« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の9件の記事

2007年10月24日 (水)

長期出張でもできる趣味探し

今日から2週間ほど仕事の関係で新潟の柏崎に出張にきているんですけど、仕事の立ち上げ期間中にできる趣味ってなにかないかなと考えてみました。というのも私の場合、年に一度くらい2ヶ月間くらいの長期出張があり、毎年レオパレス暮らしをするような生活をおくってるんです。今回はともかく次に長期出張があったときに何かないかなと考えてみたわけです。

今の私の趣味活動ですがブログに書いているように「星空観望」「乗馬」「ドライブ」「ウォーキング」が主体になってます。このうち出張中にできることと考えると乗馬は×、ドライブは自分の車を持って行けないので×、星空観望&ウォーキングは場所によりけりかなと思っています。

で、思いついたのが楽器、それも音を出さずに練習できる電子楽器です。以前「音痴をなおしたい」でも書いたんですが、むっか~し子供の頃にエレクトーンを習っていて楽譜が読めずに挫折...ってことがあり、いつかはリベンジしたいなと思っていたんですが、今回の暴走(笑)の勢いに乗ってやってみようかなと思い始めていたりします。

ということで、さっそく商品探ししてみました。

求めている機能は、

・出張に持って行ってホテルの机に置けるサイズ

・初心者練習に向いた機能がついている

・曲データ転送などのPC連携機能

があって3万円くらいまでの予算でなんとかなればといった感じです。

で、見つかったのがこれです。

このキーボードですが鍵盤が光ったり、テレビに指使いが表示ができたりといったレッスン機能が充実していることとPCでダウンロードした曲データでのレッスンができるといった特長があります。

早速仕事帰りに電器店で15分ほどさわってきましたが、結構楽しかったです。うまく弾ける...って次元まで辿り着けるとは思いませんが、やってみてもいいかなと感じました。

購入するかどうかはふところ具合ともう一つ欲しいものとの兼ね合いになると思います。もう一つの欲しいものについてはまた今度書き込んでみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

オリオン座流星群

昨日21日の深夜にオリオン座流星群の極大にあわせて星座探しをしてみました。

よくよく考えてみると野辺山やら高山村やらまでわざわざ出かけている割に家で見た星座は冬に仕事から帰ってきてみえるオリオン座くらいでしたので、この機会にどれくらい星がみえるのか確認してみました。

ちなみにうちの環境ですが市街地からだいぶ離れていて周りは田んぼになっています。ただ、市街地方向に開けてしまっているので市街地の明るさが目に入ってしまうことと、家の入り口に街灯が立っているため庭全体が照らされてしまっているという環境です。なので、木や建物を使って直接明かりが見えないようにして見てみました。

確認方法ですがPSPのホームスターポータブルを使って表示等級を切り替えて、実際に見えている状態に近いものがどれかを調べました。

結果ですが4等弱といったところです。夏にペルセウス座流星群を見に行った野辺山でも同じ事をしてみたんですがその時は6等くらいまで見えました。先日天の川を見に行ったぐんま天文台はその場では確認しなかったんですが、おそらく5等くらいまで見えたと思います。

ちなみに、本題のオリオン座流星群ですが南の空に雲が出ていたこともあり、30分くらいで見ることができたのは1つだけでした。でも、その1個が結構ゆっくりでとてもきれいな流星だったので大満足です。先日のぐんま天文台でも流星を見ることができたので今月は合計2個、まぁ良しとしましょう。

ちなみに今回新しく見つけられた星座はふたご座、ぎょしゃ座でした。星的にはカペラの場所が分かったのが収穫ってトコですね。

ということで、次の流星群は12月のふたご座流星群なんですが、よく考えると山の方はそろそろ雪の可能性もあるのでどこで見ようかまだまだ検討中です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

5,6鞍目 タケノキング

今日は午後から乗馬クラブでビギナー集中コースに参加してきました。

今回騎乗した馬は前回同様タケノキングだったんですが、前回騎乗時と比べて扶助に対する反応が良くて乗っていてとても楽しかったです。同じ馬に乗るのは今回が初めてだったんですけど、やっぱり生き物だけあって毎回違うもんなんだなと実感させられました。

レッスン内容は前回同様の発進、停止、軽速歩に加え、開き手綱での方向転換を学びました。方向転換は結構いうことを聞かせるのが大変かなと思っていたんですが、軽く曲がりたい方向に手綱を引くだけでいうことを聞いてくれたのが以外でした。もっとも気を抜くと元に戻っちゃうんですけどね。

軽速歩では前回までは両手で鞍の紐?を持っていたんですが今回はこれを片手だけにして挑戦しました。なんとか達成できたので次回はいよいよ手綱だけでの軽速歩に挑戦の予定です。

来週から柏崎への出張が始まるため次回は来月11月の9日金曜日、こんどこそ平日のナイターレッスンに挑戦の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

加賀谷 玲 「銀河鉄道の夜サウンドトラック」

image 
先日見てきた銀河鉄道の夜ですが、作品中の音楽もとても良かったので、サウンドトラックも注文してしまいました。

銀河鉄道の夜の音楽を担当されているのは加賀谷 玲さんという方で、銀河鉄道の夜を作られたKAGAYAさんの弟さんです。

正直なところ、作品を見るまでは「兄弟」という言葉だけで判断して、あまり音楽には期待していなかったんですが、実際に作品を見てみて心が癒される曲とKAGAYAさんの絵との相乗効果でとても好きになってしまいました。

お気に入りははくちょうの停車場の前に流れる「One Night」という曲とエンディング曲の「星めぐりの歌」という曲です。

ここのサイトで何曲か試聴できるで気になった方は聞いてみてくださいね。

「One Night」「星めぐりの歌」はYouTubeにあるので貼り付けておきます。

 

さっそくiPodに転送してこんど星を見に行くときにでも聞きながら天の川見てみようと思います。

早く届かないかなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

KOKIA 私にできること

  たまには音楽の話でも。

mixiで私のmixiミュージックを見たことある方はタイトルで気がついたかもしれませんが、今回のネタは私の好きな歌手KOKIAさんの話です。

きっかけは以前ネットワークゲームにはまっていたときに見たFLASHで使われていた「ありがとう」という曲なんですが、そのとき聞いた歌声と歌詞がとても気に入ってそれ以降CDを聞いたりするようになりました。といってもそんな熱心なファンじゃないのでライブとかに入ったりはしてないですが...

ここで話が変わるんですが、仕事の関係で新潟の柏崎に担当のユーザーさんがいるんですが、8月の地震のときにシステムの復旧のために地震の二日後に現地に行ってきました。現地は電気・ガス・水道が止まってしまっていたんですがユーザーさんの会社も宿泊したホテルもそんな状況でもなんとか仕事を続けようとがんばっていました。また、被害のひどかった場所も見てきましてテレビでは分からない本当の災害現場の様子を感じることができました。

で、ここで話が戻るんですが実は柏崎の復興のイメージソングをKOKIAさんが歌っているんです。どうやら柏崎のファンの子が携帯の着信音で流れるKOKIAさんの曲に励まされたことをメールで送ったところ、その子を励まそうとKOKIAさんが作って贈った曲らしいです。詳しい経緯とかはコチラで。柏崎限定でしか売っていないらしいんですが、今週ちょうどユーザーさんのところに仕事で行くのでそのときに購入してくる予定です。

で、その曲を歌っている様子がYouTubeにあったので見てみたんですが、なんかCDで聞いてるときよりも心に響く気がするんです。どうもいろんな人の話をみるとライブで聴くと感動ものみたいです。

ということで、新目標決定(笑)。KOKIAさんのライブに行ってみようと思います。残念ながら今年のツアーは終わってしまったらしいので来年になると思いますが、十何年かぶりに生で歌を聴いてみて感動してこようと思います。

2007/10/18追記

200710182224000_2





柏崎のTSUTAYAで無事CDを購入、明日会社に戻りながら何度も聞くつもりです。

2007/10/20追記

私にできることを紹介した番組の動画がアップされていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

銀河鉄道の夜

image

先日「一石三鳥」のタイトルで紹介したKAGAYAさんの「銀河鉄道の夜」を見に府中市郷土の森博物館までドライブに行ってきました。関越道と圏央道を利用して片道2時間弱の道のりでした。

3時半からの上映だったんですが余裕を見て2時前に到着したため、まずは博物館内の古民家を見て歩きました。

府中市郷土の森博物館 
府中市郷土の森博物館 by (C)える

Dscf0602




Dscf0607




Dscf0615





30分ほど園内を散歩して、博物館内に入ったんですがすでにプラネタリウム目的と思われるお客さんが大勢中で待っていました。その場で聞いた話にだと、どうやら前日の土曜日にテレビで紹介されていたらしく、そのため大勢のお客さんが来ていたみたいです。先にチケット買っておいて良かった...

開演時間の30分前頃から列に並び館内へ。写真のように投影機の手前の結構いい席に座ることが出来ました。館内は満席(後で分かったんですがこのあと臨時にもう一回投影が行われたくらいです)だったんですが、私の隣は1席分空席。そう、これもやっぱりひとりで行くもんじゃないんですよねぇ(汗)

場所的にいい席なんで解説の方が「前の方の席のお一人の方、こちらの方がよく見えますよ」と言ってすすめていたんですが、そもそもひとりでプラネタリウムに来ている人がほとんどいない...結局、直前に入場した女性2人組の方がバラバラになって座りました。

そして時間になり上演開始、最初は生解説による今夜の星空についての説明です。最初に夜八時頃の府中の星空が投影されたんですが...星が見えません。木星と夏の大三角、「秋の一つ星」フォーマルハウトくらいしか見えないんです。解説の方が秋の四角形の場所を示しているんですけど星を見ることが出来ません。このあと、場所を星の見える山奥(という設定)に移して星座の解説が始まりました。こういうの見ると群馬に住んでて良かったって思いますね。

最初は夏の大三角の三つの星(こと座ベガわし座アルタイルはくちょう座デネブ)の解説で定番なのかここでもアルビレオの話が出ていました。

その後、秋の星座(カシオペア座ケフェウス座アンドロメダ座ペガスス座ペルセウス座みずがめ座みなみのうお座)の解説に写っていき、ここからギリシャ神話の話を...というところで時間切れとなりました。んー、そこからの解説も聞きたかった。

そして、いよいよ銀河鉄道の夜の上映開始です。投影機がじゃまかなぁと気になっていたんですけど、上映が始まると下に下がっていき前方がクリアになり全天に夕方の天の川(に見立てた川)を進む銀河鉄道と天の川の上を飛ぶ白鳥が写りました。そのシーンからもう作品に引きずり込まれてしまいました。

image

image
正直なところ、上映が始まるまではプラネタリウムでの映像だから、とそんな期待をしていない所があったんですが、今時のプラネタリウムってイメージしていたのとだいぶ違うんです。ものすごい臨場感や立体感があって最初から引き込まれてしまいました。

作品の内容ですが、38分間の上映になるため原作のいくつかのシーンを抜粋した作品として作られていました。作品の最後にも「興味を持った方は原作を読んでみてください」というメッセージが入っていたくらいです。作品自体は48分なのですが残念ながらそこからさらに10分ほどが編集でカットされてしまってました。

ということで終了後にさっそくDVDと壁紙集などを購入、車の中で音だけ聞きながら帰ってきました。原作も今度本屋で探して読んでみるつもりです。

DVDですがたしかにいくつかのシーンがカットされていた部分が見れるのと、特典映像が見れるのでお得なんですが、できればこの完全版をプラネタリウムで見たかった、そう感じさせるほどプラネタリウムでの上映はすばらしかったです。

で、そうなるとまた他の作品を見てみたくなるんですが、実は今回もう一カ所行ってみようかと思っていたのが池袋のサンシャインシティにある「コニカミノルタ プラネタリウム満天」。ちょうど土曜日にリニューアルオープンだったんですけど、どうやら2時間待ちが当たり前ということと、上映プログラムが明らかにカップル向け(山崎まさよし×満天 恋するオーロラ)だったので今回は断念しました。山崎まさよしとプラネタリウムの組み合わせって見てみたいんだけどなぁ...

でも今回、銀河鉄道の夜を見て火がついてしまったので、カップルにお構いなく決行...といきたいんですが、小心者なので空いていそうな平日の午前中にでも有休取ってこっそり見てこようかなと考えています。

あー、男でも良いから星関係一緒に行く道連れほしいなぁ...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

2,3鞍目 タケノキング、4鞍目 リックオルフェ

今日は午後から乗馬に行ってきました。ビギナーコースの2鞍連続の集中コースです。

今回ちょっと時間に遅れてしまったため馬具の装着は先生にやっていただきまして、馬場への移動から開始です。今回乗った馬はタケノキングという馬で、先生によると他の馬のうんちのにおいをかぎたかる子だそうです。

いままでの体験やファーストレッスンはひとりでの騎乗だったんですが、今回から通常レッスンになり、女性の方と2名でのレッスンになりました。ビギナーコースは最高4人までみたいで次回予約のときはどうやら4人でのレッスンになりそうです。

今回、新しく練習したことは軽速歩でいままでは止まったり歩いたりでの練習だったんですが、今回は速歩での練習を何本か行いました。最初3回くらいは全然リズムが分からず馬の上下動と一緒に動いていただけだったんですが、途中からなんとかリズムが分かってラスト2本くらいは気持ちよく走ることが出来ました。

その後、一緒にレッスンを受けていた方の5級ライセンスの実技テストがあり、どういった試験が行われるかも見ることが出来ました。

で、騎乗が終わって受付に戻ったところで先生から「次の時間空いてるんですけど乗りますか?」と話があり、追加で騎乗することになりました。

そのレッスンの待ち時間なんですが、さすがにスニーカーは厳しいのでブーツを購入することに決定、ショートブーツとレッグチャップスを購入、装着して4鞍目にのぞみました。

Photo








4鞍目に騎乗した馬はリックオルフェという馬でサンデーサイレンスの子供だそうです。タケノキングに比べて背?が高く細い馬でした。レッスン内容は2,3鞍目と同様だったんですが、他の馬がいないせいかまたは馬の性格なのか、タケノキングに比べて扶助がなかなか伝えられなかったです。

騎乗後、最後に蹄油を塗って馬房に馬を戻して終了、全部で4時間くらいのレッスンになりました。

次回は予定では10/17の水曜日夜、今回と同じく2鞍連続の集中コースに参加する予定です。前にも書いたとおり4名でのレッスンなんですが、他の3名は全部女性...昨日の天文台同様、なんか最近やりたがっている趣味って男性向きじゃないのかもと心配になってきますが、あんまり周りを気にせず続けていこうと思います。

追記.帰ってきたらあちこち筋肉痛っぽいです。その場では大丈夫だったんですけどやっぱり乗馬って全身運動なんですね...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

ぐんま天文台「天の川観望会」に行ってきました

ぐんま天文台
ぐんま天文台 by (C)える

今週頭に立てた予定通りぐんま天文台のボランティア自主企画「天の川観望会~天の川ラインくだり~」に参加してきました。

今週は仕事が立ち上げ2件でだいぶ遅い日が続いていて、昨日が午前2時半まで、今日も9時から3時前まで仕事だったことと、夜にかけて雲が出てくる予報だったため挫折しかかったんですが、天文台のHPの空の様子を見て出かけてみることにしました。

ぐんま天文台ですが私の家からは車でちょうど一時間程度で行ける場所にあります。なので理論上は仕事帰りにも行ける場所です。もっとも9時半に閉館となるので望遠鏡で星をそれなりに見ようとすると6時頃に会社を出なくてはならなくて、なかなか現実的には厳しいところです...

6時20分頃、山の下の駐車場に到着しそこから15分ほどのウォーキング開始です。前回写真を撮ってなかったんで紹介できなかったんですけど、こんな感じの遊歩道です。

Dscf0592





まぁ、良い感じのデートコースってトコですよ。カップル見かけては速歩で抜かしてはむなしさをかみしめてました...(泣)

ちなみにここも山なので熊が出ます(笑)なので熊鈴の貸出と所々に鐘がおいてあります。
Dscf0594





さて、天文台についてイベントまでちょっと時間があったので前回同様65cm望遠鏡を見に行ってきました。見た星も前回同様はくちょう座のアルビレオでした。何度見てもアレ見るためだけに望遠鏡が欲しくなってしまうくらい引きつけられてしまうんですよね。

そのあと10分ほど時間をつぶしてイベント開始、結構人が集まっていて開始時点で50人弱の人数が集まっていたと思います。内容としては15人程度のグループに分け、最初に北極星の見つけ方の説明、つぎに天の川と夏の大三角の話、秋の星座(ペガスス、アンドロメダ、カシオペア、ケフェウス座)の話、最後はフリーになってブルーシートに寝っ転がって星を見たり、望遠鏡や双眼鏡を覗いての天体観望といった感じでした。

感動したのは星の説明の仕方だったんですけど、星を緑色のレーザーポインター(天文台の方はスターポインターと名付けてました)で指すんですよ。てっきり何か明るい星を目印にして口頭で説明するものだとばっかり思っていたのでびっくりしました。あのレーザーポインター欲しいなぁ...

残念ながら雲が出てきていて低い位置にある星は見ることが出来ませんでしたが、天の川はぼんやりと見ることが出来ました。また、ちょうど流れ星を見ることも出来まして参加して良かったなぁと思いつつまた遊歩道を下って帰ってきました。

参加していた方の客層?ですが、やっぱり家族連れ4:カップル4:女性2人連れ1:男女混合グループ1といった感じでした。男性のみの参加者は私以外に年配の方がひとりいただけで、2人以上の男性のみグループは一組も見かけませんでした。もしかして星の趣味をはじめたといっても場違いなトコに行っちゃっているのかなぁ...という気もちょっとしつつな観望会でした。

次回の星空鑑賞は12月14日(金)深夜にふたご座流星群と冬の星座を見に行く予定です。場所はできれば野辺山のような星がきれいに見れる場所に行ってみたいです。雲が出ているということもあったんですがやっぱり夏に野辺山で見た星空の方が星が明るく見えたような気がしましたので、また新たな観望ポイントも探してみようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

天の川観望会~天の川ラインくだり~

ぐんま天文台のホームページにこんなイベントの紹介が載っていました。

(転載ここから)

059milkyway20070521s





ボランティア自主企画「天の川観望会~天の川ラインくだり~」開催のご案内

県立ぐんま天文台では、ボランティアによる自主企画「天の川観望会~天の川ラインくだり~」を開催します。星空解説や天の川にまつわる伝承の紹介、双眼鏡による天の川散歩など、生の天の川を満喫できます。忙しい毎日を忘れ、悠久の天の川の流れを体感してみましょう。

会場ではシートや芝生に寝転がって天の川を見渡せます。星空解説や天の川にまつわる伝承の紹介、双眼鏡による天の川散歩など、ボランティアならではの工夫を凝らした一味違う内容となっています。ぜひご参加下さい。

期日 10月6日(土)~8日(月・祝)
時間 午後7時より9時30分まで

(転載ここまで)

まだぐんま天文台で天の川を見たことがないのと生の星空解説を聞いてみたいので都合のつく7日か8日に天気が良ければいってみようかなと思ってます。

ペルセウス座流線群鑑賞会の時は車が駐車場に入りきらなかったみたいでし、今回も家族ずれでいっぱいかなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »