度とか範囲とかだけ気にしてみてください。

まず最初は前回使用しなかった単焦点レンズEF50mm 1.8IIでオリオン座を撮影してみました。

IMG_0264
IMG_0264 posted by (C)える

見ての通りオリオン座は全部入りきりません。50mmといってもEOS kissはAPS-Cカメラなので35mm換算で80mm相当になってしまい、それなりに拡大されてしまいます。星座写真を撮るとすると対象を選ぶ必要がありそうです。

次に野辺山で撮影した範囲に近い写真を同じEF-S18-55mm F3.5-5.6 ISで撮影してみました。

IMG_0269
IMG_0269 posted by (C)える

ちなみに野辺山で撮影した写真は↓です。

IMG_0036
IMG_0036 posted by (C)える 参考のため、撮影範囲の星図はこんな感じ。

Orion

どちらもシャッター速度は30秒、ISO感度は800、違うのは自宅(高崎)はF3.5、野辺山はF5.6というところです。

こうやってみると自宅でも同じくらい星は写る事にちょっとびっくり、といってもその分全体が明るくなっちゃうんですけどね。

そして、その次はオリオン座の小三つ星をEF-S55-250mm F4-5.6 ISで撮影、ちなみに最大望遠(250mm)で撮影しています。

IMG_0274
IMG_0274 posted by (C)える

思いっきり流れました。やっぱり拡大する分星の動きが大きくなるんですね。

ということでシャッター速度を5秒に変えて撮影してみました。

IMG_0278
IMG_0278 posted by (C)える

んー、この速度になるとオリオン大星雲の色があんまり他と違わなくなってしまってます。感度を下げて長時間撮影となるとやっぱり赤道儀が必要になることを実感しました。

さて、今回練習してみての思ったことですが

1.ピント合わせが結構大変

いままで星とか遠くのものってピントを一番遠くにすれば良いものと思っていたんですけど一番遠くに合わせるとピンぼけになることが分かりました。今回の写真だと一番下以外はピント合わせない(一番遠くに合わせたまま)で撮影してしまいました。後半ピント合わせしてみたんですけど星自体が暗いと結構難しいです。

2.撮影姿勢が厳しい

星の写真を撮ったり望遠鏡をのぞくと結構天頂近くを見ることがあるんですけど、これをそのまま見るのって結構厳しかったりします。ふたご座とか撮ろうとするとカメラの下からのぞき込むような姿勢になるんですけどここで問題が...わたしは実はコンタクトレンズなんですけど、あんまり無理な角度でものを見るとコンタクトがずれる時があるんです。いままでは運良く大丈夫だったんですが、昨日ついにずれて落としてしまいました。まぁ、自宅だったので見つけて洗えて大丈夫だったんですけど、これからのことを考えるとちょっと不安です。

で、気になったのが望遠鏡講習の時にも使った天頂プリズムという部品です。どんなものかというと望遠鏡のアイピースの角度を90°曲げることができるパーツです。

で、そんなパーツがカメラにもないかなと調べてみたところ、ありました。「アングルファインダーC」というパーツでこれだとファインダー画像を拡大してピント合わせにも使えるみたいです。検索してみると天体撮影で使っている方も結構いるみたいです。お値段が結構するので即断はできませんがちょっと検討してみようかなと思います。

ということで次の練習は年明け1月5日にぐんま天文台で赤道儀を使っての撮影に挑戦してきます。今回同様の撮影をして自宅・野辺山・高山村での比較、赤道儀を使って望遠での長時間撮影を試してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

22,23鞍目 ダイワスキャン

今日で今年の乗り納め、H先生の初心者複合+駈歩に参加してきました。

ここのところ7、8頭と定員いっぱいのレッスンが続いたんですが、今日は複合4頭、駈歩5頭とちょっとだけ少なめでした。

まずは久しぶりにブラシと裏掘りから。いつもの事ですがスキャンはすぐかぶりついてくるんで、前足の裏掘りは前足以外に自分のおしりにも気をつけないといけない状態です。途中H先生やM先生に「かみつかれないように気をつけてくださいね」と声をかけられるたびに「もうかまれてまーす」と返事してました。

後ろ足の裏掘りは久しぶりに挑戦したんですがどれくらい足をあげて良いのか分からずつま先立ち?になったところで掘ってました。

頭絡はいつもよりちょっとだけスキャンが協力的だったので喉革(のどがわ)がねじれてしまったこと以外は、ほぼ自力でつけることができました。今日のスキャンの気分が良かったのか、一月乗っていた成果が出たのか...

初心者複合ではいつも通り速歩・常歩の扶助練習、そこで主扶助、副扶助という言葉が出てきました。いままで鞭とか副扶助って脚扶助で反応しない馬に別の方法で指示を出すようなものだと考えていたんですけど、実は脚扶助に反応しない事に対する罰の意味合いの扶助だった事を知りました。いままでは脚→鞭とやっていたんですけど、実は脚→鞭→脚が正解だったみたいです。

その後、鞍の着座位置について説明を受けたんですが、どうもいままで座っていた位置は後ろ過ぎたみたいです。おへそを前に出した姿勢のときに内腿と鞍の接している部分に重心が来るのが良いらしいです。

ちなみに速歩ですが今回は前がジンクスだったのでちょっと安心。スキャンが横に行こうとすることもなく平穏に終了しました。H先生曰く、「スキャンとジンクスは仲良しなんで」って言っていたんですけど、単にジンクスが気にしていないだけなのではないかという気も...

後半の駈歩は一頭増えて5頭で個別指導、駈歩の扶助の練習に明け暮れました。何回か駈歩が出かかるんですけど扶助をやめるのが早すぎるのかすぐにまた速歩。速歩しすぎて私が息切れしてしまってました(汗)

レッスンが終わって馬装を外すときなんですが、頭絡を外して無口をつけようとしたらなんと先日のアバみたい(というにはちょっと及びませんが)に無口の輪に首を入れてきたんです。んー、もしかしてお守り効果?来年もこうなら良いなぁと思いつつ馬服?を着せてスキャンと別れてきました。

ということで、今年はこれで終了です。乗馬に関しては来年の目標にすることいっぱいって感じですけど、別に急いでどうこうというものでもないので半分癒されつつ続けていければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

ついつい落札

Img_0255

見ての通り、馬のぬいぐるみをオークションで落札しました...

このあいだの「印象に残っている競走馬」の書き込みの時にサイレンススズカの事を調べていたとき、検索に引っかかった写真を見てつい出来心で入札してしまいました。

まぁ、見ての通り大きくない(15センチくらい)し、送料込みで500円だったのでゆうまちゃんの時同様、お守り代わりって事で自己納得してます。

ん~、眺めているうちにでっかいのも欲しくなってきた...(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

19鞍目 ABBA、20,21鞍目 ダイワスキャン

今日は久しぶりに一日三鞍騎乗してきました。

といってもそのうち一鞍はビギナーレッスンの「のんびり外乗」、乗馬クラブの近くを散歩でした。外乗は専用馬にしていなかったので、今日の馬を聞いたところなんと「ABBA(アバ)」、小柄なので自分が乗ることはないと思っていたので、結構びっくりです。ここのところ乗っているダイワスキャン(結構大きい)と比べながら馬装してたんで、よりいっそう小さく感じました。

アバに乗った(というより乗る前)にびっくりしたんですが、頭絡を付けるとき(最後に無口を付けるときも)に自分から首を突っ込んで協力してくれるんです。日頃スキャンに首上げられて先生に付けてもらっているんですが、今回はアバのおかげで自力で付けることが出来ました。アバはいつも人気者みたいなんですけど(特に子供に)、こういった事も一因なのかなと感じました。

さて、外乗ですが丸馬場で騎乗後ちょっと常歩して出発だったんですが、さすが外乗だけあってF先生、T先生、H先生と3人体制です。それぞれ馬を引いて出発、え~っと馬は4頭いて私が最後なんですけど私の担当は?...と考えていたところ「えるさん(仮)は自分でコントロールしてください」...

まぁ、ビギナーは卒業したから分からないでもないんですが、まだまだビギナーなわたしを野に解き放って大丈夫なのかなぁ...と思いつつ出発。コースは乗馬クラブの周りの農道(といっても舗装されていますが)を一周、途中いつも会社から昼食を買いに車で通る道があり、そんな道を馬に乗って歩くことにちょっと感動したりしてました。

そんな感じで外乗終了、アバは前の馬にくっついていくタイプみたいでほとんどコントロールなしで文字通り「のんびり外乗」することができました。

そして、1時間の休憩を挟んでダイワスキャンに乗り換え、「初心者複合+駈歩」です。案の定、スキャンの方は今日も頭絡を付けさせてくれませんでした...M先生曰く「素早く付けないと顔上げちゃいます」、んー練習あるのみか。

前半の初心者複合の軽速歩の時なんですが、前の馬に近づきすぎたところ前の馬の足が出てきて軽く一暴れ...ジンクス以外の馬に近づくとこうなるんだと実感しました。

後半の駈歩ですが1本目で指摘されたのが体のバランス、丸く走っているんですけど私の重心が内側に傾いていないと言われました。それを踏まえて2本目、バランスはちょっと改善したんですけど指摘されたのが「駈歩を始める前の速歩の正反動」...正反動って何ですか??

レッスン後、先生に聞いてみたところ速歩で座ってるときの姿勢?みたいなんですが、たしかに今のところお尻が飛びまくっているんですよね。どうすれば改善できるのかいまいち分かっていないので次のレッスンの時に改めて聞いて練習していこうと思います。

とそんな感じの一日でした。レッスン終了後M先生と話をして1月もスキャンで練習することに決定、専用馬予約をしてきました。なんとか1月中に頭絡付けるよう頑張ってみます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

榛名湖イルミネーションフェスタ

18日のたかさき光のページェントに続き、今日は高崎のもうひとつのイルミネーションイベントである榛名湖イルミネーションフェスタ'07に行ってきました。

ホントは混雑(カップル)を避けて木曜日に行く予定だったんですが、急なコールが入っていけず、予定を今日に変更してのドライブとなりました。

現地に着くまでは市役所前とそんなに規模が違わないものだと思いこんでいたんですけど、箕郷から榛名山を登って峠を越えて視界が開けてびっくり!結構な数のイルミネーションが光ってました。

そして峠を下ってさらにびっくり、駐車場待ちの車の列が伊香保方面からずーっと伸びていました。帰ってきていろいろ調べてみたところ、どうやら開幕一週間で来場者4万2千人も来ているイベントだったらしく、無理して平日に行ったのは正解だったみたいです。明日から閉幕前の最後の休日になるのできっと今日以上に大混雑するんでしょうね。

さて、今回の写真撮影のコンセプトは「クロスフィルター使いまくり」です。やりすぎなくらいクロスフィルター使いまくりで撮影していました(笑)

ひととおりイルミネーションを回ったところで、クロスフィルターを外し駐車場に戻るまでの道のりはフィルターなしで撮影しました。

大きいサイズの写真を見るときはここをクリックしてください。

駐車場で一休みした後、榛名山のダウンヒルをのんびり走りつつ次の撮影地点「高根展望台」へ。市役所での夜景撮影は街中の展望台から見下ろすような夜景撮影だったんですが、今回は遠くに見える市街地の光の撮影に挑戦してみました。

手前に見えるのが伊香保温泉、奥に見えるのが渋川市(のはず)です。ここではシャッター速度とフィルム感度をいろいろ変えてみてできあがりの違いを試してきました。

IMG_0245
IMG_0245 posted by (C)える

最後は相馬が原演習場のあたりの開けた場所で撮影、ここから見えるのは前橋・高崎あたり(のはず)です。もうちょっと山側へ行くともっときれいだと思うんですが、事前リサーチをしていなかったので今回は農道に車を止めて撮影しました。一度昼間に場所探しをしてまた来てみようと思います。

IMG_0250
IMG_0250 posted by (C)える

そんな感じで光るもの撮りまくりのお出かけでした。とりあえず今年のイルミネーション見物はこれで打ち止め、次は年明けにぐんま天文台で望遠鏡を借りて、赤道儀でのガイド撮影に挑戦してみる予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

たかさき光のページェント

IMG_0059
IMG_0059 posted by (C)える

今日は仕事上がりにカメラの練習をかねて高崎市役所で行われている「たかさき光のページェント2008」を見に行ってきました。

途中、駅前のビックカメラでたまっているポイントを使い、クロスフィルターとソフトフィルターを購入、準備万全で市役所へ。

まずは市役所前広場の大きなツリー?で撮影、いろいろな設定で撮影を試してみました。

ここでデジカメを購入した理由の一つ、「男ひとりでいかなそうなところに堂々と行く(笑)」を実践、結果はもぅばっちり思惑通り。もうデートスポットどんとこいですよ(笑)

クロスフィルター、ソフトフィルターを使ってみたんですがファインダーやモニター画像だとあまり効果が確認できなかったので何枚か撮った後はフィルターなしで撮影してました。

クロスフィルター使用

IMG_0060I

MG_0060 posted by (C)える

ソフトフィルター使用

IMG_0063
IMG_0063 posted by (C)える

帰ってきてから見てみたらどっちも効果出てました。もっと撮っておけば良かったなぁ...

次に市役所前の通りの街路樹を撮影、フィルム感度とシャッター速度をいろいろ変えて撮影してみました。

その後、市役所最上階にあがって今度は高崎の夜景撮影。ここで困ったのがガラスの写り込みです。このあたりのことについて全く気にしていなかったので、とりあえずできるだけレンズをガラスに近づけて撮影、ただ正面以外のものを撮影した写真にはばっちり壁が映り込んでしまいました。このあたりについては、これから情報収集してリベンジしてみようと思います。

IMG_0096
IMG_0096 posted by (C)える

そんな感じで約1時間半ほど堪能してきました。この結果を踏まえて高崎のもう一つのイルミネーションイベント「榛名湖イルミネーションフェスタ'07」にも行ってくる予定です。

posted by (C)える

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

17,18鞍目 ダイワスキャン

今日はビギナー卒業ミーティングと前回同様初心者複合+ビギナー駈歩に参加してきました。

最初受付をすませて前回注文していたヘルメットとキュロットを試着、キュロットは案の定大きいサイズでちょうどでした(汗)

ビギナー卒業ミーティングですが、これは以前受けたシステムの説明の補足説明が中心でした。ファーストレッスンで説明を受けても右も左も分かっていないだろうから、落ち着いた時期を見計らって改めて説明という趣旨のようです。

とはいえ、前回聞き逃したのか初めて聞くこともあり、なかでも専用馬の話の中で月4鞍(通常は月8鞍)の専用馬予約も可能と聞いたため、出張が入ってくる来月も引き続きダイワスキャンに乗ってみようかなとか思いはじめました。

そして、セミナー後はそのまま洗蹄場へ、今回は時間がぎりぎりだったので鐙の調節と頭絡付けだけやって角馬場へ。前回guusanさんにコメントで教えていただいたように顔を見ないで馬を引いたところ素直に歩き出してくれました。

角馬場では今回もジンクスの後ろになりました。guusanさんの話やM先生の言い方からするとジンクスだから近づいても大丈夫みたいなので、8頭フルでジンクス以外の馬が前の時には気をつけなくちゃいけないんだなと思いました。

速歩では前回の反省点「ジンクスを追い越そうとする」をさせないよう、なるべく内側を走らせるように心がけたせいか今回はほとんど追い越しをすることはなかったです。ただ、そのせいか一度ジンクスのおしりにぶつかるくらいまで接近してましたが...

そして後半、O先生のビギナー駈歩になったんですが、ここで前回同様ジンクスは終了。ジンクスって駈歩させるのが難しい馬なのかなぁ...

レッスンでは前回よりワンステップ進んで扶助の仕方を教えてもらいました。聞いた内容で頭では分かっているつもりなんですけど速歩で座った状態からやるのはなかなか難しいです。2度のレッスン(各4~5週)のなかで一度だけそれっぽくやることが出来たんですがそれ以外は全然反応なしでした。

O先生曰く「最初は100回やって1回くらい」とのことだったんで、この先相当長そうな感じです。しばらくは気持ちよく乗ることだけ楽しめればいいかなといったところです。

最後の後片付けですが、前回教えてもらった内容のうちボロの片付けだけは自力ですることが出来ました。まぁ、一個一個覚えていけばいつかは一通り出来るでしょう(笑)

次回はちょっとビギナーに戻って「のんびり外乗」に参加した後「初心者複合+駈歩
」に参加予定です。駈歩に「ビギナー」って付いていないのが気になるんですけど、まぁその辺は先生の方で気にしてくれることに期待(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

野辺山で星座撮影

先日書き込んだふたご座流星群鑑賞ですが結局野辺山まで行ってきました。

というのもちょうど前日に注文しておいたEOS Kiss DXが届いたので、観望会よりもひとりでじっくり撮影練習ができる場所に行ってみよう、冬の野辺山のスキー場照明の様子の確認をしてみようということが野辺山行きにした理由です。

まず昼休みに電器屋に出かけカメラを受け取り、仕事後に三脚・バッグ等を購入し準備を行いました。レンズは頼んでいた二本のうちEF-S18-55mm F3.5-5.6 ISは届いたんですが、EF-S55-250mm F4-5.6 ISは年末か年明けになりそうだとのことでした。ならば、ということで急遽EF50mm 1.8IIを購入し2本体制で出発しました。

途中佐久のあたりで道路沿いにイルミネーションがあるのを発見、さっそく撮影してみました。

追記.イルミネーションの公式サイトがありました。

IMG_0035
IMG_0035 posted by (C)える

イルミネーション撮影は考えていなかったんでどんな設定で撮ったらいいのか全く分からず。なので失敗写真がいっぱいできました(笑)

その後も南下を続け野辺山には1時半頃に到着しました。予想通りとっても寒いです。

IMG_0054
IMG_0054 posted by (C)える

まずは夏にペルセウス座流星群を見たしし岩駐車場へ、星空は期待していたとおりとてもきれいでし。冬になって夏以上に星が美しく見え、星の明るさもぐんま天文台で見るときに比べて、やはりひとつ上って感じでした。

ただ、やはりスキー場の夜間照明はついたままになっていてしし岩からだと真西にあるサンメドウズ大泉・清里スキー場の明かりがもろに見えてしまっていました。


拡大地図を表示

ということで場所を移動、スキー場は比較的野辺山でも南側に固まっているため、北側にある八ヶ岳ふれあい公園で観望することにしました。

撮影の準備をしている間も空を見ていると流星がちょこちょこ流れていて、ペルセウス座流星群の時よりも多く流れているような印象を受けました。

撮影機材はこんな感じ

Dscf0689

三脚は予定通りSLIKの813EXを購入し、リモートスイッチRS-60E3までつけて装備だけは完成です(笑)

カメラの設定はマニュアルにし、シャッター速度30秒とBULB(60秒)、ISO感度400、800を設定し何枚か撮影に挑戦してみました。

まずは南の空に見えたオリオン座。

IMG_0036
IMG_0036 posted by (C)える

なんか結構きれいに撮れてます。しかも冬の大三角まで入ってる。道具の力って恐ろしい...

ちなみに右下のオレンジ色のは雲です。残念ながら西側に雲が出てきまして、しかも西方向にスキー場があったんでその照明でオレンジ色になったんだと思います。肉眼だと色はなかったんですけど写真に撮ると違うもんなんですね。

つづいて今度は北斗七星を撮影。

IMG_0045
IMG_0045 posted by (C)える

これもなかなか。レンズがそんなに明るくなくファインダーからのぞいたときにはあまり星が見えないため、撮影結果を見ながら位置調整をしつつの撮影です。

最後はしし座と土星。真ん中ちょい右の明るい星が土星(のはず)です。

IMG_0038
IMG_0038 posted by (C)える

こんな感じで3時過ぎ頃まで星を眺めつつ撮影を行い、帰路へ。朝の5時半頃帰宅というドライブでした。

今回、野辺山は雪が降った後だったので図らずもスタッドレスタイヤの感覚の確認もできました。思ったより止まるので、これなら除雪をしているような道ならなんとかなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

15,16鞍目 ダイワスキャン

いよいよ今日から角馬場デビュー、ということでナイターで初心者複合+ビギナー駈歩に参加してきました。

今日は朝から雨が降っていたんですが、よくよく考えてみると乗馬始めてから雨に当たったことなかったんですよね。雨装備って上下のレインコートとかで良いのかな、昼休みに買いに行かなくちゃ、と心配したんですがなんとか天気が持ち直し星空を見ながら参加となりました。

まずは先日から考えていたキュロットとヘルメットの件を受付で相談、キュロットについては次回来たときに2サイズを試着して購入することになりました。ヘルメットは現在はレンタルで一番大きいサイズを借りているんですが、試しに一つ下のサイズを試着...残念ながらきつかったので取り寄せとなりました。

そしていよいよ今月の愛馬(笑)ダイワスキャンとご対面、「黒い、でっかい」が第一印象でした。洗蹄場ではH先生に手伝ってもらいながらなんとか準備完了、そして角馬場へ...行ってくれない(汗)前回のクレヴァネスもそうだったんですが、最近洗蹄場から馬が出てくれません...やり方悪いのかなぁ。

そして角馬場で騎乗、今回初めて乗ったまま鐙の長さの調節に挑戦、長さ調整はできたんですけど、最後にしっかり伸ばすことができませんでした。

今回の初心者複合は定員いっぱいの8頭、前には白い馬...もしかしてあれがジンクスかぁと感動。

実は乗馬始めたころに同じ乗馬クラブに来ている方のブログを見つけてずっと見ていて、そこに書いてある馬の様子が私の中に見たことのない馬のイメージを作ってしまっています。で、一番印象が強いのがジンクスだったので、なんか有名人見たみたいな気持ちになっちゃいました。

レッスンは常歩、速歩と進んでいきスキャンは結構良く反応してくれるんですが、なんでか鐙に置いた足が浮くんです...どうも、スキャンは揺れが大きいらしく、その揺れに対して姿勢がちっちゃくなろうとしてしまっているみたいです。なので、それ以降は姿勢を大きく(まぁ体自体は大きいというか重いというかですが...)するようにして、若干改善することができました。

速歩ではスキャンが外側を回って前のジンクスを抜こうとするので、常に左側に顔を向けながら走ってました。それでも、抜こうとしてましたが...

そして後半戦は初の駈歩です。このレッスンは個別に行うものだったのでとりあえず順番待ちで馬の上でのんびり、ほかの方の走っている様子を見ながら、馬上から星空を眺める自分に酔っていました(笑)

そして、いよいよ自分の番に。今回は最初なので先生の合図で駈歩、ということでホルダー握って座っているだけです。速歩もそうでしたがスキャンは結構やる気あるみたいで結構長い間駈歩してくれました。結構ゆれましたけど、とっても気持ちよかったです。今回は2回練習をして終了、このやり方だと空いているときを狙うほうが得なのかな。

レッスンが終わって下馬したあとスキャンが上着の左腕のところを噛んできて黒い上着が真っ白に...結構なんでも噛む馬みたいです。

そして初めて最後のお手入れ一式に挑戦してみました。ボロの片付け方、足の洗い方、馬着のつけ方、それぞれH先生に教えてもらったんですが、わたしの記憶容量の限界を超えてたので次回ほとんど忘れていそうな気がします。先生、ごめんなさい。

ということで、結構楽しく過ごせた角馬場デビューでした。先生には途中で「おつかれですか?」って聞かれたんですけど、そんな面白くなさそうに見えたのかなぁ...

帰り際に先生から日帰り外乗のお誘いを受けて心が揺れたんですが日程が来週の平日、さすがに急には仕事休めないので今回は断念、今度仕事が落ち着いているときに参加してみたいところです。

次回は間隔少なく今度の日曜、順番が逆ですがビギナー卒業ミーティングに参加、そして休むことなく初心者複合とビギナー駈歩、M先生、O先生という初の先生に教えて頂く予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

星のソムリエ

先日、アマゾンで星関係の本を探していまして気になる本があり注文していたんですがその本が今日届きました。

アマゾンの内容紹介では「豊富な知識と経験からおいしいワインを選んでくれるソムリエのように、星空や宇宙の楽しみ方を教えてくれる「星空案内人」。そんな星空案内人になってみたい人に向けられた星と宇宙の入門書です。」と紹介されている本で、目次を抜粋すると、

第1章 さあ、はじめよう

第2章 星空の文化に親しむ

第3章 宇宙はどんな世界

第4章 望遠鏡のしくみ

第5章 星座を見つけよう

第6章 望遠鏡を使ってみよう

第7章 実践!星空ガイドツアー

と言ったことが書かれています。

いままで私が読んできた星の本は自分が星を見るとき知っていると楽しめるという趣旨の本だったんですが、この本は星のことを誰かに語れるようになりましょうという趣旨の本なんです。

秋にぐんま天文台で開催された天の川観望会に参加したときや夜間観望に出かけたときに、ボランティアの方の説明を受けながら「自分も星の話をこんな風に話せるようになりたいなぁ」と思ってまして、それもあって望遠鏡操作資格を取ったりとかしてるんですが、この本によると、どうやら星空案内人資格認定制度というものがあるみたいです。

ann-image

まだできたばかりの資格のようで東京までいかないと講習の受講ができないんですが、来年以降の募集があるようであれば考えてみようかなと思います。

これとは別にぐんま天文台でもボランティアの募集をしていた時があるみたいで気にはなっているんですけど、現在も募集をしているのかがよく分からないので次に天文台に行ったときにでも聞いてみようかなと思っています。

とりあえずこの本を読んで勉強して、星空案内人のまねごとでも挑戦してみようと思います。

あ~ますます星を指す

レーザーポインターが欲しくなってきた...(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ道具をそろえなくちゃ

日曜日になんとか5級ライセンスに合格して、いよいよ今週の木曜日から各馬場デビューになるんですが、そろそろひととおり道具を揃えないといけないかなと思っています。

現状わたしの手持ちの乗馬道具ですが最初に買ったのはプロテクターと手袋、そのあとジョッパーブーツとチャップスまで購入したところで予算切れ(汗)、ヘルメットはレンタル、乗馬ズボンはチノパンで代用している状態です。そして今回、新たに鞭を購入。

ヘルメットはあと4枚レンタルチケットが残っているので今月いっぱいでレンタル終了の予定、なので次回あたりに注文してこようかなと思っています。

調べてみるとなんかレンタルで使っている普通のデザイン以外にも通気性を重視したものやら自転車競技にでも使いそうな雰囲気のものやらあるんですけど、自分で購入するならこういうタイプのものの方が良いのかなと気になっています。木曜日に他の人のヘルメット見て研究しようかなと思っています。

ズボンの方もさすがにそろそろキュロットを買うつもりなんですが難しいのがサイズ。キュロットって見ていると結構ぴったりサイズを皆さん履いているんですけどあれってどっかで試着して買っているのかなぁ。通販で買おうかなと思っているんですけど、高い買い物なんでできればサイズを合わせて買いたいなぁというのが本音です。これも次回スクールの人に聞いてこよっと。

とりあえず、この2点を購入すれば大丈夫かなといったところなんですが、実はもう一つこれらを収納するバッグがないんです(泣)

いまのところ手袋とチャップスのみをバッグに入れてブーツは車から降りる際に履き替え、プロテクターは別に持って歩く状態なんですが、これにヘルメットが加わることと平日仕事上がりに行くときのことを考えると収納力の高いバッグが欲しいところなんですよね。

まぁ、収納力だけならとんでもなくあるアルパインスターのバッグ持ってはいるんですけど、これきっとロッカーに入らないし...

これも次回以降周りの人の持っているの見て考えることにしようと思います。

一度買えばあとは、といっても結構お財布に負担が...がんばって働いて稼がなくっちゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

印象に残っている競走馬

乗馬スクールに行っていると当然?ながら競走馬の話が出てくるときがあります。このあいだレッスンの後にF先生に「好きな競争馬っていますか?」って質問されたことがあったので今回は昔競馬を見ていた頃の話を書いてみようと思います。

今思い出しても理由が思い出せないんですが、最初に競馬中継を見たのは中学生の頃(84年頃)です。チャレンジ・ザ・競馬は見ていた記憶があるんでおそらく85年には間違いなく見ていたと思います。今思うとどんな中学生だったんだろう...(笑)

その頃はたしかシンボリルドルフが強かった時期で印象に残っていたのでF先生にはルドルフって応えました。そのせいで「ずいぶん古いですね」って年寄りに見られましたが(笑)

その後、記憶に残っている馬というとオグリキャップトウカイテイオーメジロマックイーンナリタブライアンとまぁ一般的なところです。実際、どの馬を応援すると言うよりたくさんの馬が走っている姿を見るのが好きだったんで、その週のレースに出る馬の中で応援する馬を決めていたような覚えがあります。

そんな感じで98年頃まで中継を見ていたんですが、大逃げを打つ走りが好きだったサイレンススズカが秋の天皇賞で故障する瞬間を見て以降なんとなく見なくなってしまいました。別に競馬を見ることが嫌いになった訳じゃないんですけど、当時は結構ショックを受けてそのままなんとなくといった感じです。

そんな感じなので印象に残っている馬は?と質問されればルドルフでなくサイレンススズカって答えると思います。

この書き込みするためにwikipediaを読んで知ったんですが、サイレンススズカの誕生日ってアイルトンセナの命日と同じ日らしいです。偶然とはいえそんなことってあるもんなんですね。

せっかく乗馬を始めたので、話題について行くためにもまた競馬中継を見始めようかなと思ってます。そしてクラブの馬たちの親に自分の知っている馬がいないか気にしてみてみようと思います。

ちなみに今まで乗った馬の親で名前を聞いたことがあるのはリックオルフェの父親でサイレンススズカの父親でもあるサンデーサイレンスクレヴァネスの父親のテイエムオペラオータケノキングの母親タケノベルベットといったところです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

ふたご座流星群

今週末、12月14日の夜ですがふたご座流星群が極大になります。極大時刻は12月15日午前3時頃のようです。

【関連リンク】
2007年12月 ふたご座流星群を眺めようキャンペーン:国立天文台
AstroArts:【特集】2007年 ふたご座流星群

記事によっては夏のペルセウス座流星群よりも流星が見えるという話もあり、今回も観望に出かける予定です。
残念なのは、注文したEOS KissDXが間に合うかどうかが微妙なことです。まぁ、間に合ったとしてもいきなり天体写真とれるかという気もしますが...

観望は毎度おなじみのぐんま天文台観察会があるのでそちらに行く予定なんですが、週間天気予報を見てみると群馬県北部は金曜日夜は曇りみたいでちょっと危なそうな感じです。

となると押さえのポイントと言うことで夏にペルセウス座流星群を見た野辺山に、と思ったんですが、野辺山出身の会社の人によると冬はスキー場の明かりで明るくなってしまうみたいであんまりオススメできないとのことでした。

となると、また新たなスポット探しになるんですが野辺山の人曰く臼田とかも良いのではとのことでした。たしかに臼田も結構よく見える場所なんですけどどのポイントで見たらいいかが分からないんですよね。ちなみに夏は農道に車を止めて道路に寝転がって見ていました。あんまり良くない観望方法ですよね...

とりあえず近場のスキー場のない山間部(榛名湖とか)を何カ所か見繕って廻ってみようと思います。

ところでスキー場って夜中(0時以降)でも照明付けているんですかね。もし夜中は消灯しているなら候補地はいっぱいあるんです。

この書き込み見た方でご存じの方、よろしければコメントで教えて頂けると助かります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

13,14鞍目 クレヴァネス

今日もいつもどおりビギナー集中に参加してきました。

受付をすませていつも通り今日の馬を聞いてみたんですが、なんと「クリゲクンです」と予想外の答えが...いままで乗ったことのない馬で試験ですか...F先生ひどいです...
で、時間になったので洗蹄場にいってみたところ、どうやら間違いのようでクはクでもクレヴァネスだったみたいです。よかったぁ。

今日のクレヴァネスですが扶助に答える答える、気持ちいいくらい言うこと聞いてくれます。まぁ、すぐに外側を歩きたがるってのはあったんですけどそれはご愛敬、速歩も自分の扶助だけでやってくれるのでとっても気持ちよく乗ることが出来ました。

そしてレッスンの最後でいよいよ試験です。一度他の方が試験受けているのは見ていたのでそんなには緊張しなかったんですが、やっぱり見られていると思うと落ち着かなかったため、変なリズムで軽速歩になってしまったときがありました。でもF先生いわく「まぁ大丈夫でしょう」とのことでした。その後2階に上がり学科試験、これもまぁ自分的には大丈夫かなと言う出来でした。

そしていよいよF先生より結果発表。無事合格でした~。よかった...

その結果を踏まえて次回以降のスケジュールの話に、まずは初心者複合とビギナー駈歩を勉強していくことになりました。で、ここでF先生から「専用馬でやってみませんか」といわれまして、最初は専用馬でやってみることになりました。いつも見させていただいてる同じ乗馬クラブの方のブログ見てて、角馬場にいる馬はなにか一癖ありそうな馬ばかりっぽく感じたのでもういわれるがまま「はい」って感じでした(笑)

専用馬代捻出のため今月この後は基本的に平日ナイターコースにすることにしまして、基本的には木曜日のH先生の初心者複合+ビギナー駈歩を受けることに決めました。

で、いよいよ専用馬の発表...「ダイワスキャン」だそうです。で、割当したO先生曰く「鞭がいりますよ」とのことでいよいよ鞭を購入、「好きなの選んでください」って見た目以外何か違うんだろうか...

ということで、次週からこのブログも初心者コース編に突入です。ダイワスキャン先生の話と各馬場の方のブログを総合すると「鞭がいる+止まらない」となんか不安になりますが、なんとか仲良くなってがんばっていこうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

明日は5級ライセンス試験

乗馬の方ですが、明日はいよいよ5級ライセンス試験です。

まぁ、実技はやってみるしかないんですけど、実は学科試験の準備を全くしていません(汗)模擬試験やっておかないと...

ということで(どういうことなんだか)願掛けとお守りを買いに群馬の森に行ってきました。

071208_144927

まずは近代美術館前のお馬さんの像に参拝、地元の人間がこんなこと言っちゃあれなんですけど群馬って馬が名産なんですかね?馬がいる牧場って見た記憶がないんですけど...

まぁ、気にせず次の目的地へ(笑)

群馬の森の中にある売店でお守り代わりにあるものを購入しました。これです↓

Dscf0682

そう、(自称)うちのブログのマスコット「ゆうまちゃん」です(笑)

これからはめでたくうちの車のマスコットにもしようと思います。

Dscf0681

ちなみにこのぬいぐるみは中サイズみたいです。でっかいのもほしいなぁ...

しかし見ればみるほどあの赤い点が何なのかが気になる...口なのかなぁ鼻なのかなぁ。

で、ゆうまちゃんを紹介したからにはこっちも紹介しないと。

Dvc00052

元祖群馬県マスコットキャラクターの「ぐんまちゃん」です。撮影場所は群馬県馬事公苑です。

こうしてみるとやっぱり馬が名産なのかな、うーん??

まぁ、こんだけ馬画像張っておけばきっと明日は大丈夫でしょう(笑)

さて、眠くなる前に練習問題やっておこっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三脚選び

昨日書き込んだとおり、電気店巡りをしてきまして予定通りEOS kiss Digital Xを注文してきました。実はちょっとだけEOS40Dもいいかも、とか思いかけたんですが、ボディの差額分をレンズやらオプションに回す方がいまのうちはいいだろうと言うことで、予定通りの組み合わせで注文してきました。

で、とりあえず本体とレンズを頼んだので届くまでの間に他のパーツを揃えておこうと思ったんですが、三脚をどれにしようかというところで悩んでいます。

そもそも、カメラ選ぶのにもどういう基準で決めるのか悩んだくらいですから、三脚の種類決めるのに何を気にしていいかなんて考えてもいない状態です。しかも三脚も値段がピンキリですごい違うんですよね...いったい何が違うのやら。

三脚を使う主目的は夜景撮影のつもりなので、情報を仕入れるために夜景撮影.comというサイトへ。どうやら風があるときの安定性や展望台の柵より高さがあるものが良いようです。

つぎに価格.comの三脚情報へ。2万円台の三脚の情報を収集してみて次の二機種に絞ってみました。

SLIK カーボン813EX

SLIK プロ500DXIII

このうち813EXは近くのビックカメラにおいてあったのでさわってきたんですが思ったより軽かったです。でもストーンバッグが標準でついているので使うときだけ重くすればこっちの方が良いかなという感想です。なのでもうちょっと考えてみてどちらかを注文しようと思います。

Photo

話は変わりますが、実はサーキットでの車載ビデオ撮影用にこんなものをもっているんですけど、これってホントは写真撮影に使う用なパーツですよね?(笑)

雲台とかは三脚についてくるものとこっちとどっちが良いんでしょうか。実際さわってきた後の今でもよく分かりません(汗)

まぁ、少なくともクイックシューは活用できそうなんで、カメラがきたらこういったパーツを使ってみることにも挑戦してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

デジタル一眼レフ選び その2

ここのところいろいろ考えているデジタル一眼レフカメラ選びですが、年末のお財布の具合も見えてきまして一応候補を決めました。

Eos

まず本体ですが、キャノンのEOS Kiss Digital Xにしてみようかと思います。値段・機能的には対抗で検討していたニコンのD40Xもよかったんですが、それ以外の理由も含めてEOSにすることにしました。

その理由ですが、撮ってみたい写真(星・夜景など)の情報ページを調べたりしたりするときにユーザーが多い機種の方がいろいろ情報を見つけられそうということです。また、自分のような初心者も多そうなので自分が気になるような質問も見つけやすそうなことも理由です。

カメラ本体の性能とは関係ないところなんですけど、どうせ現時点では性能比較はあんまりできないのでこんな理由で決めてみるのもありかなと思っています。

次にレンズですが、レンズはちょっとだけ奮発して(本気で奮発するとすごい値段になりそうなので...)キットレンズではなく、キャノン純正の交換用レンズを購入してみようと思っています。

EOS KissDXのキットレンズはEF-S18-55mm F3.5-5.6 II USMというレンズなんですが、これと同等で手ぶれ補正機能付きレンズEF-S18-55mm F3.5-5.6 ISを標準レンズとして使ってみようと思います。

また、望遠レンズですがこれもキャノンの手ぶれ補正機能付きレンズEF-S55-250mm F4-5.6 ISを使ってみようと思っています。

ともにいろいろ情報収集してみると、もっとお勧めのレンズの名前が出てくるんですが、コストパフォーマンス的にこのあたりまでが限界かなということでこの2本から始めてみようと思います。

それ以外のパーツですが、夜景撮影を行いたいので三脚、イルミネーションの撮影で使ってみたいクロスフィルター、望遠鏡での星の撮影用にリモートスイッチ直焦点アダプター・Tリングあたりを揃えられたらと思っています。

今週末にもう一度お店巡りをして購入、年末に近くで開催されている「たかさき光のページェント2008」や榛名湖イルミネーションフェスタ'07」を見物、もとい撮影しに(笑)行ってこれればと思っています。

08hittl

Illumipos

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

キーボード購入

Dscf0679

先週の土曜日に天文台に出かける前に電器屋に行きまして、以前から購入を考えていたカシオの電子キーボードLK-203TVを購入してきました。お得意様セールの特価&値引き&たまっていたポイント使用で19,000円で何とか手に入りました。おまけのたまて箱(スタンド・ヘッドホン・カバー)も頂けたので、とても満足できるお買い物でした。

とりあえず組み立ててみてなんか弾いてみよう(笑)と思ったんですが当然のことながら難しい曲は鍵盤が光ってもなんともならないので、写真にあるようにまずは家路という曲を練習してみることにしました。学校で下校時間になるとかかるアノ曲です。

このキーボードのレッスン機能ですが3ステップになっていて

1.弾くタイミングを覚える

2.弾く鍵盤をゆっくり覚える

3.ふつうの速さでしっかり演奏

という形になっています。

いまのところ1ばっかりやっているんですが、これが結構気持ちいいんです。というのは鍵盤をたたくタイミングさえあっていればほかの鍵盤たたいても正しい音が出るので適当に鍵盤たたいても音楽が演奏できるんですよ。

ある意味エアーピアノって感じですね(笑)これでけでも結構気持ちいいものですよ。

とりあえず、家路で右手の練習から始めてみて両手演奏が果たして自分にできることなのかの挑戦をしてみようと思います。

この趣味の続報は結構先になりそうな予感がします、のんびりとお待ちください(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

11,12鞍目 クレヴァネス

今日は久しぶりに昼間のビギナー集中コースに参加してきました。暖かいってすばらしいですね(笑)

受付で今回の馬はどの馬になるのかなと聞いてみたところ...「クレヴァネスです」

もしかしたらと思うんですけど、私の乗る馬ってビギナークラス担当の4頭のいづれかじゃなくて、タケノキングとクレヴァネスの二択なのかも。なにげに体重が多いことが影響しているのかなぁ...次回馬の割り当てについてF先生に聞いてみようかなと思ってます。

クレヴァネスは人気なのかフル回転なのかわかりませんが自分のレッスンの前も後もほかの方が乗っていた(乗る)みたいで、今回はレッスン前後の馬装はなしでした。

レッスン自体ですが前半はいつもどおり常歩から馬上体操、速歩、軽速歩といった内容でした。今日のクレヴァネスは前回ナイターのときと比べ速歩をしてくれたので結構気持ちよく軽速歩の練習をすることができました。

後半は方向転換の練習で丸馬場2つを移動したり、丸馬場の中心に2本棒を置きあいだを歩く練習を行いました。今日のクレヴァネスは方向転換の指示にもしっかり反応してくれバッチリ棒の間を歩くことができました。

そして最後は再度軽速歩の練習になったのですが、このころになると眠くなったのか用を足したくなったのか速歩の扶助にあまり反応してくれなくなりました。そのためF先生から足をハの字に開き、かかとを使う扶助を教えていただきました。

練習後、洗蹄場に戻ったんですがつながれていた馬(どの馬なのかは分からないです)の前を通ったときに威嚇されましてちょっとびっくり、また繋いだ後にお尻がかゆいのかクレヴァネスが横の木の棒に体をこすり付けていて、木の棒が外れるアクシデントが...その後向かい側の洗蹄場に引越ししてました。

洗蹄場でクレヴァネスと分かれた後ですが、ちょっと小柄な馬がいたので近づいてみると口をあけてプロテクターをぱくっ、近づくたびにぱくっ。なんでも食べようとしちゃう子らしいんですけど名前聞きそびれました。これも今度聞いておこっと。

今日の結果を踏まえてF先生と相談の結果、次回レッスンのときに5級ライセンス試験を受けることになりました。馬は2頭のどちらかになるでしょうから、知らない馬よりはちょっとは気が楽かなぁと思います。

まさかF先生、次回ほかの馬あてないだろうなぁ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐんま天文台 観察用望遠鏡使用資格

夕べ6時からぐんま天文台望遠鏡使用資格取得講習会に参加してきましたのでその報告を書いてみようと思います。

今回私が参加したのは取得できる資格のうち「観察a」と呼ばれるものです。ぐんま天文台の望遠鏡使用資格は大きく3種類がありまして、それぞれ扱う望遠鏡により必要な資格が分かれている格好になっています。

ちなみに天文台に望遠鏡持ち込みで観望する場合は四角は必要ありません。あくまで天文台の望遠鏡を借りて自分で操作して使用するための資格です。

観察aでは10cm屈折望遠鏡と20cm反射望遠鏡が利用可能になります。当日の説明だとこの望遠鏡は100万、観察bで使える望遠鏡は1000万、65bで使える65cm望遠鏡にいたっては一億円とのことで、これがそれぞれ一晩200円、500円、2000円で使えると考えると確かにお得な感じです。

うちの場合は一般道で1時間でいけますし、会社からでも高速経由でもっと早く行くこともできるので、別の場所で望遠鏡を使おうという気持ちがおきるまでは望遠鏡を買わずにここで見ればいいかなと思っています。

さて、肝心の講習会内容ですが最初に20分ほど予約の流れの説明でした。予約の際には申請書を提出する必要があるんですが、手続きは基本的には電話+Faxで行う形です。メール等の方法は検討していないということなので、今後はFax受信をできる環境を検討しないといけなくなりそうです。

その次に40分ほど室内で望遠鏡の組み立て方の説明を受けました。内容は組み立て方の手順と赤道儀の極軸あわせの方法でした。ここでは大まかな説明のみで詳しくは実習でやってみる形のようです。

説明の後は15分ほどの休憩を挟んで館内の望遠鏡の見学(赤道儀式と経緯式)でした。ちょうど運よく(?)その時点で雨上がり後でドームの天井が閉まっていた為、照明のついた状態で望遠鏡を見ることができました。150cm望遠鏡に関してはわざわざ望遠鏡を横に倒して頂いて、反射鏡まで見ることができました。

その後45分の食事休憩をはさんでいよいよ実習です。見学の時にはドームの天井が閉まっていたんですが、実はその時点ではもう雨はやんでいまして実際外に出たときにはほとんど全天が見渡せるくらいの良い天気になっていました。

実習では5人×3チームになり、望遠鏡の組み立てからはじめました。うちのチームは自分を含め男性4名女性1名(うち2名はご夫婦)というメンバー構成だったんですが、やっているうちに役割分担がなんとなくできていきました。ちなみに私は名簿で一番上にいたのでリーダーという称号の照明係(笑)をやっていました。

実習では見たい星を決めてその星を見ていくことを2時間ほど行い、休憩をはさんだ後は天文年鑑を見ながら赤経赤緯での位置あわせを1時間半ほど行いました。うちのグループですがあいにく星猛者(笑)がいなかったためお勧めの星の名前を研究員さんに教えてもらってホームスター ポータブルで場所を確認、位置合わせという段取りで星を見ったんですが何度か違う星にあわせてしまうこともあったので、こういう場面に以前書き込んだレーザーポインターがあると便利だなと改めて思いました。

うちのチームが今回観望した星・星雲ですが、火星・M42オリオン大星雲・ホームズ彗星・M45プレアデス星団(すばる)・シリウス・リゲル・ベテルギウスといったところです。自称大道具担当の方が手動でいい場所まで合わせてくれたので照明担当としてはとっても楽ができました(笑)次回、一人でやれるか不安ですが...

そんな感じで実習を行って気がつけばあっという間に12時でした。最初は6時間もの講習ってことでちょっと不安もあったんですが、講習会というよりもみんなでわいわい星探しといった感じで楽しむことができました。

ちなみに講習会の参加者ですが40~50代のご夫婦数組、小学校高学年の男の子連れの親子、あとは30~40代くらいの男性といった構成でした。やっぱり40代くらいから星の趣味を始める人って多いみたいです。

最後に室内に戻り資格証を頂き終了となりました。これで今後は予約すれば利用可能です。

Image1_2 

今後ですが、引き続き観察bcの取得を目指してみようと思います。観察bcでは冷却CCDの取り扱いの講習もあったりするんですが、おそらく今回と違ってコンピュータを使った講習が多くなると思うのでコンピュータ屋さんとしてがんばってこようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »